通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マチネの終わりに がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【メール便にて、迅速に発送致します】中古のため表紙に多少の使用感がございます。しかし、ページ部分は読むには差し支えないコンディションです。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マチネの終わりに 単行本 – 2016/4/8

5つ星のうち 4.1 140件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1,048

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マチネの終わりに
  • +
  • コンビニ人間
  • +
  • 蜜蜂と遠雷
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 158pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

天才ギタリストの蒔野(38)と通信社記者の洋子(40)。
深く愛し合いながら一緒になることが許されない二人が、再び巡り逢う日はやってくるのか――。

出会った瞬間から強く惹かれ合った蒔野と洋子。しかし、洋子には婚約者がいた。
スランプに陥りもがく蒔野。人知れず体の不調に苦しむ洋子。
やがて、蒔野と洋子の間にすれ違いが生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまうが……。
芥川賞作家が贈る、至高の恋愛小説。

内容(「BOOK」データベースより)

結婚した相手は、人生最愛の人ですか?ただ愛する人と一緒にいたかった。なぜ別れなければならなかったのか。恋の仕方を忘れた大人に贈る恋愛小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 416ページ
  • 出版社: 毎日新聞出版 (2016/4/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4620108197
  • ISBN-13: 978-4620108193
  • 発売日: 2016/4/8
  • 梱包サイズ: 19.5 x 13.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 140件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,151位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 SHIGE 投稿日 2017/6/25
形式: Kindle版 Amazonで購入
素直に全てを話して受け入れられるなら、どれだけいいか…
それぞれの気持ちがわかるだけに、感情が引きずられて、
なかなか読み進められなかったけど、読んで良かった一冊です
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
クラシックファンなら読むべき本です。
彼の非凡な才能に魅せられました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
普段読書をしない私には、難解な言葉(漢字が読めないものもあり、意味を調べるのも苦労するほど)ばかりで読破に苦労しましたが、登場人物の心の動き、情景が丁寧に描かれていて、映画を観ているようでした。同名のCDを買うくらいはまっちゃいました。
誰にも譲りたくないと思える本に久しぶりに出会えました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
愛の深さを感じました。満足のいく作品でした。
またこのような作品に出合いたいものです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
自立した大人のせつない、けど、深い愛情の物語。ひとりの人を愛するということの意味深さ、かけがえのなさ、また罪深さを知りました。ことばの表現がとても美しくページをめくるたびに嘆息してしまう。展開に戸惑いつつ、救いのあるラストに深い安堵を覚えた。何度も読み返したい物語です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
やや難解な表現が多く読んでいて退屈になる瞬間は多々あるが、筆者の表現力、言語力にはいつも脱帽。他の小説家の文章が子供っぽく感じてしまうほど。大人の恋愛を彼に教えてもらったような気がする。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
それなりにこの作家を読み、信頼し、賞賛してきたつもりですが、この作品だけはパスした方が良いと思います。
それでも凡百な作家よりもずっと読ませますが、時間の浪費である点については同じです。
いくつかお勧めできない理由はありますが、これらが許せる人は読んでみてもいいですよ、といった感じです。

1.深く濃く生きている人間と、浅く薄く生きている人間の対比が激しすぎる
 主人公の二人(および一部の理解者)に対して、周辺の人間が浅薄さ・愚かさ・小狡さがはっきりと描かれています。現実の事件などを導入してリアルな世界を構築していながら、このあたりは非常に寓話性が高く、違和感があります。
 この構成のさらに危険な点は、読者がうっかり周囲の浅薄な現代人に共感してしまうと、途端に主人公たちがとても嫌な人間に見える点です。実際、主人公たちが何をしているか、という点を行動のみ抜き出してみると、非常に自分勝手で尚且つ言い訳が多く、とても鼻につく人物なのです。それが細やかな心情描写によって魅力的な人物へと反転している点が実は読ませるところなのですが、この人間描写の対比が入る為に、すぐにそのことに気づいてしまいます。他の低評価レビューに、「主人公たちがハイスペックすぎてついていけない」というものがあり、この点については別にハイスペックな主人公は他の作品
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
あっという間に一気読みしました。
今度はCDの方も購入し、曲を聴きながら、再度じっくり読み直そうとおもう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
長い間、恋愛小説を読んでいなかった。気分にぴったり合うものがなかったから。
10代・20代のころは、王子様お姫様願望を満たしてくれる恋愛小説はたくさんあったし、読んで「切なさ」に酔えれば十分だった(切なくなりたい願望を満たしてくれる小説やマンガは、日本にはたくさんある)。

でも30代も半ばを過ぎると、恋愛に対するスタンスが大きく変わる。
仕事上のポジションだったり、家庭や地域の中での役割がある程度確立されたうえで人とかかわるので、「恋愛」という要素が入ることはむしろリスクになる。経験を積んで、相手の感情の流れや立場を踏まえた付き合いもできるようになるので、多くの場合、「あえて踏み込まない」態度を取る。

『マチネの終わりに』は、こういう30代半ばを過ぎた、難しい年齢の男女の恋愛小説だ。
設定は才能ある2人(しかも女は美しい)で、自分とはかけ離れているが、だからこそ空想の世界にどっぷり浸ることができる。
小説ならではの美しさを維持しながら、キャリアを積み、自分なりの価値観を培ってきた人間同士が深いところで理解し合い、時間を共有することの尊さを描いている。
きれいごとばかりでもない。
ある程度モノを知り、相手を思いやるがゆえに行動できないもどかしさも描かれていて、年をとるってこういうこ
...続きを読む ›
コメント 189人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー