中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった 単行本 – 2007/9/21

5つ星のうち 4.7 62件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 466 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「最悪の選択肢は、何もしないこと」。そんな言葉で締めくくられた1通のメールから、すべては始まった。
自分で選んだ人生を生きようと決め、いまや世界が注目する社会起業家となったジョン・ウッドは、私たちにこう問いかける。
「僕は、『できない理由』ではなくて『どうすればできるか』を考えたいんだ。君はどうだい?」
――彼の言葉にあなたがアクションで応えるとき、世界は変わりはじめる。

マイクロソフトに入社するや頭角を現し、30代前半で早くもオーストラリア・オフィスのマーケティング・ディレクター。
それが、本書の主人公ジョン・ウッドのそもそもの肩書きだった。
企業戦士の“特殊部隊”として働きづめの毎日を送っていたウッドは、あるとき休暇をとってネパールのトレッキングに参加しようと思い立つ。
都会の喧騒とはいっさい無縁の美しい風景。
だがそこで、ウッドはネパールの厳しい現実をも目の当たりにする。
たまたま立ち寄った地元の学校では、どう見ても定員35人の教室に70人の生徒たち。つづいて案内された図書館には、わずか数冊の本しかない。
ダニエル・スティールの恋愛小説(表紙では服のはだけた男女が抱き合っている)、ウンベルト・エーコの分厚い小説(イタリア語)、ロンリープラネットのガイドブック(モンゴル版)……。
バックパッカーが置いていった本は、幼い生徒にはむずかしすぎた。
ウッドはこのとき、校長とひとつの約束をする。子供たちが生涯、本を好きになれるようなすばらしい図書館をつくるために、本を持って学校に戻ってくると。
カトマンズの市街地に戻った彼は、インターネットカフェから150人の友人知人にメールで訴えかけた。
「だから協力してください! 送料や手数料は、すべて僕が負担します。友だちにも声をかけて! だれだって、人生で何かを変えたいと思っている。そのチャンスです。
みなさんにとっては小さなことでも、貧困と故郷の孤立ゆえに教育を受けられない子供たちにとっては、大きな変化を起こせるのです。
最悪の選択肢は、何もしないこと」――。

あれから9年。
マイクロソフトのマーケティング・ディレクターは、途上国の教育機会を支援する組織「ルーム・トゥ・リード(Room to Read)」のCEOになった。
これまでに建設した学校は287校、図書館3540カ所、届けた本は140万冊(2007年6月現在)。
短期間でこれだけの成果をあげることができた秘訣の数々を、ウッドは本書で明かしている。
彼の功績は本国アメリカでも称えられ、いまや押しも押されもせぬ社会起業家として世界各国の人々の耳目を集めるところとなった。

もしもあなたが、世界を変える手助けをするために自分の人生を少し変えてみようと思っているなら、ウッドのメッセージに耳を傾けてほしい。
そして、彼の呼びかけに行動で応えてほしい。
たとえそれがどれほど小さなことであっても、あなたのそ

著者について

ジョン・ウッド
ケロッグ経営大学院でMBAを取得後、数年の銀行勤務を経て、1991年にマイクロソフトに入社。
30代前半で国際部門の要職に就き、オーストラリアと中国に赴任した。
大中華圏の事業開発担当重役を務めていたとき、人生の針路を転換して、
途上国の子供に生涯の教育という贈り物を届け貧困のサイクルを断ち切るために、てを差し伸べようと決める。
1999年、年末にNPO「ルーム・トゥ・リード」を設立。
ネパール、インド、スリランカ、カンボジア、ラオス、ベトナム、南アフリカ等で識字率向上のために活動している。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 武田ランダムハウスジャパン (2007/9/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4270002484
  • ISBN-13: 978-4270002483
  • 発売日: 2007/9/21
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 62件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 220,711位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「泣いた」「感動した」「元気をもらった」。この欄のレビューをはじめ、ネット上にそんな感想があふれかえっているのを知り、ちょっとばかり眉につばをつけて読みはじめた。

 泣かなかった。たしかにジョン・ウッドの行動力はすばらしいし、「考えることに時間をかけず、飛び込んでみること」ということばは胸に染みる。けれども、むしろ印象に残ったのは、とても大胆にみえるウッドの行動がつねに緻密な判断力に支えられている点だった。

 ウッドは「ルーム・トゥ・リード」の運営に、マイクロソフトで学んだ原則を応用している。結果を最重視すること、具体的な数字を大事にすること、上司と部下のあいだに「双方向」の忠誠心をつちかうこと。どれもあまりにシンプルだけれど、貫くのはむずかしい。マイクロソフトのナンバー2,スティーブ・バルマーに大きな影響を受けているウッドの戦略は、規模の大小や、利益を求めるかどうかにかかわらず、どんな組織にも重要なように思える。この本は「涙と感動の物語」ではなく、冷静な組織論として読んでも得るものがある。

 原題の「マイクロソフトを辞めて世界を変える」を、この日本語タイトルに置き換えた編集の手際が光る。矢羽野薫による翻訳はリズムとスピード感にあふれ、ウッドの挑戦をじつに小気味いいことばでつづっている。世界を飛び回ってプレゼンテーションをしている彼の声が聞こえてきそうだ。
コメント 104人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
作者の生き方に拍手を贈りたくなるような素晴らしい本です。
読み終えると、自分の生き方を振り返ると共に、きっと「自分も世界の恵まれない子どもたちのために一歩踏み出そう」という想いを起こさせてくれることでしょう。
素敵な本に出会えてよかったなあという、清々しさでいっぱいです。
勇気と感動をありがとうございます!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
だいぶ前に購入していた本ですが、ようやく読み終えました。

感動しました。

本書では、著者がマイクロソフトを辞めて、NPO「ルーム・トゥ・リード」
を立ち上げ、多くの国で支援活動が行えるようになるまでの経緯が書かれています。

この本には重要なポイントが3点あると思います。

1 現状の生活(地位や大切な人)を捨てて、新しい環境(自分が本当にやりたいこと
  )に飛び込むことができるか?

・人がうらやむような地位にあり、十分なお金を持っている現状から 先が見えない
 環境に飛び込むことは、相当な勇気が必要だったのではと思います。
 しかし、自分が本当にやりたいことを実現させるためには、何かを
 捨てなければいけないのでしょう。

2 マイクロソフトでの経験を、NPOに生かしている。

・著者がこれだけ偉大な成功を収めたのは、NPO活動にマイクロソフトで学んだ
 経営ノウハウを取り込んでいるからだろうと思います。
 経験を無駄にせず、生かしているところはサスガです。

3 人にものを頼めるか?

・人にものを頼むことって、難しいことだ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とあるクリエイターがおすすめしていて読んだ本。
題名から、マイクロソフトを捨ててまで起業をした著者は
どんなギラギラとした熱意に溢れた人なんだろう、
と思って読み進めてみたら、確かに熱意には溢れた人であったが、
並ならぬ責任感と誠意に溢れたジェントルマンであることに驚いた。
写真の中の著者はどの笑顔も、とても穏やかである。

「大胆な目標は、大胆な人びとを引きつける」と書いているが、
彼はただ、大胆な目標だけを打ち立てたわけではない。
それを実現するための道筋をしっかり示し、
きちんと応えるからこそ多くの人々が彼に忠誠するのだろう。
まるで、マイクロソフト社の中で彼がスティーブバルマー氏に
忠誠を誓ったときのように。(バルマー氏の話の章はおもしろい)

マイクロソフトでは確かに出会えなかったかもしれない。
でも、マイクロソフトにいなかったらいまのジョンウッド氏も
ルーム・トゥ・リードの活動もありえない。
そう考えると人生は縁の巡り合わせでできているし、
ほぼすべての人が読み書きが出来る
この日本という裕福な国に生まれたことも、
そしてこの本に出会えたことも縁なんだと思う。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー