マイ・ボディガード 通常版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,788
通常配送無料 詳細
発売元: Mellbin STORE (メルビン ストア) 迅速対応・年中無休
カートに入れる
¥ 3,788
通常配送無料 詳細
発売元: CD,DVD,日用品販売のメタリックブルー(出品商品の個別の状態説明、写真をしっかり添付します)
カートに入れる
¥ 3,798
通常配送無料 詳細
発売元: マルチ商店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マイ・ボディガード 通常版 [DVD]

5つ星のうち 4.0 51件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,788 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、★東京電王堂マーケティング部★在庫確実が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 3,452より 中古品の出品:9¥ 247より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • マイ・ボディガード 通常版 [DVD]
  • +
  • デンジャラス・ラン [DVD]
  • +
  • インサイド・マン [DVD]
総額: ¥5,642
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: デンゼル・ワシントン, ダコタ・ファニング
  • 監督: トニー・スコット
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2005/06/29
  • 時間: 146 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 51件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0008EMLBE
  • JAN: 4988105044487
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 7,285位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

アクションエンタテインメントの名手トニー・スコット監督が20年間熱望していた企画を実現。主演は名優デンゼル・ワシントンに、名子役ダコタ・ファニング。

ジョン・クリーシーは、生きる希望を失っていた。16年間、米軍で対テロ活動という名の暗殺の明け暮れた彼は、人を愛することが出来なくなり、何のために生きているのかさえ、判らなくなってしまったのだった。たった9歳の少女ピタが、そんな彼の閉ざした心に隠された悲しみと優しさをひと目で見抜き、一点の曇りもない信頼を寄せる。誘拐が多発しているメキシコシティで、クリーシーはピタの”ボディガード”として、彼女の父親に雇われたのだ。クリーシーがピタとの交流の中で生きる希望を取り戻し、まさに彼女から”新しい命”をもらったとき、ピタが誘拐されてしまう。自分の命よりも大切なものを奪われたクリーシーは復讐を誓う。しかし、それは単純な誘拐事件などではなかった。巨大な犯罪組織と予想もしなかった真相がクリーシーを待ち受けていた。

●トニー・スコット監督による本編オーディオコメンタリー
●オリジナル予告篇・TVスポット集

Amazonレビュー

   とある金持ちの家の9歳の娘ピタのボディガードとなった孤高なもと対テロ部隊のジョン。やがて彼はピタにより癒され、次第に暖かいハートを取り戻していく。だがピタが金目当ての組織によって拉致されて殺され、ジョンも大怪我を追ってしばらく寝たきりに。やがて回復した彼は、ピタの仇討ちに誘拐組織を追いつめていくのだった……。
   前半はデンゼル・ワシントン扮するジョンと、ダコタ・ファニング扮するピタとが時間をかけて絆を作っていくところからスタート。そこに時間をかけた分、彼女が死んで復讐の鬼と化す男の重みがリアルに伝わる。だからこそ一人一人を追いつめる男の行動が常軌を逸していて背筋をゾクッとさせるし、愛する者を失った人間のリアルな感情ってこうだよなぁと納得させられる。精神的にずしんとくる作品なので覚悟!(横森文)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

自殺を考えるほどに生きる希望を失い、酒浸りの生活から救い出してくれたのは、軽い気持ちでボディーガードを引き受けた9歳の少女。彼女との心の交流がじつに丁寧に丹念に描かれる。友情の域を超えた絆で結ばれた2人のラブストーリーと言っても良い。
この前半と実に対照的に描かれる後半。誘拐され殺された少女を想う彼の強烈なリベンジが描かれている。銃火器満載問答無用のリベンジは、痛快にも思えるが、あまりにも躊躇なく次から次へ行われるため、前半に比べ重さに欠けてしまっている気がしてならない。バランスが悪い。
本来ならハッピーエンドで喜ばしいはずなのラストだが、少女と共に生きるエンディングをどこかで期待していたからだろうか、私はなんとなく残念で、しっくりこない。炎の男「MAN ON FIRE」が燃え尽きたというところだろうか。
悪役ではないクリストファー・ウォーケン、悪徳弁護士ミッキー・ロークなど、脇の固めは完璧。作品を壊さない程度に微妙に存在させたユーモアなど、長い作品を一気に見せる工夫が、作品の魅力を倍増させていた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
過去に取り付かれ酒に溺れる日々…

小さな女の子との出会いで彼に新しい人生を与えた

そしてその男が自分の人生よりも大切な存在を奪われた時、復讐に目覚める

自分の命と引き換えにでも必ず助ける

自分に新しい人生を与えてくれた人の為に…

ハードなアクションがありとても切ない作品となっています

この映画を見たら大切な人を命にかえても助けようと思えてきます
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 邦題のセンスが最悪です。この邦題と愛らしいダコタ・ファニングの組み合わせでは、「ちょっとハラハラするシーンもある、心温まるヒューマンドラマ」と思いこんで本作を鑑賞する人が続出でしょう(前半の展開がハートフルなだけに余計誤解しやすい)。私自身、陳腐なお涙頂戴モノかとあまり期待してなかったのですが、実際には非常にハードな内容でした。痺れますね。

 短いショットが次々と切り替わり画面が絶えず揺れ動く、というトニー・スコット監督特有の凝りに凝った映像表現は、鼻につく部分がなかったではないですが、クリーシーの心理描写としては卓越しています。クリーシーの暗い過去、心の傷をくどくどと説明せずに「映像をして語らしめる」ことに徹したわけですね。大したものです。

 後半の復讐劇は圧巻。派手な大立ち回りはなく、淡々と遂行されていくところに凄味があります。これは演出の妙としか言いようがないです。心の中に飼っていた「獣」を(あのオウムのごとく)解き放ったクリーシー、怖すぎます。画面上に氾濫する文字情報もクールです。

 最後の急展開は無理がある気もしましたが、重厚なラストを含め、総じて優れた作品だと思います。主演2人の演技も完璧。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画かなり生生しくてグロいです。

拷問シーンも結構出てきて正直目をそらしたくなる所

もしばしばです。しかもそれが、正義の裁きを下す側

のやることだからすごい。ある意味スカっとします。

途中、主人公クリーシーの友人がこんなことをいいます。

「ピタはなんにでもなれる、才能と努力しだいで

どんな天才にもなれる。クリーシーの場合それは殺しだ。」

この映画の中では「プロ」という言葉が繰り返し出てきます。

それぞれがプロとしてやるべきことをやっているだけだと

繰り返しいいます。しかし、プロだという連中が怒らせたの

が「プロ中のプロ」だったから冷酷で残忍な復讐を受ける

はめになってしまいます。

「私を愛してね」とノートにつづっていた少女のために

なんのためらいもなく命を捨てる覚悟をする男の最後の姿

に心があつくなりました。

少し展開がはやい気もしたけど、いい映画でした。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー