マダム・フローレンス! 夢見るふたり [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マダム・フローレンス! 夢見るふたり [DVD]

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,072 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,032 (25%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,520より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • マダム・フローレンス!  夢見るふたり [DVD]
  • +
  • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
  • +
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
総額: ¥8,872
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: メリル・ストリープ, ヒュー・グラント, サイモン・ヘルバーグ, レベッカ・ファーガソン, ニナ・アリアンダ
  • 監督: スティーヴン・フリアーズ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ギャガ
  • 発売日 2017/06/02
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B06WP2Y7RM
  • JAN: 4589921404686
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 8,918位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

メリル・ストリープ×ヒュー・グラント! 今世紀を代表する俳優2人の歴史的共演が実現!
歌手として喝采を浴びることを夢見るマダムと、彼女の夢に引き込まれた男たちの笑いと感動のヒューマンエンタテインメント!


【特典映像】
■メイキング
■フローレンスの歌と音楽
■美術について
■脚本について
■ワールド・プレミア
■未公開シーン
■予告編集
■キャスト・スタッフ プロフィール(静止画)
■プロダクションノート(静止画)

【キャスト】
メリル・ストリープ
ヒュー・グラント
サイモン・ヘルバーグ
レベッカ・ファーガソン
ニナ・アリアンダ

【スタッフ】
監督:スティーヴン・フリアーズ
脚本:ニコラス・マーティン
撮影:ダニー・コーエン
美術:アラン・マクドナルド
音楽:アレクサンドル・デスプラ
編集:ヴァレリオ・ボネッリ
衣裳:コンソラータ・ボイル
ヘアメイク:ダニエル・フィリップス

【ストーリー】
ニューヨークの社交界のトップ、マダム・フローレンスの尽きない愛と財産は、夫のシンクレアと音楽に捧げられていた。
ソプラノ歌手になる夢を追い続けるフローレンスだが、自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。
愛する妻に夢を見続けさせるため、シンクレアはおひとよしなピアニストのコズメという伴奏者を見つけ、マスコミを買収し、
信奉者だけを集めた小さなリサイタルを開催するなど献身的に立ち回っていた。
しかしある日、フローレンスは世界的権威あるカーネギーホールで歌うと言い出して―。
持病を抱えながらも音楽に生きる彼女の命がけの挑戦に、シンクレアも一緒に夢をみることを決める。さぁ、笑いと涙で包まれた奇跡の公演の幕があがる!

※特典映像、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

伝説の歌姫の実話を映画化した伝記ドラマ。N.Y.の社交界のトップ、マダム・フローレンスはソプラノ歌手になることを夢見ていたが、自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気付いていない。夫のシンクレアは妻に夢を見続けさせようと奔走するが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
素晴らしい映画。
私は実話が好きなので、とても面白かった。
全てがいいので、何から話してよいかわからない。
衣装も素敵だった。ストーリーも良かった。夫婦愛がとても良かった。

私の個人的な好みでは、最後、多分メリルストリープが歌っている歌(多分この映画オリジナルの歌。オペラではない。)が、とてもよかった。
胸にジーンときた。あの歌とスローモーションの映像が、とても合っていて、きれいで、素晴らしかった。

この映画はオペラのアリアが好きな人は、2倍楽しめるかもしれないと思った。
私もあまりオペラに詳しくないので、もともとの歌を探して聞いてみたりして、楽しんだ。
あー、もともとはこういう歌だったんだー、と思って、歌を楽しんでいる。
私は歌が好きなので、この映画は、とても楽しかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
音痴な金持ちの女性がいて、オペラ歌手になるのが夢で、がんばる話。

実在の人物であり、トスカニーニのパトロネスでもあったらしく、トスカニーニが劇中にでてくる。

その、マネージャーみたいな旦那さん(ヒューグラント)がマダムを応援していて、

コンサートで、マダムのあまりの音痴さに ゲラゲラ笑う客がいると ほんとに苦しそうな表情になるのね。その人間らしさにはグッときた。

テンポも笑いも少しゆるいんでマイナス一点。

お盆休みなど、時間のあるときなら全体をゆったり楽しめるだろうな
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
というか
だからどうしたの?という映画です

映画にはドラマも無く、面白さが無い
作りとなっております(映画の面白さといういみね)

こおいう史実があったと見るだけの映画ですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ネタバレにご注意ください。
 驚くべきことに、実話を基にして作られた作品。
 

 ニューヨーク。
 大富豪のマダム・フローレンス(メリル・ストリープ)は、2番目の夫シンクレア(ヒュー・グラント)と音楽を何よりも愛している。
 彼女は、有名な指揮者から、自宅で歌唱指導を受けているが、想像を絶する音痴。
 その歌声を聴くだけで、誰もが引き付けを起こすか、抱腹絶倒。
 破格の給料で、伴奏者として雇われたコズメの表情や、エレベーターの中での思い出し笑いも頷けます。
 メリル・ストリープは、「マンマ・ミーア」でもわかるとおり、歌唱力には定評があるので、音程をずらすのも、高音が出ない演技もさぞ大変だったことでしょうね。
 そのマダム・フローレンスを支えるのが、内縁の夫シンクレア。
 このシンクレアという夫が、金に物を言わせて、マダム・フローレンスの悪評・酷評を握りつぶすのですが、これも愛ゆえなのか?
 イギリス人で、爵位も持ちながら、庶子のため相続はできないという触れ込みは、うさん臭さ満載だし、愛人と一緒に別宅に住んでいるというのも、何かスッキリしなかった。
 でも、マダム・フローレンスは、そのことを知っていながらも、許していたのでしょうね。
 遊び人の
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す