通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ポーター教授『競争の戦略』入門 (ビジネスバイブル... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。きれいで使用感はさほどありませんがカバー(表紙)にスレ・ふちヨレが少々あります。記載のない付属品・特典等は付属しない場合がございます。ご了承ください。こちらの不手際により不備のある商品が届いた場合は、返品・返金に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ポーター教授『競争の戦略』入門 (ビジネスバイブル) 単行本 – 2004/1

5つ星のうち 4.5 26件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 516

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ポーター教授『競争の戦略』入門 (ビジネスバイブル)
  • +
  • コトラー教授『マーケティング・マネジメント』入門〈1〉 (ビジネスバイブル)
  • +
  • コトラー教授『マーケティング・マネジメント』入門〈2〉実践編 (ビジネスバイブル)
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 163pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、ポーター教授の名著『競争の戦略』を、「読みたい!でも難しいので読めない」「一度読もうとしたが挫折した」「そのうちに読もうと思っている」「読む必要性は感じているが、現在は部屋の飾りとなっている」方々に救いの手を差しのべる一冊です。できるだけ分かりやすく『競争の戦略』をかみ砕き、具体的な事例を多く取り込みました。さらにポーター教授の主張を体系的にまとめ、視覚的にも理解がしやすい工夫を散りばめてあります。

内容(「MARC」データベースより)

世界19ヶ国語で翻訳された経営学の最高峰に君臨するポーター教授の名著、「競争の戦略」を読みこなすための徹底ガイド。「分厚い」「難しい」原著をわかりやすくかみ砕き、具体的な事例を多く取り込む。


登録情報

  • 単行本: 330ページ
  • 出版社: 総合法令出版 (2004/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4893468332
  • ISBN-13: 978-4893468338
  • 発売日: 2004/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 50,862位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
経営戦略の名著であるポーター教授の「競争の戦略」を訳もわからず5000円も払って買ったビジネスマンは、私も含めて相当な数に上るはず。しかし私のように経営学や経済学の専門教育を受けていない者にとってあの「大著」を読み、理解し、そして吟味することは至難の業です。そんな哀れな方々にとって、きわめて身近な例で解説してくれる本書は非常に優れたガイドと言えるでしょう。「競争の戦略」とは一対一対応になってはいませんので、さらっと最後まで通読してから「競争の戦略」にチャレンジしたほうがよいでしょう。もちろん経営戦略の入門書としてもお勧めです。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ポーターの「競争の戦略」、「競争優位の戦略」は、「競争戦略Ⅰ、Ⅱ」などのコンパクト版と異なり原典と言われるだけあって奥が深い・・・というか、特に難しく思えるのは、大項目、中項目、小項目、最小項目・・・などとレベルの異なる記述が原書では箇条書きで全16章418ページにわたって際限なく説明が続き、構成自体が非常に複雑だからだ(ポーターの頭では、簡単に整理できているということ・・・)。
したがって、ガイドブックとしての本書の主題は「常に全体像を見失わない」ようにすることと、「ファイブフォースなどのフレームワークの全体からみた位置づけを体系的に捉えること」という2つにあると思う。
イラストがいささか軽いように見えるが、全ての見開きの左上に全体の位置づけがわかるミニマップがあり、さらに各章ごとにその章の詳細マップが必ずついていることが最大の付加価値であろう。
原典を読む際の地図代わりとして、読みながら頭の整理ができる。
コンテンツについては、基礎となるファイブフォースの概念(1章)に
原典の3倍ものページ数を割いて理解を促している。この基礎を押さえた上で、大前提となる三つの基本戦略の説明があり、第三章以降はそれらを踏まえて、具体的なチェックリスト形式で自分なりに深く分析できるように工夫されている。
ファイブフォースの簡単な説明はでき
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SSJ 投稿日 2004/4/26
形式: 単行本
とても分かりやすくまとまっています。
私も以前マイケル・ポーター『競争の戦略』に挑戦し、挫折した口なのですが、この本を読んで、「ああ、そういうことだったのか!!」と、初めてポーターの言わんとしていたことが理解できました。思わず興奮しながらページをめくり続け、一気に読破してしまいました。
『競争戦略』はビジネスマン必読の書であり、その内容を手軽に理解できるこの本はビジネスマンであれば必ず読むべき本だと思います。経営に携わってない人であっても、この本を読むことでビジネスに対する見方が大きく変わります。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
☆4つ

内容的には『競争の戦略』の重要な部分のみを抜粋してまとめた本であり、それ以上でも以下でもないが、

全体の論理構造をチャート化しているのは非常にわかりやすくてよい。

原書は良書であるものの分厚くて構造も難解であるし、経済学などの基礎知識を読者が持っているという前提で書かれているので、

いきなり原書に立ち向かうと「迷子」になってしまい、さまよい疲れて途中で挫折してしまいがちだが、

入門書で大枠の概念を押さえた後であれば、少なくとも迷子になることはないだろう。

見知らぬ街へ出かけるときには、事前に旅行ガイドブックを読むと不安も消し飛び、現地での行動も効率的になるが、

本書はまさにポーター教授の著書へのガイドブックとして位置づけるとその役割は高く評価できる。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ポーターの意図する領域まで完全に理解するのは難しいですね。
私個人としては、自分なりの気付きやメッセージの示唆を与えてくれる参考書としてこの本を高く評価します。

ポーターの書は、原著でもたくさんの指摘や批判があるくらいですから、読む人の理解度や理解の仕方によって評価が分かれるのは当然だと思います。

たとえば、本書でもアマゾン書評で間違いを箇条書きで指摘していた方はP56の「各競争業者が異質な戦略を持つと競争は激化(起きやすい)」と本文があり、イラストで「起きにくい」とコメントがあるのを指して(これはイラストのミス?)、本文を間違いとして指摘していましたが、実際は本文が正しく、イラストのコメントが間違いではないでしょうか・・・・この位、指摘する批評家も正反対のことを言って間違うくらいですからそれだけ複雑だということです・・・・)

このイラストのミスは増刷時には直して頂きたいですが、本文は正しいと思います。あとは個人の思い込みや説明の捉え方が違うので、受け止め方によって解釈が異なるといったところでしょうか。 いずれにしても原著とあわせて理解度を深めることで解明していくのがベストですね。

アマゾンの書評は、批評家が多い(ましてはこのあたりの分野になると)ため、著者に同情してしまうことも多いですが、解釈の違いによる議論は多いに結構だと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー