中古品の出品:4¥ 6,235より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ポール・グリモー短編傑作集 [DVD]

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:4¥ 6,235より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 監督: ポール・グリモー
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: フランス語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アイ・ヴィ・シー
  • 発売日 2003/05/25
  • 時間: 75 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00008VHDI
  • JAN: 4933672227740
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 157,691位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

『王と鳥』(『やぶにらみの暴君』改作)で有名な、フランスの伝説的アニメ作家、ポール・グリモーの短編を集めた1988年作品。ポール・グリモー自身が、フィルムを投影する「ターニングテーブル」の上で、自らが生み出したアニメキャラクターたちとともに過去の作品を楽しむ…という趣向。実写部分の監督を『シェルブールの雨傘』などのジャック・ドゥミが担当し、『やぶにらみ〜』で羊飼いの娘の声を演じていた女優アヌーク・エーメも特別出演するなど、フランスが誇る当時の映画人たちとのコラボレーションも見られる。
   1931年のCMフィルムから、戦時中の作品、終戦直後の1947年に製作され多くの人の心をとらえた「小さな兵士」、さらにこの作品のために撮りおろされた「王様の道化」まで、紹介される短編の製作時期は実に50年以上に渡る。中でも、クリエイターとして脂がのっていた時期である1940年代の作品では、シンプルな動きの面白さと、荒削りながら鮮烈な叙情性を堪能できる。(安川正吾)

内容(「Oricon」データベースより)

ポール・グリモーの業績と足跡をたどる短編集。「こっくりさんの会」「音符売り」「大熊座号の乗客」ほか全10編収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

恥ずかしながら、筆者はポール・グリモーの存在も知らずに本DVDのジャケットで判断して購入しました。普段見慣れている往年の西洋アニメ(特に米国産)のつもりで見ていると間違いなく肩透かしを食らうのではないのでしょうか?
全体的に物悲しく、思い通りに行かないストーリー展開。衝撃的でした!
改めて各短編集の製作年を確認してさらにびっくり!
「こっくりさんの会」の1931年から「王様の道化」1988年までなんと50年以上にわたって同じ雰囲気を感じさせてくれるのはまさに神業!
この作品を直感的に選んだあなた!その直感だけを信じてまず御覧あれ!
期待を裏切ることはあってもそれを超える衝撃があるはずです!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
唯一の長編「やぶにらみの暴君」(改作「王と鳥」)で世界アニメ史に残るポール・グリモーの短編集というのがメイン・タイトルになっていますが、むしろ彼の全キャリアを総括した一本の映画と言えます。実写による処女作から、代表作「避雷針泥棒」や前述の長編への布石となる「小さな兵士」、さらに本作品のための新作まで、彼のフィルモグラフィーを俯瞰することができます。

しかし、短編をただ並べたというのでなく、実在の製作スタジオを舞台として、本人が実写で出演し(実写部分はジャック・ドゥミ監督)、短編に登場するキャラクターたち(実写にアニメが合成される)と共に自身の作品を振り返る構成となっています。原題の「ターニング・テーブル」とは、それらの短編を次々に映し出す映画の編集装置のことなのです。

グリモーはジャック・タチ監督に乞われて「ぼくの叔父さん」に俳優として出演した経験もありますが、本作の中では、コマ撮りを応用してアニメーションの原理を易しく解説したり、未完成作品について戦争で製作が途切れてしまったという裏話を寂しげに語ったりしています。偉大なアニメの先駆者というより、子供を慈しむ優しい人柄が覗えます。

羊飼い娘の声を担当した女優アヌーク・エーメの出演というサービスも忘れていません。その背景の壁には「やぶにらみの暴君」の日本版ポスターが貼
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す