中古品:
¥ 1,780
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 PROMiSE
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★【内容物】ケース・ディスク×3枚・リーフレット。【状態】ケースに若干のスレ等がございますが、使用感少なくきれいな状態です。商品は簡易クリーニング後に丁寧に梱包しAmazonより発送いたします。細心の注意を払って出荷しておりますが、不具合等ございましたら評価前にご連絡を頂きますようお願いいたします。迅速に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マイウェイ 12,000キロの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

5つ星のうち 2.9 55件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 2,980より 中古品の出品:9¥ 1,267より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でマイウェイ/12,000キロの真実 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: オダギリジョー, チャン・ドンゴン, ファン・ビンビン
  • 監督: カン・ジェギュ
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語, 韓国語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2012/06/06
  • 時間: 143 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 55件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B007KH9GMY
  • JAN: 4988135919847
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 72,199位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

<オダギリジョー チャン・ドンゴン共演>
「シュリ」「ブラザーフッド」の監督が圧倒的スケールで描く、戦争アクション・スペクタクル! 
実話から生まれた新たなる感動傑作、ここに誕生。


<収録ディスク>
ブルーレイ本編+DVD本編+DVD特典映像ディスク
 
初回限定版はボーナスディスク付きの3枚組仕様!
 
【特典映像】※ボーナスディスク収録
・撮影現場メイキング映像
・キャスト&スタッフ インタビュー映像
・イベント映像集
・劇場公開時放映特番
 
【特典映像】※本編ディスク収録
・劇場予告、特報、 TVスポット
 
※上記特典内容は変更になる場合がございます
 
 
<これは、一枚の写真から始まった真実の物語>
 
第2次世界大戦末期、連合軍が捕らえたドイツ軍捕虜のなかにひとりの東洋人がいる、アメリカ国立公文書館に保管されていた実在の写真。
カン・ジェギュ監督はこの一枚の写真から独自のイマジネーションを膨らませ、時代によって翻弄された二人の青年の壮大な物語へと昇華させた。
 


<圧倒的スケールで描かれたド迫力映像!>

撮影期間9 カ月、総撮影カット数5700、240 日間に及ぶ大陸横断ロケ、総スタッフ数7000 人のハリウッドを越えた特大スケール!
観たものを戦場に送り込む、ド迫力映像はあの「プライベート・ライアン」をも凌駕する。



内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ブラザーフッド』のカン・ジェギュ監督がオダギリ ジョーとチャン・ドンゴンの主演で贈る戦争アクション。日本占領下の朝鮮で出会った辰雄とジュンシク。日本、ソ連、ドイツの軍服を着て戦うこととなった彼らの運命を綴る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
事実に基づいて制作された等と書いてありますが殆ど現実的にはありえません。
兵器や表現等細かい所を気にしなかればシュールでまあまあ楽しめると思います、字幕版と書いてありますが、日本人と朝鮮人の会話は日本語です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
戦闘シーンも抜群です。

この映画が反日だというのは解りそうで解らない理屈なので、嫌韓の素養がある人の屁理屈でレビューも汚染されてます。参考になりません。
個人が感想を述べるのは良いですが、先入観で正しい評価が下せない人にはレビューはして欲しくないですね。
平均修正の為にも★5と予めこのレビューにも「参考にならない」が付くでしょうがそれも参考にならないと予言しておきます。

日本軍が悪役に描かれてますが、当時の日本はナチスドイツの盟友で今の日本とも違います。
ナチスドイツは映画で悪役の常連なのに日本軍が悪役で描かれるのを許せないのは理屈に叶わないアレルギー反応ですね。
そしてオダギリジョーの役柄は経緯と結果でチャン・ドンゴンと友情や絆を結ぶので、反日というより日韓友好が暗喩として描かれてます。
そしてこれは日本側へのアプローチだけでなく、責めるのはやめて手をさしのべよという、韓国人もこうあらねばならないという理想が描かれてます。反日に対するアンチテーゼです。
ラストは在日朝鮮人の逆転の存在としての日本人が描かれてます。

これらを理解出来てないのは多分中盤まで観て最後まで観てない人が大半なんではないでしょうか?と思うぐらいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
たった1枚の写真を元に創作したた映画だけど、面白かったです。何が運命を変えていくのか。一般市民の運命が翻弄されるストーリーで、見応えがありました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
予告編と宣伝文句に騙されて買ってしまいました。
裁判で懲罰的に徴兵された人が本当にいたのかどうかは知りませんが、朝鮮人には徴兵制度が無かったので日本軍にいたのは、士気の高い志願兵が多かったはずです。朝鮮出身者も当時は日本人だったので、差別的な扱いがこれほどまであったとも思えません。また祖国(当時は日本)のために勇敢に戦った先人たちをこのように描くのは、むしろ冒涜ではないのかとも思えます。
ストーリーは「真実」どころか、完全なファンタジーです。
戦闘シーンも、彼我入り乱れての肉弾戦ばかりでむしろリアリティに欠けます。他の方も書いているように、どんな狙撃の名手でも小銃で航空機を撃墜するのは、まず不可能です。
日本、朝鮮、ロシア、ドイツ、どの国の人が見ても、カチンとくるでしょうね。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
妄想ですね
でてくる日本兵がどいつも糞で
事実の話かと思い検索かけたら
ヒットしない、、、えッ?? 妄想、?
アマゾンの評価をみたらこの惨状

まあ外国人がこれが事実だと思っているなら
靖国神社がにくいわけですね
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 りぃ 投稿日 2012/7/14
形式: Blu-ray
この映画、韓国では親日、日本では反日と言われ
評判が悪いみたいですね。

これを史実と言っちゃいかんだろうとは思いますが
それは他の方もおっしゃっているので割愛して。

映画だからある程度のドラマ性が必要かと思いますが
それにしても、リアリティが無さすぎる事に驚きました。

マラソンのシーン、明らかにマラソン選手じゃないだろうと言う体格の方が混じってる。
というのはご愛嬌としても、
主人公二人が不死身過ぎます。
手りゅう弾で吹っ飛んでも生きてる。
作業をしていても凍傷になるような環境の中で
薄着で吊るされても凍傷にすらならない。
戦闘をしてけがをしながら雪山越え。(大した装備も無く)
この雪山越えのシーンでは、戦闘をしてけがをして少しの食料しか食べていないのに
ジュンデが町を見付けて走り出すわ、辰雄を背負うわ
超人か何かか?と思うくらいの体力。

ジュンデは耳を負傷して聴力が落ちているはずで
近くで普通の声で話しても、作業終了のベルが鳴っても気付かないのに
内緒話の小声はちゃんと聞こえているし。

都合の良いように描きましたという場面が多く目につ
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー