通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マクベス (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マクベス (新潮文庫) (英語) 文庫 – 1969/9/2

5つ星のうち 4.5 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マクベス (新潮文庫)
  • +
  • ハムレット (新潮文庫)
  • +
  • リア王 (新潮文庫)
総額: ¥1,426
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

かねてから、心の底では王位を望んでいたスコットランドの武将マクベスは、荒野で出会った三人の魔女の奇怪な予言と激しく意志的な夫人の教唆により野心を実行に移していく。王ダンカンを自分の城で暗殺し王位を奪ったマクベスは、その王位を失うことへの不安から次々と血に染まった手で罪を重ねていく……。シェイクスピア四大悲劇中でも最も密度の高い凝集力をもつ作品である。


登録情報

  • 文庫: 162ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1969/9/2)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 4102020071
  • ISBN-13: 978-4102020074
  • 発売日: 1969/9/2
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,340位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
スウェーデンとの戦争の立役者、スコットランドの武将マクベスは、荒野で三人の魔女にスコットランドの王になるとの奇怪な予言を受ける。予言の内容は次々に実現し、夫人にもそそのかされ、マクベスは王ダンカンを自身の城で弑し、みずから王となるが・・・。
シェイクスピア四大悲劇のなかでも、もっとも密度が高い凝集力をもつと言われる作品です。読み手によって、さまざまな解釈が可能、つまり受けとれるメッセージの幅広さに、シェイクスピアならではの奥行きの深さを感じます。
「悪」の側にずるずると入り込んでいくマクベスですが、全編を通して表現されている彼の葛藤はやはり、「善」と「悪」の分水嶺を認識していればこそなのではないでしょうか? マクベスもマクベス夫人も良心のかけらがあればこそ悩み、狂気の底へ落ちていったように思います。良心を一方にもちながらも、何かに突き動かされるように、悪業を行ってしまう人間の心理を見事にとらえている、そんなことを感じました。
ところで、ギリシア悲劇は、本人は悪くないのに知らず知らずのうちに悲劇的結末に突き進んでしまう、という構造、つまり神々によって運命が定められている、という世界観に基づいています。それと比較すると、ある程度自身でコントロールがきくはずなのに、何故かはどめがきかなくなり、どうしようもなく間違った方向に行ってしまう、というのがシェイクスピ
...続きを読む ›
1 コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
名翻訳(あるいは意訳)と名高い、評論家・福田恆存さん訳のマクベスです。

シェイクスピアの戯曲の中で、このマクベスが一番好きなので何冊かの翻訳を読みましたが、個人的には光文社古典新訳文庫の安西徹雄さんが一番好みでした。

でも、この福田さん訳も散文詩的な歯切れのいいリズムが多用されていて名訳だと思います。

内容は有名ですが、スコットランドの英雄マクベスが、運命の三人の魔女に偶然行き逢い、予言か戯言か判別できない言葉に惑わされて、主君を暗殺し、やがて倫理的自責から狂気に飲まれ、暴君となり殺害される。その破滅までの道程を描いた簡潔な構成の戯曲です。

安西さん訳版のレビューにも書いたので重複するのですが、安西版は3幕2場のマクベスのセリフで
「いったん悪を始めたからには、悪を重ねること以外、強くなる道はどこにもないのだ」
と言わせて、『主体的に悪になろうとするマクベス』を描いています。
一方この福田版は同じセリフを「一たび悪事に手を着けたら、最後の仕上げも悪の手にゆだねることだ」
と言わせて、主体的に倫理を踏み越える狂気の英雄というより、
『運命に全てまかせようとするマクベス』
を描いているように読めます。

同じ作品なのに翻
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『マクベス』は四大悲劇の一つと数えられ、その中でもっとも分量が短い作品である。そのため気軽に手にとることができ、それでいていい文学体験が出来るかもしれない。

 読み終わってこの作品はやはり紛うことなき名作であるという感想を抱いた。その辺はやはりさすがはシェイクスピアの作品といったところか。文学史において高く評価されているわけだが、過大評価されているような様子は私は微塵も感じなかった。機会があれば未読の人は是非読んでくれれば、と思う。
 さて、この作品を名作足らしめているものは何か、少しだけ読後の印象から私なりの考えを述べていきたいと思う。

 話のあらすじ自体は別段そこまで独創的なわけではない。策略により王位についたが、反乱により返り討ちを喰らうといったもので、少なくとも今の時代から見れば格別斬新というものではない。では何がこの作品を不朽の名作たらしめているのか?私なりに次の二点が考えれ、その要素が際立って印象深い。
 一つは込められている感情である。いわば筆力といえばいいだろうか。各登場人物の抱いている感情がほかの文学作品に比べ生々しく心に伝わってくるのである。登場人物としての不自然さがないのは勿論のことだが、それでいてどこか力強いのである。悲劇である以上当然なのだが作品においては陰鬱な雰囲気が支配しており、そこで描か
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
四大悲劇(ハムレット、オセロ―、リア王、マクベス)の中で最後に作られた作品。その多くを歴史家ホリンシェッドの『年代記』に負うているが、11世紀に実在したスコットランド王・マクベスは、確かに親戚の前王を殺して自ら王位についたが、17年間の在位期間中は国王として立派な業績を挙げたのだという。
本作品は、四大悲劇の最後の作品であるにもかかわらず、ストーリーは、『ハムレット』や『リア王』のような複雑さはなく、むしろ非常に直線的で、大雑把に言えば、魔女にそそのかされた心の弱いマクベスが、王を暗殺して自らが王位につくものの、その悪行の祟りを恐れ、惑うというものである。
そのマクベスの姿は、「生か、死か、それが疑問だ」と悩みつつも、「来るべきものは、いま来なくとも、いずれは来る ― いま来れば、あとには来ない ― あとに来なければ、いま来るだけのこと ― 肝腎なのは覚悟だ。いつ死んだらいいか、そんなことは考えてみたところで、誰にもわかりはすまい」という境地に達したハムレットとは対照的である。
よって、作品に込められたテーマも、『ハムレット』が「世の中には、白黒や善悪の判断できないこともあるが、それは運命として受け入れるしかない」というものであるのに対し、『マクベス』においては、「世の中の白黒や善悪が明らかであることは、破ってはいけない」ということなのであり、それがむ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー