中古品
¥ 1,480
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全体的にわずかな使用感があります。若干のスレ・汚れなどがあります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マダム貞奴―世界に舞った芸者 単行本 – 2007/10

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 7,068 ¥ 1,479
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本最初の女優であり、ニューヨーク、ロンドン、パリなどの海外でも高い評価を受けた川上音二郎一座のスター、貞奴。欧米がはるかな存在であった時代、彼女たちはいかに困難を乗り越え、成功をつかんでいったのか。新資料を駆使し、作家のアンドレ・ジッドや天才舞踏家イザドラ・ダンカンらも絶賛した貞奴の魅力に迫る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ダウナー,レズリー
イギリス生まれ。1978年に初めて日本を訪れる。その後何度も来日し、流暢な日本語を話す。『サンデー・タイムズ』や『フィナンシャル・タイムズ』などの雑誌に寄稿するほか、多くのテレビ番組にも出演

木村/英明
早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。ロシアや東欧の文学・文化専攻。世界史研究所研究員を務めるかたわら、早稲田大学、東京外国語大学で教鞭をとる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 382ページ
  • 出版社: 集英社 (2007/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087734587
  • ISBN-13: 978-4087734584
  • 発売日: 2007/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 570,748位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/10/11
形式: 単行本
「マダム貞奴」について書かれた書籍は結構ありますが、本書の特徴は、日本人ではない外国の人が貞奴を取り上げた外国文献を丁寧にたどって綴ったというところに価値があると思います。内容は国内外の資料を駆使しながら実に丹念に貞奴の生涯を追っています。翻訳書ではありますが、訳文も読みやすく、好著であるのは間違いありません。

筆者のダウナー,レズリーは、イギリス生まれで、1978年に初めて日本を訪れ、その後何度も来日した日本通です。また、翻訳者の木村英明氏は、早稲田大学大学院文学研究科博士課程を修了し、ロシアや東欧の文学・文化専攻した研究者です。

本書を手に取ったきっかけは、もう四半世紀前になりますが、NHKの大河ドラマ「春の波涛」が好きだったからです。このドラマは、本書の主人公の川上貞奴、「オッペケペー節」で知られる夫の川上音二郎、福澤諭吉の娘婿の福澤桃介(のちの「電力王」で、若き日の貞とのロマンスは有名で、音二郎死後、貞と連れ添っています)、明治の元勲伊藤博文(芸者時代に貞奴を水揚げした)等が登場した近代の開化を描いたもので、とても興味深いドラマでした。

そこに登場したエピソードは、本書でもしっかりと叙述されており、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シカゴ等の外国での公演での好評価や、当時の西洋の文化人が貞のことを絶賛したエピソー
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告