ポートレイト・イン・ジャズ 和田誠・村上春樹セレク... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

ポートレイト・イン・ジャズ 和田誠・村上春樹セレクション

5つ星のうち 4.5 112件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,592
価格: ¥ 2,112 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 480 (19%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,112より 中古品の出品:6¥ 1,200より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ビル・エヴァンス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ポートレイト・イン・ジャズ 和田誠・村上春樹セレクション
  • +
  • Waltz for Debby
  • +
  • Kind of Blue
総額: ¥5,079
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1998/6/20)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 収録時間: 51 分
  • ASIN: B00005681R
  • JAN: 4988009868097
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 112件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 85,031位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:19
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
5:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
5:22
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
4:32
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
4:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
3:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
4:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
5:05
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
4:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
5:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
4:27
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

メディア掲載レビューほか

新潮社より発刊のジャズ・エッセイ集「ポートレイト・イン・ジャズ」の内容に基づくコンピレーション。全11曲を村上春樹が選曲、和田誠のイラスト・ジャケット、村上による書き下ろしエッセイ付。 (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
アマゾンでは同一タイトルへの評価がまとめられる仕組みになっていますが、この、ジャケット左下に四角で囲った白文字でOriginal Recordingと記された商品は、正規のマスターから作られたものではないようです。

Portrait in Jazz

OJCのCDでは、三点定位ながら抜けのいい音で、ベースも低音が効いてますが、こちらはほとんどモノラルに近く、高音がこもって、低音も貧弱です。曲数もLP発売時と同じ9曲で、正規盤にある2曲のボーナストラックがありません。もしかして、モノラルプレスのLPのコピーかもしれないと思いましたが、完全なモノラルではなく、わずかにベースが右寄り、ドラムスが左寄りに聴こえます。

よく見ると、ジャケット写真のエヴァンスの肖像はトリミングされており、タイトルの文字もよく似ているが違うフォントです(縦線がやや細い)。

著作権切れとは言え、粗悪なコピー商品を明記せずに販売するのはいかがなものでしょうか。取り扱いの停止あるいは正規盤と別扱いを望みます。
...続きを読む ›
コメント 126人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
CDの内容はすでに皆さん書かれており、上乗せすることも削ることも全くないので、私のエピソードを。
私は中学生の時からジャズが好きでしたが、両親は全く興味がない様子でした。車で同乗しているときにJAZZのCDを流すとラジオに切り替えられることもしばしば。
そんな、私が父に車を貸したある日、帰宅した父はどこか上の空です。私が訊ねると恥ずかしそうに「おまえの車で流れてたCD、いいな」と言い出しました。私と父が音楽について話したはじめての会話です。それから父はJAZZを聞き始めました。
父はもう定年近くで、日ごろ音楽を聴くことも少ないのですが、そんな父の心をも揺さぶったこのアルバム。
ぜひとも皆様にも聞いていただきたいと思います。
コメント 191人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このCD「Portrait in Jazz」の中の1曲、Autumn Leaves 「枯葉」は、何回聴いてもすばらしい。ビル・エバンスのピアノ、あのタッチ、何とも言えないほど感動的である。ラファロのベースの弦がはじける音もすばらしい。この「枯葉」1曲だけでも感動にひたれる。この「枯葉」が聴けるだけでこのCDを持っている価値がある。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジャズには、以前から興味はありましたが、あまりにも奥が深そうで、なかなか手を出せませんでした。
そんな時、村上春樹さんと和田誠さんのコラボレート作品である、同タイトルの本があることを知り、CDとともに購入しました。
結果は…。評価でつけた星5でもお分かりのように、とてもよかったです。
少し悲しいような、トーンがあり、はじけるようなパッセージもあり。
このCD1枚で、ジャズの懐の深さに少し触れたような気になれました。
自分でこの作品たちにめぐり合うには、たぶん遠回りしすぎて、息切れしていたと思います。この一枚にめぐり合えたことは、ラッキーだったと思います。
でも、ちょっとずるいのかもしれません。あまりの近道で。
ジャズの初心者にも、村上春樹さんの小説が好きな方にもお勧めの1枚です。
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「枯葉」「Blue in Green」の別テイクが入っています。
特に「枯葉」はいいですね。ポール・モチアンのドラムはあえて”叩かないこと”で存在感を数倍にもしています。緊張感がたまらないです。
同じメンバーでの別テイクを聴くと、「Jazzってなんだ?」が少し見えてきます。まさに瞬間瞬間での音の会話。予定調和でない偶然と才能が生み出す紡がれた音たち。
「When I Fall In Love」「Spring Is Here」の美しいバラードも聴きどころ。
買って絶対損はありません。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
当時最高の人気を誇っていたマイルス・デイビスのバンドに抜擢されたビル・エバンスは、黒人ミュージシャンたちから逆差別を受けて苦しみ、麻薬癖がひどくなっていったと言われている。抜群のテクニックと楽理への造詣の深さでモードの完成に貢献しものの、麻薬癖に業を煮やしたマイルスからクビにされてしまう。白人のスコット・ラファロ(b)、ポール・モチアン(ds)とともに、三者が対等に渡り合うコンセプトを世に問うことになった。そのポートレイトは初陣を飾るべく、りりしさにあふれている。しかしラファロの自動車事故により、わずか4枚のアルバムを残して、このトリオはお終いになってしまった。

くっきりしたタッチ、美しい和声、疾走するドライブ感、息の長いフレーズをつむぐ構成力、バラードの絶妙な間の取り方。エバンスは麻薬に金が必要だったためか驚くほど録音が多いが、駄作はないと言われており、いつでもどこでも聴衆を魅了してきた。しかしこのアルバムは特に格調が高く、姿勢を正して聴かせるものをもっている。もしかしたらピアノに生涯を捧げたエバンスの、絶頂なのかもしれない。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー