中古品:
¥ 10,800
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 S japan
コンディション: 中古品: 良い
コメント: DVD3枚組、各ケースにチャプターリスト、帯付き、ボックスケースに入っています。 特に目立った外傷等ありません。 レンタル版ではありません。 国内送料無料、 Amazon対象商品。Amazon配送センターより丁寧に梱包し迅速に配送致します。 Amazonカスタマーサービスセンターが年中無休でお問い合わせ対応を致しますので、安心してお買い求めください。 初期不良品、又は商品品質に多少でも満足頂けなかった場合においても返品可能なので、そのような場合は迅速に対応させてもらいます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マチュー・カソヴィッツ DVDコレクション

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:3¥ 10,800より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マチュー・カソビッツ, ユベール・クンデ, ヴァンサン・カッセル, ミシェル・セロー
  • 監督: マチュー・カソビッツ
  • 形式: Black & White, Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: フランス語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2001/08/24
  • 時間: 320 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005MIHU
  • EAN: 4988102641313
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 59,620位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

「クリムゾン・リバー」で知られるマチュー・カソヴィッツ監督作品、「カフェ・オ・レ」「憎しみ」「アサシンズ」全3作品を収録したDVD-BOXセット。

レビュー

監督・脚本・出演: マチュー・カソヴィッツ 出演: ユベール・クンデ/ヴァンサン・カッセル/ミシェル・セロー
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

『クリムゾン・リバー』以降はハリウッドに進出するなど、「カソヴィッツよ、おまえもか」という気がしてならず、非常に残念だ。はっきり言って、カソヴィッツの本領が発揮されているのは、この初期の三部作のほうではなかろうか。誰に気兼ねすることもなく、自分の表現したいものをのびのびと表現しており、最良の彼が見出せる。若さの特権だったのだろうか。
カソヴィッツの良さは、社会でタブー視されているものを直視し、問題提起することにある。『カフェ・オ・レ』のようなラブコメディーですら、人種、宗教、貧富の格差等の問題を扱っており、そこから目をそらしたりはしない。『憎しみ』や『アサシンズ』ではさらに直接的に社会問題を取り上げている。しかも彼の面白いところは、高いところから見下ろすのではなく、内側の視点から、現場の声を社会に上げるところにある。このおかげで、彼の作品は普通の“社会派”のドラマと違って権威主義的でなく、リアリティーがあると思う。ある意味挑発的であって、それが彼の個性ではなかろうか。フランスでの公開当初、後の二作品は大きな物議をかもしたそうだが、それが彼のねらいであり、彼の作品の存在意義ではなかろうか。バイオレンスシーンも多くあり、面白いと感じるかどうかは大きく意見が分かれるところだろうが、彼の映画の場合、なぜ面白くないと思うのかを自問することにも意味があり、興味がなくても見る価値のある映画である。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
私のカソヴィッツは「LA HAINE(憎しみ)」なしではありえません。
ピンと張り詰めた空気感が伝わってくるモノクロ映像は本当にスタイリッシュ。また移民社会フランスを正面から捉えたストーリーの社会性も、かなりの波紋を呼びました("おふらんす"が和製イメージにすぎないことがよくわかります。)。「La haine attire la haine.(憎しみは憎しみを呼ぶ)」のセリフが響きます。
また「ASSASSIN(S)」では、「LA HAINE」で効果的に使われていた「Le monde est a vous(世界は君たちのもの)」という広告が再びでてきます。カソヴィッツからのメッセージでしょうか。暴力とか少年犯罪とかといったものを捉える目に関して、「LA HAINE」と共通するものを感じました。
「Metisse(混血)」に関しては、作品も好きですが、邦題を「カフェ・オ・レ」とした訳者にあっぱれです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック