通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【通常配送無料】ご覧頂きありがとうございます。多少の使用感がありますが、本文は書き込みもなく状態良好です。検品は入念にさせていただいておりますが、不備がある場合はご一報下さい。【アマゾンセンターから発送いたします。お急ぎ便、代引き、コンビニ受け取り対応】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009 単行本(ソフトカバー) – 2009/11/10

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 299
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009
  • +
  • ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝
  • +
  • LIFE MICHAEL 1958-2009 ライフ誌特別編集 マイケル・ジャクソン追悼
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 152pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

マイケル・ジャクソン公認のファン雑誌「オフ・ザ・ウォール」の編集長エイドリアン・グラントが、
マイケルの活動すべてを徹底調査し、時系列にそって詳細に記録。何年何月何日、マイケルに何があったのか?
本人の発言録や貴重な写真もまじえて、その全生涯を圧巻のボリュームで追体験できる、「マイケル・ジャクソン」ヒストリーの決定版!!

内容(「BOOK」データベースより)

マイケル・ジャクソン公認のファン雑誌「オフ・ザ・ウォール」編集長エイドリアン・グラントが、マイケルの活動すべてを徹底調査し、時系列にそって詳細に記録。何年何月何日、マイケルに何があったのか?本人の発言録や貴重な写真もまじえて、その全生涯を圧巻のボリュームで追体験できる、マイケル・ジャクソン・ヒストリー決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 500ページ
  • 出版社: ユーメイド (2009/11/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4904422066
  • ISBN-13: 978-4904422069
  • 発売日: 2009/11/10
  • 梱包サイズ: 18.4 x 13 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 248,756位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
待望の復刊です。この本は,以前「マイケル・ジャクソン観察日誌」として出版されましたが、長らく絶版となっており、オークションで高値がつくこともしばしばありました。 今回の復刊はマイケル逝去後、改訂されたものを翻訳したものです。
この本記述の仕方は、19◯◯年◯月○日 ・・・・ といった感じでマイケル誕生から追悼式までを記述しています。
感想は、「よく調べているなぁ」といった感じです。帯の『「マイケル研究」の絶対的なバイブルである!』と西寺郷太氏が書いた推薦文は嘘ではありません。
グラント氏と吉岡氏のあとがきが心に響きました。引用させて頂くと
「人々がもっとも大騒ぎしたのは、彼の肌の色をめぐってのようだ。これは僕が最もマイケルがかわいそうに思えるところだ。というのは、彼が本当に白班と呼ばれる肌の状態の持ち主だからである。それでも、メディアの大半は彼の青白さや太陽から隠れる事実をあざけり笑った。もし日焼けをしている誰かを見かけて、君は悪口を言うか?マイケルは治療のできない肌の病気にかかっていた。・・・中略・・・何度も彼に会ううちに、彼の肌のあちこちに斑点が現れているのが見えた。これは白班の共通した症状である。」(グラント氏)
「マイケル・ジャクソンのアルバムは、いつ何年後に聴いても、そこに新発見がある。それはいいサウンドで聴けば聴くほど
...続きを読む ›
コメント 180人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 taos 投稿日 2013/11/4
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
元々出ていた物に、死後の追記がされているバージョンです。
自分の歴史とマイケルがその時に何をしていたんだっけ?とふと思うと広げる本です。
Long live the king.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ページをどれだけめくっても、記録、記録、記録…。筆者の感情は一切なし。なのにそれなのに、あまりにも淡々とした記述のそこかしこから、さらさらとこぼれでる、筆者のマイケルへの愛情。マイケル本はたくさん持っていますが、間違いなく一番の作品です。記録のみだからこそ、真実のマイケルの姿が見えてきます。筆者と訳者に心からのハグを送ります(いるかなあ?(笑))。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ざっと見てみると、他のカスタマーレビューに書かれている通り「○月○日〜をした」というような形態で書かれています。また、著者の考え等は含まれておらず、淡々としています。

ハリーポッターの本くらい厚く、表紙はおしゃれですし、一枚一枚の紙も「良い素材の紙が使われているのかな〜」と思います。

マイケルについて初めて知る事が多く、とても勉強になります。これは永久保存版ですね!私は、自分の誕生日にマイケルは何をしていたかなど、楽しみながら読んでいます。

マイケルの発言集は、マイケルの人柄や心の訴えが伝わってきます。また、ファンとしてはつらくなる部分もありますが、感動する部分や見習うべき部分がたくさんあります。私の好きなページです。

マイケルには誤解が多く、悲しくなることが多い私ですが、著者のあとがきを読んで救われる思いでした。マイケルについて知りたい方は、是非買ってみてください!
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
自分がファンになったのはオフザウォールの頃からなので、当時日々の彼に何があったかを辿りながら少女だった自分を思い出します。あの頃どんな想いでマイケルを聴いていたか・・・。スリラーでグラミー賞を総なめにした授賞式をテレビで観て興奮したあの時の自分。ビクトリーツアーに行けないもどかしさにバタバタしながらアメリカの雑誌を買っていた高校時代、BADツアーを後楽園球場に観に行って涙した日、その後も読み進めると「その時代の自分自身が見つめるマイケルへの想い」に胸がいっぱいになります。裁判から2009年に進むにつれ、自分はファンとして彼にもっと何か出来なかったのだろうか・・・?1958年の彼の誕生でスタートして2009年の最後のページはとても言葉にできません。マイケルの栄光や誹謗中傷、プライベートでの喜びや悲しみ、怒り・・・それが何であろうとも全ては2009年6月で終わり、もう何も書き足す事はできない。読み方は人それぞれでしょうが、彼の歩いた50年間の足跡を後ろからゆっくり辿るのに最高の本です。エイドリアン・グラントさん、吉岡正晴さん、お疲れ様でした!!
コメント 110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「マイケルジャクソン観察日記」以来、グラント氏の著書や作品は大好きです。実に誠実に忠実に、膨大な記録を書き留めながらも、目線は私たちファンと同じなので、とても親近感を覚えます。「エンターテイメントの世界におけるマイケルの輝かしいキャリアの背後にある事実だけを届ける。」と、あとがきにもあるように、個人的意見も第三者の意見も皆無です。細心の配慮が払われてもなお、「記録」からはマイケルの非凡さ、人間性、そしてマイケルに対する筆者の敬意と愛情が読みとれます。他の方のレビューにもありましたが、マイケルには我々が憧れるものを手中にできる財力があった、それだけの違いです(ガンダム見たさにお台場に詰めかけた三十代四十代の男性陣と何ら変わりはない)。そんなマイケルの、唯一無二であり、同時に素朴でありきたりな両面が垣間見えます。巻末に収められた「マイケル発言集」にはマイケルの信念と苦悩、愛情が垣間見え、胸が熱くなりました。私的には「マイケルジャクソン仮面の真実」のような類の本は不要・無用です。このコメントが少でも参考になれば幸いです。
コメント 257人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー