この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マグノリア<DTS EDITION> [DVD]

5つ星のうち 4.2 96件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 7,680より 中古品の出品:8¥ 300より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェレミー・ブラックマン, トム・クルーズ, メリンダ・ディロン
  • 監督: ポール・トーマス・アンダーソン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日本ヘラルド映画(PCH)
  • 発売日 2004/01/21
  • 時間: 189 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 96件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00012T1XO
  • JAN: 4988132617586
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 122,077位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   とにかくトム・クルーズに完敗! 乾杯! 性のカリスマ伝導者フランク・T・J・マッキーが彼の役どころ。ギンギンギラギラSEXを説く姿は、まさに水を得た魚のよう。ゴールデン・グローブ賞優秀助演男優賞に輝いたのは大いに納得。
   はてさて偶然か必然か? この世の不思議なめぐり合わせ。一見ばらばらだったことが、ある瞬間1つに繋がることがある。人は自分の生き様を自ら問う瞬間があるのかもしれない。この映画はその瞬間を、想像を絶するカタチで見せてくれる。この物語のキーワードとなるラストシーンは圧巻だ。
   監督は『ブギー・ナイツ』でその名を馳せたポール・トーマス・アンダーソン。本作でアカデミー賞ノミネートをはじめベルリン映画祭金熊賞(グランプリ)受賞。20世紀を代表するヒューマンエンターティメントして拍手喝采!(ソラノリンゴ)

内容(「Oricon」データベースより)

トム・クルーズがゴールデン・グローブ賞最優秀助演男優賞を受賞したほか、世界中のあらゆる映画賞を獲得したポール・トーマス・アンダーソン監督作品がリニューアル・リマスタリングして再発売。DTS5.1ch音声トラックとハイクオリティになった映像を楽しめる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
いったい何人のでてくるの?というくらいのたくさんの人々の人生、そしてその感情を描きながら、物語は進んでゆく。
登場人物達は職業も年代も性別もとにかくばらばら。
共通しているのは、ハッピーに生きていないということ。
ちょと歯車が狂っただけなのに、思わぬ方向へ転がって軌道修正できずにいる人々。
この人々はいったいどこへ向かっていくんだろう。
どこで繋がってくるのだろう・・・
これだけエンディングの想像のつかない映画はそうそうありません。
人物達の精神とリンクする音楽も、ユーモアも、たくさんのカットのひとつひとつを丁寧に描きつなげていく手法も、すごいセンスだと思いました。
この監督は今までの誰とも違う映画を撮る人です。
この題材を与えられて、映画にできる監督はそうそういないのではないのでしょうか。
実はトム・クルーズがあまり好きではなく、彼の熱演がやたら取り上げられていたのでこの映画を敬遠してました。
先日、同監督の「パンチドランク・ラブ」をみて、いたく気に入ったので他の作品にも興味が沸いて遅ればせながら見ました。
トム・クルーズの「俺、俺!」演技もこの役柄なら納得です。
こんな汚れ役もできる人なのか、と見直しました。
他のくせのある役者さん達の演技もすばらしいです。
次の作品もとても楽しみな監督です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
5年前に見た時は、全く理解できませんでした。
ふと思い出して観てみると、前に感じたほど難解でもなく。

クライマックスに向かうにつれ、登場人物たちの苦境が頂点まで高まると、
そのあとすべては「赦し」の方向へと流れていきます。
バラバラだった物語が一つに収束していくその様は、すべては偶然ではなく
必然である、と語っているようで、宗教的な感じも受けます。

5年前より感動したのは、それだけ苦境にあったということかもしれません。
美しい音楽も相まって、追い詰められている日常からの解放感がありました。
これから定期的に見直したい映画です。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
宣伝で衝撃的な結末と聞く映画がありますが、この映画が一番衝撃的だと思います。3時間以上ありかなり長いですが、是非見て下さい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 green 投稿日 2017/1/19
形式: DVD Amazonで購入
終盤の登場人物たちが、wise upを口ずさむシーンがずっしりきます。
そして、雨が止んで……。
長いですが、最高の映画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Ryosuke トップ50レビュアー 投稿日 2014/4/13
形式: DVD
1901年7月、アメリカ ミネソタ州 ミネアポリス - 嵐が最もひどくなった時に
カエルやヒキガエルの雨が降った。カエルはパタパタと音を立てて落下し、
町のおよそ4ブロックに渡ってカエルで埋め尽くされ、最大8cmの厚さまで積もった。

映画のクライマックスで「んなアホな」と思わずにはいられない、あの現象。
実は実際に起きているんですね。ファフロツキーズ現象というらしいです。

さて、この映画は群像劇とシンクロニシティに焦点を当てた映画です。

胡散臭いSEX伝道師、遺産目当ての嫁、元天才クイズ少年、現天才クイズ少年、
モテない警察官、名物司会者とその娘、死にかけの資産家、それぞれの
一日を追った作品で、誰かの行動が他の誰かに影響を与え、物語が絡み合っていく。

この映画が傑作と思うのは、個性的な役者を揃えながらも決してお互いを食うことなく
それぞれが「主人公」としてしっかり存在感を放っている点。

だからこそ、3時間を超える大作でありながら集中して見ることができた。
プロットが完璧なんだと思う。

この映画は正直、かなり暗い。基本的に出演者は惨めな人生を送っているか
惨めな過去を持って
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ボビー トップ1000レビュアー 投稿日 2015/3/28
形式: DVD
分かりやすい映画ではなかった。
登場人物は3人称で描かれ、視点が変わっていくため、より分かりにくさが際立っている。

それぞれ、登場人物には関連があったり、共通する部分を持っている。
死の床につく老人。人気司会者。ださい警官。商材ビジネスのカリスマ。薬物依存症の後妻。
登場人物たちは皆個性的で、どこか普通ではない。

物語が進むにつれ、登場人物たちの人間関係は把握できるようになってゆく。
しかし、エンディング近くになると、画面を埋め尽くすカエルの雨が降ってきて、また物語は混乱の渦に戻される。
登場人物たちの発する言葉や、行動を通して、映画のテーマが浮き彫りになるような構造になっている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す