通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マキァヴェッリの生涯―その微笑の謎 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆カバーにスレ、少し折り目、少し汚れあり。一部、ページ折り目あり。書き込みなし。◆状態は、しっかりしております。◆十分な状態チェックをして出品しておりますが、万一、商品の状態が説明文と異なる場合は、速やかに返金させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

マキァヴェッリの生涯―その微笑の謎 単行本 – 2007/6

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,672
¥ 3,672 ¥ 1,207

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

 マキァヴェッリは1469年、フィレンツェに生まれる。29歳のと
きフィレンツェ共和国政府の第二書記官に就任。共和国政府の外交使節として、
大いに活躍する。しかし共和政府が倒れメディチ家の政権が誕生するにおよん
で、彼は官職を追われ、フィレンツェ郊外の山荘にひきこもり、不遇のうちに多
くの著作を書き続けた。
 古典的名著『君主論』の作者として知られるマキァヴェッリではあるが、この
他のことについては意外と知られていない。たとえば彼が書いた喜劇『マンド
ラーゴラ』は、イタリア文学史上の傑作戯曲であるとか、官職を退いてからの生
涯はあまり陽の光があたるものではなく、山荘前の居酒屋に夜ごとでかけてはワ
インを飲んでいたとか。ちなみに彼の名前を冠したキアンティワインがある。
 本書はマキァヴェッリの残した膨大な報告書や書簡をもとに、その人間性を親
しみをこめて読者に伝えようとしている。彼の残した文章の随所に見られる微笑
の意味するところは一体何なのか。その微笑には、彼の政治思想よりもはるかに
深遠な、生きるための偉大な知恵が含まれている。
 こうして浮かび上がってくるマキァヴェッリ像は、とても新鮮なものであり、
マキァヴェリズムの始祖という悪名でしか知られることのない彼が、じつは個人
的な利益よりもつねに国益公益を優先させた人であることを改めて知ることがで
きるのである。マキァヴェッリの生涯とその時代背景を知るうえでの好著。

内容(「BOOK」データベースより)

『君主論』の作者の知られざる生涯と時代背景を本人が書き残した膨大な報告書や書簡をもとに克明に描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 298ページ
  • 出版社: 白水社 (2007/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560026254
  • ISBN-13: 978-4560026250
  • 発売日: 2007/06
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,122,806位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 著者のマウリツィオ・ヴィロリは英米圏で活躍する、今働き盛りの政治思想史家・マキアヴェッリ研究者の一人である。それゆえこの本もマキアヴェッリの伝記としては、無難に要領よくその生涯とそこから浮かび上がる思想をまとめている点は評価できる。ただどう言ったらいいのだろう、英語原書も読んだのだが、記述がまるで気の抜けたビールみたいだ。どうんな内的動機があってヴィロリがこの本を執筆したくなったのかよくわからない。書かれていることは既存の多くのマキアヴェッリ伝の内容を出るものではないし、そこに伺われるマキアヴェッリ政治思想の解釈も平凡で常識的なものだ。みすずから出ているブリヨンの『マキアヴェッリ』の方が、翻訳に難はあってもしみじみとして情感を感じる。

 「いかなる時にも私が笑い、歌うのは、そうする他にしようがないから」という有名な一句をモチーフに、彼の有名な肖像画に伺えるような〈マキアヴェッリの微笑〉の謎を解明したいと言うことらしいが、世の愚劣さに翻弄されながら世に交わり世に絶望せず、それでいて世を突き放した視点を持つが故の彼の苦い〈微笑み〉についてなら、リドルフィの『マキアヴェッリ伝』における"strico, comico, tragico"というマキアヴェッリの肖像以来それ自体言い古されてきたことであって、あまり新味が感じられない。特に版権料の重荷もあって、学術書の翻訳
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kasa2001 トップ500レビュアー 投稿日 2013/10/8
形式: 単行本 Amazonで購入
セリアAでよく見聞きする以上に(当然ながら)イタリアの地名や多くの人名の響きが実に新鮮だった。(チェーザレ・ボルジアも、もちろん登場)

マキャヴェッリの臨終での夢を語る場面から始まる、その生涯を著した本書、著者がまるでマキャヴェッリを旧知の友のように、あるいは尊敬する恩師のように書き記すその語り口が絶妙でとても面白かった!
その滑らかな語り口は、武田好先生の訳に負う所がとても大きいと思うほど、大変に読みやすいものだ。

しかし、最初はマキャヴェッリが生きた時代の複雑極まるイタリア情勢が飛び込んできて、なかなか馴染めず難儀したが、自然に理解することができて途中から止まらなくなった。

その最晩年、フィレンツェが共和国に戻った際、すでに「君主論」は多くの市民に読まれ、圧政の書を書いた者として誤解を受け、メディチ家による追放以来の悲願の書記官復帰とはならなかったニッコロ・マキャヴェッリ・・・。
現代までも使われる「マキャヴェリズムという妖怪のような言葉」の当事者としての実像は、身分は低いが誠心誠意イタリア、フィレンツェを愛し、祖国を亡国から救おうと東奔西走し、失意と絶望の長い隠遁生活を過ごし、多くの女性を愛し続け、涙を微笑みに隠し、激動の時代を歩んだ男なんである。

「彼は歴史と喜劇を著
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告