キャッシュフロー 101 (日本語版) がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 32,780
通常配送無料 詳細
発売元: SETO書房
カートに入れる
¥ 32,441
+ ¥ 500 関東への配送料
発売元: hobby book38
カートに入れる
¥ 33,750
通常配送無料 詳細
発売元: ヨッシーのお店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

キャッシュフロー 101 (日本語版)

5つ星のうち 3.5 31件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 32,700 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、せいかつ応援ショップが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 32,441より 中古品の出品:12¥ 18,500より
  • サイズ(約):[パッケージ]幅39.3×奥26.7×高5.4cm
  • セット内容:ゲームボード、ルールブック、職業カード×12枚、
  • :ねずみとチーズのこま×各6個、ダイス×3個、各色トークン、お札セット、鉛筆×6本、
  • :ねずみとチーズのこま×各6個、ダイス×3個、各色トークン、お札セット、鉛筆×6本、

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら

出品者のコメント: ■新品未開封商品です。■購入後、アマゾンより24時間以内に発送します。



製品概要・仕様

  • 世界初の「金融・財務・投資」を楽しく学べるファイナンシャル教育ボードゲームです!!
  • 対象年齢:10歳から
  • 電池:不要
  • (c) cASHFLOW(R)Technologies. Inc.

よく一緒に購入されている商品

  • キャッシュフロー 101 (日本語版)
  • +
  • キャッシュフロー 202 (日本語版)
  • +
  • 改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる (単行本)
総額: ¥47,402
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

詳細情報
対応言語日本語 published
発売日:2005/8/5
最大プレイヤー数6人
組み立て式いいえ
電池使用いいえ
電池付属いいえ
リモコン付属いいえ
対象性別男女共用
  
登録情報
ASIN4896372166
おすすめ度 5つ星のうち 3.5 31件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング おもちゃ - 10,372位 (ベストセラーを見る)
発送重量2.3 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2006/10/11
  
ご意見ご要望

さらに安い価格について知らせる
この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

 

商品の説明

商品紹介

★初心者~中級者向け★
「会社や税金のためにだけ働く毎日からぬけだすためにはどうすればいいのか」を学ぶためのゲーム。
金持ちになるための概念が自然に身につくとともに、会計、金融、投資についても理解が深まります。
プレーヤーは始め「ラットレース」と呼ばれる円をまわります。
これは「給料のために懸命に働く生活」を表しており、プレーヤーは、この輪をまわりながら、株や不動産、ビジネスなどに投資を行い、ここから抜けることに挑戦します。
ファイナンシャルIQを早く簡単に高める方法、お金持ちがお金について考えていること、給料が少なくてもお金持ちになり経済的自由を手に入れる方法、資産がお金を生み、そのお金が自分の為に働いてくれる方法などをキャッシュフロー101で学べます。

Amazonより

   ロバート・キヨサキが考案した、お金持ちになるためのアイデアがつまったゲーム。楽しみながら、会計、金融、投資について学び、ファイナンシャルIQ向上を狙いたい人に。
   プレーヤーはまず「給料のために懸命に働く生活」を表す「ラットレース」と呼ばれる円をまわるところからスタート。この円をまわりながら、株や不動産、ビジネスなどに投資を行っていく。
   ファイナンシャルIQを早く簡単に高める方法、お金持ちがお金について自分の子供に教えていること、給料が少なくてもお金持ちになり経済的自由を手に入れる方法、資産がお金を生みそのお金が自分のために働いてくれる方法などを学び、「ラットレース」から抜けることに挑戦しよう。
   ほかに、より高度な内容のゲームカートを使ってプレイする『キャッシュフロー202 (日本語版)』や、子ども向けの『キャッシュフローforキッズ』もある。

セット内容
・ゲームボード
・ルールブック
・職業カード12枚
・ゲームカード
  (スモールディール56枚・ビッグディール42枚・
  マーケット42枚・ドゥーダッド42枚)
・ねずみとチーズのこま各6個
・ダイス3個
・各色トークン
・お札セット
・鉛筆6本
・ゲームシート1冊



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

この製品はお金について学ぶゲームで、ゲーム自体には問題はありません。
マルチ商法の問題もありますが家庭でする分には何も問題はありません。
ただ何が一番おかしいかというとこのゲームの価格です。
アマゾンUSAでは59ドルです。つまり6000円程度です。
おかしいぐらいに値段を釣り上げるマイクロマガジン社。
この会社が嫌いな訳ではないですがこの点に関してはどうなんでしょうね。
今はアプリも出てるのでそれをダウンロードした方がいいでしょう。
英語が分からない方はわざわざ購入する価値はないと思います。
他の経済やお金に関する本を購入するほうが有益でしょう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本作はエデュテイメントとして最適なツールである。

目的は「貸借対照表を書くことを覚えること」に尽きる。

日本人はよくお小遣い帳をつけろと教育するが、
小遣い帳はあくまでも現在のお金の総量の変化に過ぎない。

でも本当に必要なのは、収入に対するバランスと将来へむけた資産管理ではないのか。
このゲームはそのためのひとつのツールを遊びながら学ぶことができるのである。

教育ツールとしてのできは秀逸で、
簡単なルールで(人生ゲームくらいの難易度であろう)
1、2プレイすればしっかりと、表が書けるようになっているのだから、
満点以上をあげることに何の問題もない。

ただ、ゲームバランスとしてみると微妙である。
ゲームとしてみた場合、正直1000円でも買わないくらいの代物である。
この辺については、あげてもきりがないので、
他のレビュアーさんの弁を参照願う。

2、3回プレイして、貸借対照表がしっかり書ける
実生活への影響を考えれば、新品で買っても一生で十二分に回収できる額なのでしょうが、
何度もプレイするゲームではないので、
できれば持っている人を探して安く譲っ
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/2
お金から自由になりたい・・・そんなあなたの望みをかなえてくれるゲームです。
プレイヤーはまず、ラットレースと呼ばれる中央の円に配置されることになります。
それから、各プレイヤーに職業が与えられ(職業を自分で選べないところが面白い)、
毎月給料を貰いながら、さまざまな支払をこなし、ひたすらチャンスが来るのを
待ちます。
チャンスが来たら、一気に投資します。株式、債券、投資信託、不動産、会社買収など、
どのチャンスをものにするかは、あなた次第です。
運に翻弄され、なかなか思うようにいかないところが、また現実的で面白いです。
毎月の支払額(ローン、食費、教育費、育児費、税金等)を、不労所得が上回れば、
あなたはめでたく、ファーストトラックに移行できます。
ファーストトラックでは、あなたのやりたい放題です。ビジネスに投資するもよし、
南の島を買うもよし、贅沢のかぎりをつくせます。
また、私はこのゲームで、貸借対照表、損益計算書の本当に意味を把握することが
できました。
感謝!
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mike 投稿日 2012/11/30
貸借対照表などを鉛筆で書いたり、消しゴムで消したりして学ぶだけのゲームです。

当時はインパクトもあり、非常に楽しめましたが、
何度かやるとスグに飽きてしまいます。

というのもゲームとしてみると??な部分が多すぎます。

1)まずバランス、とにかく安い株、ROIの高い物件を引いたら
 借金して購入する。
 これだけでクリア出来ます。
 株が紙くずになったり、物件に被害がでるなんて現実に起こりえることは
 全く心配いりません。
 何故ならロバートキヨサキ氏が不動産で成功した時代通り
 このゲームも右肩上がりの経済で成り立っているからです。
 これでは緊張感がありません。

2)コンポーネント、2万という非常に高価なボードゲームであるにも関わらず
 なんの味気もないカード・・・イラストすらありません・・・
 これではDoodadが単なる罰金マスです。
 現実世界ではお金を消費して楽しんでいるのですからせめて紙のチップでも
 くれればよいのに・・・
 「ディセント第2版」を見てください。
  定価9800円で40体等のフィギュア、そして数々のコンポーネントです。
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す