¥ 2,160
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ポートランド・メイカーズ クリエイティブコミュニテ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

ポートランド・メイカーズ クリエイティブコミュニティのつくり方 単行本(ソフトカバー) – 2017/4/29

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/4/29
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 3,132

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ポートランド・メイカーズ クリエイティブコミュニティのつくり方
  • +
  • ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる
  • +
  • ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか:質を高めるメカニズム
総額: ¥6,372
ポイントの合計: 192pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介



ポートランドの魅力を構成する、クリエイション、スポーツ、オーガニックフード、クラフト、コーヒー、スタートアップの分野で、街にインパクトを与えているプレイヤーに山崎満広がインタビュー。
インディペンデント、イノベーティブ、サステイナブル、オープンなカルチャーから生まれる、街をクリエイティブにする方法論。

目次

クリエイティブなコミュニティのつくり方
山崎満広


街は人とその文化、コミュニティによってつくられる
ポートランドをクリエイティブにする6人に会いに行く
街のクリエイティビティを生みだすマインドとコミュニティ

chapter01 インディペンデントな都市に宿るクリエイティビティ
ジョン・ジェイ


仕事の原点
最高のクリエイティブワークをつくりだせる場所に行け
ナイキとのクリエイティブワーク
広告業界の常識を破る
クライアントと顧客の関係を挑発する
ポートランドから東京へ
四半世紀の街の変化
インディペンデントな精神がつくる街
チャイナタウンの再開発計画
居心地のよい場所にとどまるな
リミックスから生まれるカルチャー
クリエイティビティの本質

chapter02 Fail Forwardから生まれるイノベーション
南トーマス哲也


大阪のサッカー少年、アメリカへ
ナイキで働く
ロナウジーニョのスパイクをデザインする
ものづくりの限界をなくす、イノベーションキッチン
インスピレーションを得るために
スポーツを身近にする仕掛け
Fail Forwardという哲学

chapter03 Farm to Tableでつくる本物の味
田村なを子


オーガニックな食との出会い
惚れ込む食材に巡りあうまで
Chef Naokoをオープンして
オリジナルの日本食にこだわって
Farm to Tableを支えるしくみ
より多くの人に本物の味を届けるために
ポートランドという街

chapter04 オープンなものづくり、オーガニックなネットワーク
冨田ケン


26歳で起業
ある日突然売れだしたiPhoneケース
フレキシブルな組織づくり
クオリティと効率のバランス
最先端の生産管理システム
ユーザーの欲しいものと、自分たちのつくりたいもの
西海岸のオープンなものづくりのカルチャー
消費者と直接つながるオーガニックなマーケティング
ポートランドでものづくりを続けるために

chapter05 フェアでサステイナブルなコーヒービジネス
マーク・ステル


ブラジルで見つけた自分のミッション
コーヒー豆の焙煎で起業
ダイレクトトレードにこだわる理由
コーヒー農園の労働環境を改善する
卸売から小売へ、ビジネスモデルの転換
四半世紀を経たコーヒー産業の進化
人々が才能を持ち寄るシンクタンクのような街

chapter06 スタートアップのエコシステム
リック・タロジー


スタートアップ黎明期
クリエイティブとテクノロジーをつなぐ実験
コワーキング・インキュベーターからアクセラレーターへ
プラットフォームの運営方法
スタートアップにとって成功とは?
コラボレーションのカルチャー
スタートアップのプラットホームへ
人々がコミュニティのパトロンになる
街の未来にとって賢明な決断

内容(「BOOK」データベースより)

クリエイション、スポーツ、オーガニックフード、クラフト、コーヒー、スタートアップ。6人のプレイヤーによる街をクリエイティブにする方法論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: 学芸出版社 (2017/4/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4761526424
  • ISBN-13: 978-4761526429
  • 発売日: 2017/4/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ポートランドを拠点に活躍する業種の異なるポートランド人6人を紹介する本。ただ単に紹介してますよ~ってだけじゃない~!社会人になってから、とある業界に足を踏み入れた私は、目標とするロールモデルがいなくて、迷うことが多い。トライ&エラーというより、トライ&トライ&トライ、、ひたすらトライ、、、。日々迷ってもがいてる私にとって、この本は大きな刺激になった。土地も仕事も違うけど、彼らの信じる道を進む生き様を読んでるとピリピリくる。周囲の人を惹きつけるパワー、巻き込み力、自分の置かれた環境をより良くしていこうという想い、いいな。私もそうありたい。フリーランスの人はもちろん、新たな挑戦を始めようとしてる人、道に迷ってる!って人にもオススメします。
ポートランド行ってみたい!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ポートランドに興味がある人はもちろんのこと、住んたことがある人、極上のライフスタイルを探してる人、今後何をしようかなーって迷っている人におすすめな本です!!

Mitsu Yamazaki氏の二作品目となるこの本は、質の高いもの・食べ物を提供することにひたすらこだわる地元のプロフェッショナル6人との対談が中心。それぞれそこに行き着いたストーリーが垣間見れてパワーがもらえます。最初の作品も都市開発の観点から非常に勉強になり、何よりYamazaki氏のポートランドに対する熱い想いに引き込まれてしまうほどのものでした。

サイン会などイベントでお忙しいYamazaki氏ですが爽やかに笑顔で質問に答えてくれる素敵で尊敬する方です。
ますます第三作目も目が離せませんっ!!!

あぁ〜、ポートランドにまた行きたいな〜
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
都市開発、クリエイティビティ、スポーツ、オーガニック、クラフトビール、コーヒーなど、様々な文脈で話題の街ポートランド。著者は、そんなポートランドの市開発局(PDC)で働く日本人、山崎満広さん。
私自身ポートランドで暮らしたことのある身なので、「ポートランドってどんなところ?」と少なからず聞かれるのだが、本書は、その問いへの答えがひたすら詰まった本だ。山崎氏が対談する6人の魅力ある方々が、それぞれの形でポートランドらしさを体現している。

個人的には、本書で登場する「コラボレーション」というキーワードが、ポートランドらしくて好きだ。競争相手であってもオープンに協業できる文化というのは、「競争状態」とも異なれば、「チームワーク/チームプレー」といった言葉とも意味合いが異なる。自分の好きなことを、信念をもって続けながらも、柔軟に、自然に周囲とコラボレーションする6人との対談は、読むだけでワクワクする話ばかり。

忙しさで流れるように過ぎる毎日の中で、はっとする内容も多かった。何度も読み返したいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
読んでいると元気を貰える本。ポートランドに行きたくなります。
インタビューの対話のテンポとリズムが心地よい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告