通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マインド―心の哲学 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに少々のヨレ、小傷がありますが、中身はきれいで良好な状態です。 帯・特典などは付属致しません。 商品は防水加工(クッション+封筒又はOPP袋&封筒)し丁寧に発送致します。原則として注文を受けた翌日~翌々日までに発送(土日祝除く) 日本郵便(クリックポスト又はゆうメール)にて発送いたします。出荷時に商品の状態に不備が見つかった場合は、メールにてご連絡致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マインド―心の哲学 単行本 – 2006/3/1

5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,218

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マインド―心の哲学
  • +
  • 心・脳・科学 (岩波人文書セレクション)
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 128pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「心とは何か?」——人々の心を捉えて離さない最難問に、現代哲学の第一人者が挑む。

哲学・心理学・生物学・脳科学の最前線である「心の哲学」を舞台に、従来の見解を次々に論破しながら、独自の「生物学的自然主義」を提示。心の哲学への、もっとも包括的で、もっとも新しく、もっとも明快な、魅惑のイントロダクション。

「自分自身が心の哲学について学ぶ際、最初に手に取りたいと思えるような本を書こうと思う」——言語哲学から出発し、近年は心の哲学においても精力的な研究と発言を続けるアメリカの哲学者ジョン・R・サール。哲学者としての円熟味を増したサールが、はじめて一般読者への入門書を書き下ろしました。

昨今の脳ブームは「脳を解明しさえすれば人間の心も説明できる」という風潮すら感じられます。
しかし、心と脳の関係とは、果たして入力信号のオンとオフのように単純なものだったのでしょうか?
サールはこの問題——「心脳問題」がさまざまな誤解のもとにたてられた擬似問題であることを指摘します。

従来の心的/物質的という二元論を廃し、因果的な還元/存在論的な還元、一人称的な存在論/三人称的な存在論という区別を新たに導入した点は本書の肝と言えるでしょう。

これにより、ミステリアスなものとして扱われがちな心を、胃の消化と同様、自然現象のひとつと捉え直し、現代の科学的知見との整合性をはかる——それがサールの提唱する「生物学的自然主義」なのです。

内容(「BOOK」データベースより)

よく知られている理論、しかも影響力のある理論が、そもそも全部誤っているという点で、心の哲学は、哲学のなかでも類を見ないテーマである。本書の目的のひとつは、そうした誤った理論へ導かれてしまうやみがたい欲求から、真実を救い出すことにある。これまでにも他の著書、とくに『心の再発見』でこの課題に取り組んできた。だが、本書こそが、心の哲学というテーマ全体への包括的な入門書の試みである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 410ページ
  • 出版社: 朝日出版社 (2006/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4255003254
  • ISBN-13: 978-4255003252
  • 発売日: 2006/3/1
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 202,317位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者サールは、心の哲学という分野を牽引してきた主要な哲学者。第一線の人による入門書。学問分野の状況を単にまとめたものではない。サール自身の主張もふんだんに含まれる。それ自体が哲学書であるような、哲学入門書だ。筆致も非常に簡潔ながら、しっかりと確実に書いてある。信頼の置ける、素晴らしい本だ。

議論はまず、心の哲学の一般的なトピックを列挙することから始まる。そして、典型的な対応としてデカルトの回答が挙げられる。ここでのデカルトは、教科書的なデカルトである。分析哲学にはよくあることだが、その歴史的正否は気にしない方がよいだろう(例えば、デカルトは意識の内容の確実性について、意識の存在の確実性と同様に語っただろうか。狂気の想定は何を意味するのか。)

ついで、現在の議論状況を形作った様々な考えについて語られる。唯物論と二元論を中心に、行動主義、機能主義、消去主義など。ここの記述はとてもよくまとまっていると思った。ただし、消去主義の扱いに対してはやや簡単すぎる印象を受けた。機能主義については、当時の熱狂が伝えられる。当事者であったサールならでは、である。

それに続き、唯物論の批判とサール自身の見解を述べていく。ここは本書の最大の論点である。唯物論に対し、サールはそれがクオリアを一人称的に説明できないと批判する。そして、心的/物理
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
意識をめぐる諸学説についてデカルトやカントなど古典的な哲学者もとりあげられ
ポイントをふまえて流れが整理されている。意識を巡る学説の整理はさすがとしか
いいようがない。しかも、分かりやすく噛み砕いた表現なので「一般向けの入門書」
ともみえるが、それは早計です。実際は本書での議論の本質を理解するにはどうして
もそれまでの言語哲学の論点をふまえる必要があると思えました。

何故サールが「志向性」にこだわるのか。志向性を表現した記述は「内包性」を
帯びるのに、志向性そのものは内包性を含まないといわれるのか。心身問題を語
るときの議論における誤謬を「記述レベル」にあるみるのはどういう意味か。
そこで「一人称/三人称」という観点が出されることのになるのはなぜか・・・

これらは「指示性の問題」「内在主義/外在主義」など、クリプキやパトナム等の
言語哲学での意識の扱いをふまえた側面が多分にあるからだとおもいます。という
より、もはや意識についての議論は「語る権利」を度外視しては成り立たないから
です。かつ、クリプキやパトナムの議論では組みつくせない意識の、言語の側面が
あるというのが根本的にはサールの立場だからです。彼自身は本書で「生物学的自
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
心の哲学の第一人者、ジョン・サールによる心の哲学の入門書。
当然、サール自身の主張は色濃く反映されているが、心の哲学のトピックを広範に取り扱っている。
難解な哲学用語も最小限に抑えられており、よい入門書だといえよう。

サール自身の立場は、生物学的自然主義である。
彼は、意識とは、胃における消化などと同じで、脳によって生物学的に作られたものだとする。
しかし一方、意識とは一人称・主観的なものであり、客観的な方法では捕らえられないとして、唯物論を却下する。

サールは、心の哲学で多く見られる、言語の誤用による混乱を批判して、論点を整理している。
例えば、物的/心的のような対立は、その設定自体に問題があると指摘する。
これは、サールの師が、言語学者でもあり哲学者でもあるオースティンであることにもよるだろう。

論点の解体と、議論の場の設定が、ある意味で本書の行っていることだといえるかもしれない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は、心に関する主要な論点や学説を整理した上で著者自身の考えを提示する形式になっているが、全体的には唯物論(心脳同一説・機能主義)がベースになっていると思う。著者は唯物論について、哲学者などの専門家の間では「私たちの時代の宗教といってもいい」とまで言っているが(P73)著者自身も科学に対する信頼は信仰に近い。この点日本では(まず常識を疑えというような)懐疑論ベースの思考が哲学では広まっているので、例えば1章での独我論の軽い扱いや10章での素朴実在論の擁護などに対して、哲学的な?読者の不満が想像される。しかし私を含めた一般の人にとっては自然で読みやすい展開になっていると思う。

著者は、意識を含めた心的現象は脳過程と同一であると主張し、閉じた因果的システムの中で同じ因果的機能(位置・役割)を持つことをその根拠とする。脳の物理的記述に対し、心的用語による記述は機能に即した高レベルの記述である、という関係にある。こういった主張は、基本的に唯物論と言っていい。

ただし、現在の主流的唯物論に対する既存の批判にも正当性があると認めるのが著者の立場である。著者によると、主流的唯物論の欠陥は、心の重要な側面である「意識」と「志向性」、特に意識の質的性格・主観性を取りこぼしている、ということである。その原因は、物理的/心的という区別における排他的用語法の伝
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー