通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人! がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 style001
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon配送センターより発送されます。】帯なし。◆表裏にスレ、キズがあります。◆書籍の中には目立った大きな傷汚れは見られません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人! 単行本 – 2012/12/27

5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/12/27
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 210

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人!
  • +
  • GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた(小学館文庫)
  • +
  • 日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお続く占領軍の心理作戦 (自由社ブックレット)
総額: ¥2,978
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

マッカーサーは日本を「二度と米国に歯向かうことがない」国にするため、洗脳という呪いをかけた。GHQはNHK放送『眞相箱』を利用して日本人に罪の意識を植え付け、現在も左翼ジャーナリズムは自虐史観を推し進める。しかし日本は断じて「侵略国家」などではない。大東亜戦争とは国際法で保障された「自存自衛」のための戦争だったのだ。日本人は欧米列強に立ち向かった歴史的意義を誇りとせよ!様々な驚愕の真実の歴史をここに紹介する。

出版社からのコメント

在米邦人からの提言! 櫻井よしこ氏推薦! ハーバード大学等で教鞭をとった米国在住の著者らが 海外の常識を以て訴える! 様々な驚愕の真実の歴史!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 324ページ
  • 出版社: 星雲社 (2012/12/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4434174495
  • ISBN-13: 978-4434174490
  • 発売日: 2012/12/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 639,981位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

韓国大統領が竹島に不法上陸しても、
尖閣諸島沖に中国船が不法侵入しても、
日本は両国の侵入をやめさせることができません…。
マスコミは、石原慎太郎氏が「尖閣に船溜まりを作ろう」と
言っただけで、「よけいな摩擦をあおる」「キナくさい」と
猛反対し、何の対抗措置もとれません…。
どうして、日本人は中国・韓国の横暴にきちんと対抗できない
のでしょうか?
この本をよんで、戦後にGHQが日本人に植え付けた「日本は
侵略国家だ」という後ろめたい意識があるから、日本人が適切な
対抗措置がとれないのだということが良くわかりました。
もし、「日本は悪い国だ」という罪の意識を私たちが持ち続けて、
現状維持のままでいたら、尖閣は中国領、竹島は韓国領になって
しまうことでしょう。
沖縄だって、中国領になりかねません。
日本が本当の外交力を見出すのは、マッカーサーが仕掛けた
呪縛から解き放たれる時からだと思いました。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
アメリカがまだ新興国として歩みだした当時の世界情勢は白人優位・武力による領土拡大と支配による自国の繁栄というまさに弱肉強食の時代背景から日本が開国し大東亜戦争に踏み込まざるをえなかった経緯、戦後のGHQ占領政策(特に東京裁判)により日本は侵略国家の烙印を押され、厳しい言論統制の中 NHKや新聞などを通し徐々に日本はアメリカに歯向かうことのない国に仕上げられようとしていたことを知ることができます。
マッカーサー元帥は後に「日本が戦争を始めた目的は主に安全保障のためであった」と米国上院の軍事・外交合同委員会で証言していたことを日本の教育やマスコミを通して知ることはできませんが、本書はアメリカに再び牙をむくためではなくマッカーサー元帥の呪縛から解き放たれるために近現代史を学び日本国自体に対する認識を改め自国に誇りを持つことの大切さを提唱しています。
世界は国家戦略・情報戦略・経済戦略で日々覇権争奪戦が繰り広げられている中で、近年アメリカで中国が尖閣問題、韓国は竹島・慰安婦問題を取りあげて反日キャンペーンをおこなっていることは、まさに各国の国家戦略・情報戦略(戦争)の真っ直中であり、日本政府は党派を超えて国益を守るための対応(国家戦略等)をしてほしいと思います。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
日本軍と戦ったアメリカ兵の手記を読むと、投降しようとして惨殺された日本人の描写が数多く出てくる。また日本の降伏後に捕虜となった日本兵への虐待も数多く記録されている。一方で日本だけが敗戦国として捕虜の虐待などで裁かれたことは絶対の矛盾である。それらはほんの一例にすぎないが本書には日本人にとっての戦争が何だったのか、日本が開戦に至った経緯、戦後に占領軍によって行われた対日工作の内容が明らかにされている。日本の在り方を再検証するうえで必読の書をいえよう。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
私は70歳ですが、お恥ずかしいことに、この年まで、日本人の持つ自虐史観という考えに、悔しいと思いながらも墓場まで
持ち続けるのもやむを得ないと思っていました。

しかし、この本を読んで、私自身が、学校教育やマスコミ、左翼思想などによりすっかり洗脳されていたことが目から鱗が落
ちるように分かって来ました。そして、自虐史観の大元にマッカーサーによる占領時の巧妙な洗脳があるとのことです。

当時のGHQの占領下における完全な情報管理、言論統制によって、日本人は残虐非道な国民で諸外国に侵略し、悪の限りを
尽くし、また、「パールハーバー」事件をおこすような不意打ちをする卑怯な国民であると思わされてきました。

この洗脳とは、戦後3年間もかけて、NHKの「真相箱」という放送番組を利用して、戦後の廃墟の中で頭の空白状態の日本
人に罪悪感を徹底的に植え付けてしまったことです。

しかも、番組を作っているのはGHQであることを完全に秘密にして、日本人が自ら自分たちの愚かさを反省しているような
語り口で、嘘と真実を巧妙に織り交ぜるようにして繰り返し繰り返し放送したそうです。

元来がお人よしの日本人はすっかり自分たちがすべて悪かったように思いこむようにな
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック