マジックディスク【初回生産限定盤】 がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,550
通常配送無料 詳細
発売元: ショッピングモール本店
カートに入れる
¥ 3,550
通常配送無料 詳細
発売元: スピード配送IN丁寧通販屋{24時間年中無休でスピード出荷します}
カートに入れる
¥ 3,550
通常配送無料 詳細
発売元: [春の売り尽くしSALE!!]free life style
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

マジックディスク【初回生産限定盤】 CD+DVD, Limited Edition

5つ星のうち 4.5 125件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,672
価格: ¥ 3,550 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 122 (3%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Cow Cow Marketが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:19¥ 3,250より 中古品の出品:20¥ 276より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ASIAN KUNG-FU GENERATION ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マジックディスク【初回生産限定盤】
  • +
  • ワールド ワールド ワールド
  • +
  • ファンクラブ
総額: ¥8,233
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/6/23)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD+DVD, Limited Edition
  • レーベル: KRE
  • 収録時間: 56 分
  • ASIN: B003IGMJLG
  • JAN: 4562292971612
  • その他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 125件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 26,117位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

全ての音楽ファンが夢見た魔法のディスク

先行シングル3枚を含むニューアルバム。ASIAN KUNG-FU GENERATIONならではのロックチューンから、ブラス、ストリングス、パーカッション、シンセなど様々な楽器をフィーチャーした楽曲まで、幅広い音楽性と「今」を問う確かなメッセージに溢れた、まさに全ての音楽ファンが夢見た魔法が詰まったディスクです。初回生産限定盤のみに付くDVDにはNYで行われたレコーディングの模様を追った60分近いドキュメンタリーを収録。

◆「新世紀のラブソング」:LISMOドラマ『就職戦線異常あり』主題歌/
◆「ソラニン」:映画『ソラニン』メイン・テーマ/
◆「迷子犬と雨のビート」:アニメ『四畳半神話大系』オープニングテーマ

【初回生産限定盤】
1DVD付き2枚組
26面デジパック仕様
3※7月末生産分までの期間限定で、5/26発売シングルとのW購入者応募ハガキを封入

※初回限定版をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。
※在庫がなくなり次第終了となります。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
前評判がかなり高かったので、期待していたのだが、既にリリースされていたシングル3つの方向性がバラバラだったので
どういう作風にまとめて、どういうアルバムに仕上げるのか、あまり想像ができなかった。

実際、聞いてみての感想だけれど、今までのバンドのイメージ(つまりギターロックでエモーショナル)とは少し離れた作品だと思う。

さよならロストジェネレイションや新世紀のラブソングにしても、扱っているテーマは非常に感情的になりがちなものだけれど
音にしろ、歌詞にしろ、いい意味での客観性と大人の余裕があるというか。

よくも悪くもAKFGの魅力は荒いギターサウンドとそこに宿る青年期特有のナイーブさだと僕は思っているのだが
それがシンプルトーンのギターサウンドに代わり、世界観を多重に見せる為にプログラミングやブラス、ストリングスの音を使い
少年性やイノセンスを帯びていた歌詞は、社会や他者といった世界を承認した上での大人の歌詞になっている。

具体的に、想像がつくようような成長をしたロールモデルとなるバンドがあればいいのだが、こういう変化をしたバンドというのは日本ではあまり居なかった気がする
比較的に近いような形で成長を遂げたパターンとしてU2がヨシュアツリーというアル
...続きを読む ›
コメント 215人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 かっこいい嘘より、吹っ切れない真実を歌っている。叩きつけるような初期の歌詞から、かみしめるような歌詞になっている。経済的に安定し、経験も年齢も重ね、音楽にひたり続けたいという夢を継続中のアジカンに、何を今更叫べというのだ。今、音楽と親密に暮らしているゴッチが、ブラスやストリングスにも興味を持って、おずおずと「僕も音楽を楽しんでいいかな」と私たちに提案しているのだ。
 「ロックは死んだ」なんて10代や20代前半には言い切りたいものだ。「〜は終わった」とか「〜は変わった」とか。だけど、人生はその先も続く。若いときには想像しないけど、30代でも40代でもロックとのつきあいは続くのだ。私のように50代になったって、ロックを楽しむことは出来る。ワールド×3あたりから、アジカンは新しいステージに上ろうとしていた。それが今作ではっきりしたのだ。
 人は変わるさ。当たり前だ。裏切りや変節でなければ、むしろ変わらなきゃいけないのだ。それを受けいれられない人は、飽きた恋人を乗り換えるように、どこかへ行ってしまえばいいさ。
コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
何といっても先行シングルの「新世紀のラブソング」に衝撃を受けて、とても楽しみにしていたアルバム。
最初聴いたときは「意外とパンチがないな」なんて思ってしまったけれど、じっくり聴くと、とてもいいアルバム。

サウンド的には真新しいものじゃないけれど、今までのアジカンからすれば格段に幅を広げてきた感じ。
アコギやシンセ、パーカッションやブラス、後藤さんの歌い方なんかも新鮮です。

歌詞の面では、「衝動」を原動力とした抽象的ながらも感情が乗った初期の詞から、
後藤さんの年齢や過ごしてきた時間、時代性を反映させた、具体的でありながら暗示的な詞へとアルバムごとに変化していっているのを感じます。
詞については「ワールドワールドワールド」の流れからさらに1歩踏み込んだような印象。

曲、詞ともに常に変化し続けているバンドだから、賛否両論にはなりそうだけれど、僕は進化あるいは深化だと思います。

ほとんどの人間は、時間と共に内面も変化していくものだから、変に昔の姿に固執せずに今の自分達の音楽を鳴らしていて、しかもそれがカッコいい。

それから、CDなんて買わなくても音楽が聴ける今の時代だからこそ、ディスクの可能性にチャレンジする姿勢も興味深いと思いました。
外も中も気合い十分のアルバム。すごい。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
アジカンを知っている人はこれを聴いて衝撃を受けることをおすすめする。
アジカンを知らない人はこれを初めてのアルバムにはおすすめしない。
いきなりこのアルバムに出会ったら、きっと聞き流してしまって、残る感想は「普通」程度だろう。
しかしこのアルバムの発表された時代とアジカンという文脈の中でみれば、何度も何度もこのアルバムのメッセージに耳をすませば、このアルバムの価値は間違いなくすばらしいものだろう。

このアルバムでアジカンは大きな変化を見せた。
アジカンらしさと言えば、常に変化し続けるところであると私は考えるが、この作品はアジカンというバンドにとってひときわ大きな転換点であることは間違いない。

まずサウンドが変わった。
今回はほとんどの楽曲が後藤正文のデモテープを元に作られている。
「リライト」「遙か彼方」から感じられた青臭さはなりを潜めて、ミドルテンポの楽曲が続く。比較的早い『イエス』や『マジックディスク』からも荒々しさは感じない。良い意味でもそうでない意味でも落ち着いた、芯の通った感じを受ける。これはメッセージを重視した結果。
それぞれの楽器はそれ単体としてはほとんど目立たない。楽曲を構成するためのパーツとしてはまっている。言い返せば没個性かもしれない。
<
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す