この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


マカオ不動産投資完全マニュアル (本気の海外投資シリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2008/4/11

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 7,093 ¥ 19
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Amazonタイムセール祭り開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 タイムセール祭りを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

日本の不動産に投資してもうまみが少ない。
だからこそ、これからは海外の不動産投資へ。

バブルの崩壊が叫ばれて以来、不動産投資にはいつも“危険なニオイ”がついてまわっている日本と違い、
世界には、住宅需要の増えている地域が数多くあります。今回ご紹介するマカオもそのひとつです。

マカオ(中華人民共和国マカオ特別行政区)。香港の南西に位置するこの小さな行政区の経済は今、大きく成長しようとしています。
香港を抜いた「アジア第2位のGDP」。ラスベガスを抜いた「世界ナンバー1のカジノ収入」。次々と建設される高級ホテル。
年間2400万人を超える観光客など、マカオの経済は上昇の一途をたどっています。

なかでも、先にもふれたように住宅需要の増大には目を見張るものがあります。マカオでは、さまざまなプロジェクトが予定されています。
数々のプロジェクトを実現するうえで必要なのがやはり「人」。つまり、雇用需要が大きく増大しているのです。
そして、この労働者の増加は住宅需要の増加をも意味します。狭い土地に人が押し寄せることを考えると、不動産の価格が上昇するのは必至といえるのです。

もちろん、いつまでも不動産の価格が上がる保証はありません。しかし、少なくとも、マカオの成長が一段落するまで(2012年くらいまで)はこの傾向が続くと思われます。
例えば、キャピタルゲイン狙いは2012年くらいまで、それ以降はインカムゲイン(家賃)狙いに方針を変えていくのもひとつの方法でしょう。
バブルを意識しすぎて萎縮するのではなく、逆にいつバブルになってもいいように心構え、リスクを管理していけばよいのです。

頭金が安く済むプレビルド物件(建築許可が下り、施工準備に入っている物件、もしくは施工に取り掛かった物件)など、日本にはない“魅力的な物件”がマカオにはあります。
インカムゲインしか狙えなくなった日本の不動産とは違い、キャピタルゲインも、インカムゲインも狙える不動産投資がマカオなら可能なのです。
私たち日本人の心の奥底に根付いている「不動産神話」。日本ではバブルとともに崩壊してしまいましたが、マカオではまだ「神話」として通用するのです。

本書の主な内容
◎マカオの不動産市場の概要(特に、住宅需要増加の背景)について紹介
◎マカオに不動産投資するメリット(税の優遇含む)とデメリットを紹介
◎マカオ現地で活躍する著者から得た情報を参考に内容を構成
◎プレビルド物件やオフィス物件、賃貸物件の概要について紹介。また、それぞれの物件を選ぶときのポイントも紹介
◎日本人がマカオの不動産を探してから購入するまでの流れを紹介。また、不動産を売却するまでの流れも併せて紹介
◎駐車場投資やジュハイへの投資など、マカオならではの不動産投資を紹介
◎小口で投資できる方法も紹介

著者からのコメント

不動産投資は、日本から世界へ!

世界には不動産成長率が20%を超えるような市場があります。本書で取り上げた「マカオ」もその1つ。2008年の不動産成長率は28%と予想されています。
しかし、周りを見渡せばまだまだ日本の不動産投資が行われています。それはなぜか。

海外不動産への投資の仕方がわからなかったからです。

どういう物件を選べばいいのか?
どうやって買うのか?
管理は?
言葉の問題は?
売るときはどうすればいいのか?

こういった疑問に答える本が、これまでなかったのです。だから、海外不動産への投資ができなかった。

しかし本書はマカオへの投資の仕方を完全に網羅した、まさしく「完全マニュアル」となっています。
多くの投資家が疑問に思う点を詳しく解説しました。
もちろんマカオの魅力も余すところなく紹介しています。

本書では地元マカオ在住のチャーリー氏も著者として参加しています。そのため。地元にいるからこそわかる不動産投資の極意も完全網羅することができました。

この1冊で、マカオ不動産投資のスタートを切ることができます。これであなたも、マカオ不動産投資家への一歩を踏み出しましょう!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 241ページ
  • 出版社: パンローリング (2008/4/11)
  • ISBN-10: 4775990691
  • ISBN-13: 978-4775990698
  • 発売日: 2008/4/11
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,073,907位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

3件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2008年4月25日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年4月20日
形式: 単行本(ソフトカバー)
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年4月25日
形式: 単行本(ソフトカバー)
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告