マイライフ・アズ・ア・ドッグ [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: まるく SHOP
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: サンアールマート本店 【安心丁寧・年中無休・迅速発送】
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: オンラインレコード兵庫店 年中無休24時間営業中
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マイライフ・アズ・ア・ドッグ [DVD]

5つ星のうち 4.6 30件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 4,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 96 (2%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ドットコム家電&ホビーが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 4,980より 中古品の出品:8¥ 998より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アントン・グランセリウス
  • 監督: ラッセ・ハルストレム
  • 形式: Color, Dolby, Original recording remastered, Widescreen
  • 言語: スウェーデン語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2000/12/22
  • 時間: 102 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HRB6
  • EAN: 4988126200169
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,583位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

 『サイダーハウス・ルール』のラッセ・ハルストレム監督の名を、世界に知らしめるキッカケになった作品。舞台は50年代末のスウェーデンの小さな町。12歳の少年イングマルの毎日は、兄にいじめられ、出稼ぎに行った父は戻らず、母は病気、とうんざりするようなことばかり。母の病状が悪化し、イングマルは叔父の住む田舎の村に預けられる。やがて母が死に、家族はバラバラになってしまうが、一風変わった村の人たちとの交流が、イングマルの心をゆっくりと癒していく…。
   誰にでも一度は訪れる、現実を直視せざる得ない瞬間…少年期から大人への移行期を、ユーモア豊かに描いたヒューマンドラマ。人生の悲しみだけでなく、些細な出来事の中にある「楽しみ」をサラリと描いて、ほんわりと心を温かくしてくれる。(茂木直美)

内容(「Oricon」データベースより)

「サイダー・ハウス・ルール」のラッセ・ハルストレム監督の出世作。アントン・グランセイウス、アンキ・リデンほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 1950年代のスウェーデンに暮らすイングマル・ヨハンソン少年。父は外国へ出稼ぎ中、母は病に倒れている。踏んだり蹴ったりに思える人生だけど、スプートニクに乗せられた実験犬よりはまだましだと自分に言い聞かせる毎日だ。
 そんな彼がひと夏、叔父夫婦に引き取られて片田舎の村で暮らすことになる。そこでの一風変わった人々との出逢いの中で、少年は確実に成長していくことになる…。

 「ギルバート・グレイプ」と「サイダーハウス・ルール」の原点といえるハルストレム監督作品。お見事、と言って良い秀作です。
 人生とは、様々なものを失いながら成長すること。そんなことを思う映画です。イングマルが犬のマネをするのは、これ以上自分から何かがもぎ取られることに少年なりに抵抗を示すための手段だといえます。自らの吠え声で、襲い掛かる世間を振り払おうとするかのようです。しかし怯えた犬ほど激しく吠えるもの。その吠え声は彼が押しつぶされる直前にあることを象徴しています。
 とはいうものの、彼は失うと同時に多くを得ていくのです。穏やかに眠る彼と“彼女”のラストシーンまで、見る者を捕らえて放さない魅力に満ちています。

 ただしラストシーンのラジオ中継はスウェーデン人以外には理解しづらいものでしょう。
 これはスウェーデン出身のプロ・ボクサーI
...続きを読む ›
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
主人公は厳しい現状をやり過ごすためにいつも「呪文」を唱えています。
曰く「僕は@@よりは幸せだ」「○○はもっと悲惨だったろう」
話が進行するにつれて、魅力的なキャラが次々登場してほのぼのするというのに
状況はどんどん悲惨になり、彼が必死に唱える呪文は残念なことに効き目を失っていきます。
絶対的な不幸の前に彼の相対的な幸せは簡単に崩れさってしまうのです。
でも、ラストの彼(やサガを初めとする周囲の人達!)の笑顔を見てくださいよ。
ラストの彼には「僕は△△より幸せだと思おう」と言う必要なんかもう全然無いんです。
誰かと比較して確認するまでもなく彼は心の底から幸せなんだから!
何故彼が幸せになったのか?
その描き方を稚拙だと感じる人、エピソードが無いと批判する人、漫画的だと文句を言う人も、受け入れられない人もいるでしょう。
でも、僕はこの映画を全面的に肯定します、この監督が全面的に人生を肯定したように。
 
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「マイ ライフ アズ ア ドッグ」、まず、タイトルで惹かれました。「犬のような僕の人生? 生活?」って、いったいどんな内容なんだって思いました。DVDは「スプートニクに積まれて宇宙を飛んだあのライカ犬、僕はそれよりマシだ。」そんな一人語りから始まります。
子供は子供なりに色々なことを考えているけど、それはなかなかうまくいかないし、大人には分かってもらえない。大人の事情というのも分かるけど、でも子供にだって子供の事情がある。なのに大人はそのことを受け入れてくれない。人間ではあるけれども、結局は自分じゃどうしようもできない子供の僕は、結局は犬みたいに周りの「人間」の事情に翻弄されながら生きていくしかないんだ。「マイ ライフ アズ ア ドッグ」は、そんなことを私に語りかけてきました。
一番印象に残っているシーンは、自分の感情を抑えていた主人公が、ある些細な事件がきっかけで自分をうまく保てなくなり、東屋に逃げ込み、その小さな天窓から一人で夜空を見上げるシーンです。スプートニクで打ち上げられた悲惨で孤独なライカ犬と重なりました。
こう書くと悲しいだけのお話のように聞こえるかもしれませんが、それだけではありません。このお話がどんなふうに終わるのか、それは是非このDVDを自分で観て知ってください。
このDVDは、自分が子供のころの、大人に振り回されていた自
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私の場合、良い(好きな)映画と悪い(嫌いな)映画の違いは、まず2回目が観たくなるかどうか。次に1回目より2回目の方がよりおもしろいと感じるかどうかなんです。大抵2回目はストーリー(オチ)が解っているのでおもしろさは半減しますが、良い映画は2回目の方が感動したりするんです。さらに、おもしろさや感動が突き抜けている作品はDVDなどを買い、何度も観て楽しむのです。
この映画は私が最も回数を観ている映画です。ストーリーとしては淡々としています。オチも特にありません。でも、主人公のイングマルを観ると何故か元気が出ます。糸で自分の唇をめくるシーンなど等身大の子供が描かれている所に好感が持てます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック