中古品
¥159
+ ¥300 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ポルトガルの四月 (ハヤカワ・ミステリワールド) 単行本 – 2009/2/25


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥159
¥109
お届け日 (配送料: ¥300 ): 3月4日 - 6日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

気がかりな夢から、頭痛とともに目覚めると、男は記憶を失っていた。そばには炎上するバスと見慣れない少年。さらにそこは言葉の通じない外国だった。俺はここでなにをしようとしていたのだろう?少年とともにヨーロッパをさまよいながら、男は徐々に自分の過去と犯罪を思い出してゆく。どういうわけか、くさい食べ物を食うと記憶が蘇るのだ。味覚と記憶の深淵に切りこむ、奇妙な味のクライムノヴェル。

著者について

1959年兵庫県生まれ。広告代理店勤務ののち1998年、『ダブ(エ)ストン街道』で第8回メフィスト賞を受賞してデビュー。誰も見たことがないもの、感じたことがないものを表現する、イメージの確かさには定評がある。嗅覚異常の人間を描いた、1999年の『カニスの血を嗣ぐ』を始めとする、視覚(『左眼を忘れた男』2002年)、聴覚(『石の中の蜘蛛』2002年)、触覚(『針』2004年)と、感覚異常に材を取った一連の作品があり、本書は味覚に材を取ったものである。なお、『石の中の蜘蛛』で第56回日本推理作家協会賞を受賞した。

登録情報

  • 出版社 : 早川書房 (2009/2/25)
  • 発売日 : 2009/2/25
  • 単行本 : 404ページ
  • ISBN-10 : 4152090049
  • ISBN-13 : 978-4152090041

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません