通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マギ 27 (少年サンデーコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品ですが、状態の綺麗な商品になります。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マギ 27 (少年サンデーコミックス) コミックス – 2015/10/16

5つ星のうち 3.5 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マギ 27 (少年サンデーコミックス)
  • +
  • マギ 28 (少年サンデーコミックス)
  • +
  • マギ 29 (少年サンデーコミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「マギ」と「王の器」同士の激闘の行方は?

互いの意思と想いをかけ、激突した「マギ」と「王の器」達。
極大魔法を撃ち合ったアリババと白龍の勝者は…!?
そして白龍の起こした反乱は、世界を巻き込む大きな戦いへと広がってゆく・・・!!ますます加熱する「煌帝国編」!最強の魔導冒険ファンタジー第27巻!!

【編集担当からのおすすめ情報】
宿命のライバルとも呼べる、アラジンとジュダル、そしてアリババと白龍。手加減なしの本気を出し合った「マギ」と「王の器」同士の戦いは必見! 今回も外伝『シンドバッドの冒険』最新第8巻と同時発売! 併せて重厚な『マギ』ワールドをお楽しみください!!


登録情報

  • コミック: 191ページ
  • 出版社: 小学館 (2015/10/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091264697
  • ISBN-13: 978-4091264695
  • 発売日: 2015/10/16
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ass トップ500レビュアー 投稿日 2015/10/16
形式: コミック
アリババVS白龍、アラジンVSジュダル、全身全霊の対決は遂に決着を迎えます。

この巻では、白龍のある問いかけに心惑い、迷いを見せたアラジンが印象的でした。
そんなアラジンも、紅炎に諭される形で、今度は「自分の意志」で動き出します。

白龍のもう戻れぬ強い意志、そして紅炎側も覚悟を決め、白龍討伐に動き出します。
こうして火蓋が切って落とされた、世界の行く末をも大きく変えるであろう煌帝国の巨大な内戦。

次巻、両陣営が遂にぶつかり、その刃を交えます。この内戦の行方は果たしてどうなるのか。

そして一方で驚きの展開もあり、「意外なコンビ」による珍道中(?)の行く末にも目が離せません。
こちらも期待大です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
俺が正義だ!!って正義の鉄槌を振り回してる人間って暑苦しくありません?自分はそうなんで、だから周りの人を尊重しながら、悩みながら傷つきながら進むアラジンやアリババが好きだし、マギって作品が好きです。
◇ストーリーについて
前巻から気になっていた白龍との決戦の行方が描かれています。ネタバレなので詳しくは言いませんが最終的にいきついた結果に驚きかつ衝撃をうけ、それこそマギが良作品だなと思う理由でもあります。
◇絵について
前巻から白龍は痛そうですけど、私は漫画は漫画でわりきっているのでマイナス要素では無いです。マギ27巻から読む人はいないでしょう。前巻から怪我の描写を察するのが大人ですね。ようは自己責任。戦闘シーンとか書き込みは勢いがあって割と好きです。あとマギの作者さんは1巻からわりと線を崩しているので今更それを指摘しようとは思いません。それも好きです。ようは好みの問題。
・総評
主人公が絶対に正義で、絶対悪が存在して、主人公は絶対に勝つ。そういう漫画を読んできて悪役に同情したり、主人公に感情移入出来なかったりよくしました。なのでマギが絶対悪や絶対善を描いていない作品ということが非常に作品の幅を広げてくれているなと思います。人一人に正義があって行動している。それって現実の私たちからすると当たり前でも漫画ってなると分かりやすく
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 COIL RABBIT 投稿日 2015/10/17
形式: コミック Amazonで購入
アリババと白龍の闘いにひとまず決着が付きます。その後アリババと行動を共にする相手は、以前から見たかった組み合わせでした。
金属器や魔法等、強大な力よる激闘に目を奪われがちですが、こういった人としての在り方、他者との関わり方がより登場人物の魅力を引き出すのだなと思いました。
各派閥の意志が拮抗する中、何故アリババが主人公として描かれているのか考えさせられます。シリアスへと加速していく中、あの珍妙な姿を晒せるのは彼くらいだろうなと(笑)
ふと和んでしまう他愛ないやりとりですが、人が人と関わって生きる上で大切な事、でも厳しい社会に耐えるばかりでおろそかにしてしまっている事を思い出します。
おまけまんがの方では、恐らく本編でアリババや白龍達が激闘を繰り広げ続けている以上、入れられないのか紅覇くんのお話でした。彼が何故、日陰者の家臣に手を差し伸べる事が出来たのか。何故血を好むといわれる子供だったのか、何故、腹違いの兄達に本当の信頼を寄せられるのかが分かります。また、兄達の幼少時の人となりも垣間見え、子供が生きるには過酷な環境の中、個性豊かで懸命に生きている姿は頼もしく微笑ましいものでした。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 md 投稿日 2015/10/18
形式: コミック
今までの自分の考え方、そして登場人物達の考え方が良い意味で違っていて、登場人物一人一人の思いが浮き彫りになり、見ていてとても興味深い内容でした。
前巻に引き続き、死闘を繰り広げたアリババ達の決着もつきます。サンデー本誌を読んでいて内容の方も分かってはいますが、何度か読み返していく中、改めて感じた所もあり、誰もが幸せになれる世の中なんて実際には無くて、誰かが不幸になり、反対に誰かが幸せになれる。
そんな理不尽な世の中なんですよね。
でも、そんな世の中を変えるために一生懸命自分なりの考えを突き通し、奮闘する者。
自分が思い続けていた「正義」の意味も、また誰かにとってはそれが「悪」とも取れてしまうし、それって本当に悪いことなの?って言われてしまう事も現実。

白龍の考え、アリババの考え、
二人の思いも分かるんですが、個人的に心に響いたのは
煌帝国の考え方に私は共感をしました。
彼らとは真逆のイメージに見る目が変わりましたね。

サンデー本誌では、多くの連載作品が誌面を去る。と、あったのですが、これを機にマギが悪い方向へ行ってしまわないかと心配です。

最終章に入ろうとしていますが、短縮せずきちんと描いて行ってほしいと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー