通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ポーターの『競争の戦略』を使いこなすための23問 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★アマゾン配送センターより直送の為、梱包が丁寧で発送が迅速です★ カバーにヨレやスレがあります。天地小口に薄いヤケ、小キズ、薄いヨゴレがあります。本文に線引や書込みはありません。帯付きです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ポーターの『競争の戦略』を使いこなすための23問 単行本 – 2012/4/20

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 227

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ポーターの『競争の戦略』を使いこなすための23問
  • +
  • フレームワークを使いこなすための50問
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 111pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

Q なぜ『競争の戦略』を実務で使いこなすのは難しいのか?
Q なぜ差別化の賞味期間はわずか3カ月なのか?
Q どうすれば差別化を次から次へと実現できるのか?

低価格競争というチキンレースを続ける牛丼3社に未来はない?
「粉」で突き抜けたハッピーターン、亀田製菓は7年連続売上拡大。
親の肌感覚で顧客ニーズを顕在化、ターゲット児童693万人に600万足売った「瞬足」……

ポーターの基本戦略を使いこなして、日本企業が競争力を高める方法が豊富な事例から学べる

多くの日本企業で現状を打破する経営戦略が描けていないのはなぜなのか。
経営戦略なる代物は、そもそも役に立たないものなのか。
この問いに答え、多くの日本企業が経営戦略策定のどこで躓き、どうすれば経営戦略を機能させ、競争力を高められるのかを明らかにすることが、本書の目的である。

内容(「BOOK」データベースより)

多くの日本企業で現状を打破する経営戦略が描けていないのはなぜなのか。経営戦略なる代物は、そもそも役に立たないものなのか。この問いに答え、多くの日本企業が経営戦略策定のどこで躓き、どうすれば経営戦略を機能させ、競争力を高められるのかを明らかにする。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2012/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492533125
  • ISBN-13: 978-4492533123
  • 発売日: 2012/4/20
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 128,695位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ポーターの競争御戦略は経営学のなかでは最もポピュラーであろう

バーニーのリソースベースに対して、外部環境から企業が取るべき戦略を導き出す

この理論はとてもポピュラーではあるが、使いこなしているのだろうか

牛丼業界、プリンタ業界、ハンバーガー業界

昨今の各業界の競争環境は激化している。

ハンバーガー業界はマクドナルドがVALUE戦略に出るも、昨今は少し戦略面で迷走しているようにもみえる。

ポーターの基本戦略を使いこなして、尖った差別化を機能させるためにはどうしたらいいのか、戦略コンサルタント出身の著者が理論を結果に

結びつける実践法をQ&A形式で解説しているところが面白いと思う
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
世の中、戦略フレームワークと実際のビジネス上における実践の間には
大きな乖離があると思っています。ポーターで言えば、『競争の戦略』やら
分厚い本を読むにしろ難儀な作業ですし、実際読んでも腹落ちは
しにくいものがあります。

そんな中、『フレームワークを使いこなすための50問』を執筆した
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ポーターの戦略論を実務家に教える機会があるので手にしたが、内容は表面的で残念ながら参考にはならなかった。
ポーターの戦略論は米国企業が得意とする(少なくとも得意と思われている)差別化などによって競争を回避して収益を獲得することであるが、差別化や選択と集中は日本企業が不得意とするところである。その日本企業でなかなか実行できない理由を本質的な原因まで掘り下げることをせず、表面的な人事制度やプロジェクトの進め方、戦略立案担当者の処遇といったテクニカルな議論が多い。このような表層に見える企業経営の違いが何から発生して、どうすればそれを変えられるのか?または変えることは不可能なのか?選択と集中の実行がなかなかできない企業の担当者が悩む点はそこであろうが、それについてはヒントはない。

日本の事例の紹介は多数されていて面白い。京大のアメフトが強かった理由の解説も興味深かった。しかし、個別のケースについての描写は大雑把でポーターの戦略論の参考書としてはもっと充実してほしかった(ラーメン二郎についての議論は、ちょっと同意できない)。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告