この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マイ・ハート,マイ・ラブ [DVD]

5つ星のうち 4.0 13件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 8,000より 中古品の出品:4¥ 829より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アンジェリーナ・ジョリー, ショーン・コネリー
  • 監督: ウィラード・キャロル
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズ・ビデオ
  • 発売日 2000/11/24
  • 時間: 121 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HOTD
  • JAN: 4900950181209
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 58,048位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   愛をテーマにした6つのエピソードが、最後に1つに結ばれるストーリーである。ショーン・コネリー&ジーナ・ローランズ、アンジェリーナ・ジョリー&ライアン・フィリップ、マデリーン・ストウ&アンソニー・エドワーズ、ジリアン・アンダーソン&ジョン・スチュワートなど、いろいろなスター共演を1作で楽しめる。
   それぞれ味のあるストーリーが並んでいるが、秀逸なのはジョリー&フィリップの若い愛。あの手この手でアタックしても、決してふり向いてくれない男。それは、彼にある秘密があったからだ。陰影をつけた演技で、傷ついた過去をもつ男を演じるフィリップ、そんな彼にありったけの愛情をぶつける情熱的なジョリー、ともにすばらしい名演を見せる。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

ショーン・コネリー、アンジェリーナ・ジョリーほか豪華スターとウィラード・キャロル監督が贈る感動のヒューマンストーリー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

好きな役者がたくさん出ていて眺めているだけでうれしい。ショーンコネリーが父で、ジーナローランズが母なんて、この家に生まれたかった。ストーリーも自然で、日々の悩み事や小さな喜び、悲しみがどれも実生活にありがちで、共感できるところがたくさんあった。登場人物すべてが特別ではないけど、愛すべき人たちで、全員が自分の人生を一生懸命に生きようとしていることが素敵だった。

また、わたしはマティーニの注文のしかたを、この映画のアンジェリーナジョリーの台詞で覚えました。そのままアメリカのバーで使えましたよ。また、恋人と電話で別れ話をしているときに、「IKEAはもっていって良いけど、WILIAMS SONOMAは置いていって!」と言っているくだりは、あまりに現実的でとってもおもしろかった。見終わった後は、ほのぼのとして、自分や自分の家族をみつめなおせるかも。

この映画のアンジェリーナジョリーは愛らしくて、彼女のどの映画よりも魅力的だと思いました。デニス・クウェイドとドラッグクウィーンのやり取りもおもしろい。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大なり小なりそれぞれに問題を抱えたカップルと親子。共通しているのはどちらかが病んでいること。はじめはばらばらに進む話が最後に1つにまとまる。日常にあふれているような会話の一つ一つに味がある。みんなそれぞれに一生懸命に生きているんだなぁ〜と思う。こういう映画っていい。出演者みな見た顔ばかり、Xファイルのスカリー、一時はかなり危なかった。ブラピ嫁は頑張った。デニス・クエイドがある意味一番病んでいたかも。ショーン・コネリー夫妻の会話が絶妙。ERのグリーン医師は、ちょっとみじめ。ナスターシャ・キンスキー、久しぶりに見た。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ショーン・コネリーは最も好きな俳優の一人。渋い、大人の魅力、いまでも色気がある。ところが、この方の代表作はとなるとあまり浮かばない(初期のジェームス・ボンドは別にして)。いわゆる名作にはあまりでていない。賞にもあまり縁がない。でも、佳作的な作品にはいいなあと思える作品がいくつかある。「マイ・ハート・マイ・ラブ」という邦題はちと陳腐な感がするが、脚本はなかなかよく出来ている。死期の迫った初老の夫(ショーン・コネリー)と妻の終焉に向けての葛藤の日々、不倫のセックスで夫との不和を紛らわす女とロール・プレーイング・ゲームのように別な人間になりすますため夜毎街に繰り出す夫、幼馴染で結婚した初恋の男がゲイとわかり離婚、以降、自分の殻に閉じこもって男を寄せ付けない舞台演出家の女と彼女に引かれる建築家の男、恋人を麻薬とエイズでなくし虚無的で無為な日々を送る寡黙でシャイな男と自由奔放に恋愛を楽しむ若い女(アンジェリーナ・ジョリー)。これらのカップルの葛藤がパラレルに同時進行してストーリーは展開していく。構成が上手い、テンポもいい。そして、役者もいい。ちなみにエイズで死んでいく男の母親はエレン・バーンスタインだったと思う。上手い。最後はハッピーエンドなのだが、楽しめた。ショーン・コネリーはもちろん、この映画でのアンジェリーナ・ジョリーの素晴らしさ、可愛さ。大フアンです。名作ではありませんが、お勧めです。最後に、不倫する長女の相手は牧師で、俳優はなんとERのあの・マーク・グリーン役をやったアンソニーなんです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/6/18
さほど期待しないで見たけど、すっごくいい映画でした。4組の男女の話が少しずつ絡み合い、そのひとつひとつが切ないけど希望に満ちている。見終わった後に、「なんか人って信じてみてもいいんじゃない?」なんて感じさせてくれる話でした。その上、このアンジェリーナ・ジョリーはほんとにかわいい。それだけでもお勧めできます。ぜひ1度見てみて!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pilote 投稿日 2003/4/24
出演人も大物たちだし、どんなだろう?と思って観た。よくありそうなドラマ系映画といわれたらそれまでだけれど、ライアン・フィリップの繊細~な役柄と演技、それから相手訳のアンジェリーナ・ジョリーの体当たり的女の子という役柄のぶつかりが心打たれるものがある。最後には心がなんだかあったまる話。恋愛中の人、心あったまりたい人、それからきれ~いな男の人が見たい人、ぜひおすすめします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
バラバラに進行するそれぞれの悩みはとても現代のアメリカを感じさせる。派手な事件は何も起らないが、それぞれの話が紡ぎあって、自然にまとまるのは脚本の面白さなのでは。現代のアメリカの愛の形を淡々と描いた佳作。「17歳のカルテ」でA.ジョリーが好きになった人には特にお勧めです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー