ポルターガイスト 特別版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 973
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 1,400
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ◆UNV-Media OUTLET◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ポルターガイスト 特別版 [DVD]

5つ星のうち 4.0 61件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 971 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 572 (37%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆Remedia OUTLET★【アマゾン倉庫より年中無休で発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 962より 中古品の出品:1¥ 1,000より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオポルターガイスト (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ポルターガイスト 特別版 [DVD]
  • +
  • 遊星からの物体X [DVD]
総額: ¥1,898
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: クレイグ・T・ネルソン, ジョベス・ウィリアムズ, ビアトリス・ストレート, ドミニク・ダン, ヘザー・オルーク
  • 監督: トビー・フーパー
  • 製作者: スティーブン・スピルバーグ, フランク・マーシャル
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2013/09/04
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 61件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00DJBZMVY
  • JAN: 4548967013276
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 147,468位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務め、その後のホラームービーに多大なる影響を与えた名作。郊外の新居に引っ越して来た一家。だが、幼い娘が行方不明となり、家族に次々と異常現象が襲い掛かる。“WARNER THE BEST \1,500”。

内容(「Oricon」データベースより)

平和な住宅地に住む一家に突如襲い掛かる霊現象の恐怖を描いたホラー・ムービー。スティーブン・スピルバーグが製作・脚本を手掛けている。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
この映画は、子供のころTVの洋画劇場でみましたが、
とにかく怖かった印象が強く残ってました。
改めて観ましたが、やはり怖い。ただのびっくり系じゃないですよね。
精神的に怖い。この頃の作品て、スピルバーグだからってだけじゃなく、
他の作品でも、お話のなかに当時の社会への「皮肉」みたいなのが
混じってる感じしますね。そういうのも興味深い。

霊やクリーチャー、エフェクトなどの特殊効果も、
今見ると確かに安く見える部分もありますけど、
基本的にこええ。効果的。印象に残る。
霊の造形が、やはりCGよりもリアルって言うと変だけど、
なんか質感的にもすごく霊っぽい?(まあ誰も観たことないんですがw)
CGほどクリアじゃないところが余計に怖いのか・・
(レイダース失われたアークの最後の方でもこう言う霊の描写ありましたよね。
あれもすごく印象に残ってる)

あとあのなんか霊界通過するとくっついてくるピンクのグチャグチャなゼリー状の謎の物質とか。
霊の研究者?の若者が見た幻覚というか、生肉うねうねからの
むくむくボーンでグチャっで〇〇がドバー、洗面所で自分の顔をボリボリぐりぐりみちゃーって
とやるとことか(ターミ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
病的に怖くない、幽霊ものの冒険映画って感じ。1984年ごろビデオでみて実に楽しかったのを覚えている。
ジョーズ、レイダース、帝国の逆襲、E.Tと、全部あの画面の中に入りこんで生きているほど楽しかった。今思うと全部子供向けの映画だったね。

ETのエリオット君の家と比べると、この家族の家の方が安っぽいですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ムトゥ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/6/13
形式: Amazonビデオ
小学生くらいだったと思うのですがテレビで放送されていたのを見て夜眠れなくなった記憶があります。
テレビの砂嵐なんて見れたもんじゃありませんでした。

ある程度大人になるまで再度見ることはなかったのですが、大人になってしまうともう駄目ですね、怖さが激減。
やはり過去の作品は過去の作品ですね。
でも、あの頃の思い出とともに再度見て感動してしまいました。
自分的には怖くはなくなってしまいましたが名作ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
グレイグ・T・ネルソン主演のホラー映画。監督はトビー・フーパーで製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグという豪華さです。同時期に製作されていた「E.T」の2倍の予算がかけられているそうです。さすがに今見るとCGなどにチープさは否めません。それでもお化け屋敷的な怖さで楽しめました。プールのシーンで登場する骸骨は偽物よりも安かったからという理由で本物の人骨が使われているそうです。ダイアン役のJoBeth Williams、ダナ役のDominique Dunneなど美女揃いでした。

新興住宅地クエスタ・ベルデに暮らすスティーヴ、ダイアン、ダナ、ロビー、キャロル・アンのフリーリング一家。ある日の夜、キャロル・アンが放送が終了したテレビに向かって話しかけていた。その翌日も話しかけてたら、画面の中から霊的物体が飛び出して家を大きく揺らす。
翌朝、家中のスプーンが曲がってたりイスが勝手に動いたりと奇妙な現象が起きるが、ダイアンはむしろそれを楽しんでいた。嵐が発生した夜、家のそばに生えていた木が突然動き出して子供部屋に侵入してロビーを連れ去ってしまう。スティーヴは木によじ登ってロビーを救出。部屋で待機していたキャロル・アンはクローゼットに吸い込まれてしまっていた。
家族からの依頼を受けた超心理学を研究するレシュ博士は助手のライアンとケイシーを連れてフリーリ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アイク トップ1000レビュアー 投稿日 2011/8/25
形式: Blu-ray
1982年公開の大ヒット「ホラー映画」
監督のトビー・フーパーと言えばホラー映画史上の暗黒星とも言うべき「悪魔のいけにえ」のクリエイターですが、本作の場合、製作者スピルバーグのブランド名の方が大きくクローズアップされてました。
実際、当時からかなりの部分をスピルバーグが演出したのではないかと囁かれてきたいわくつきの作品であります。
当時スピルバーグ自身は「E.T.」を制作中だったため、契約の関係でそのあたりの経緯は明らかにできなかったそうです。
現在では演出だけでなく、最終編集・音響・SFX調整などほぼ全編にわたって彼がコントロールしたことが明らかになっております。

確かにまるでびっくり箱をぶちまけたかのようにアイデアをつぎ込んだ特殊効果で次々と怪異現象をお披露目する展開にはそれまでの低予算のチープなホラーの雰囲気はまったくないですね。
いわくありげなお屋敷ではなく、明るい郊外のベッドタウンが舞台であることや主人公の夫婦が平気な顔でマリファナを吸ったりする世代であるのも新鮮でした。
それと宗教色が薄いことも異色でした。
怪異現象に襲われながらもキリスト教的な救済にすがるのではなく「霊媒師」が活躍するというのもいかにもニューエイジの洗礼をうけたベビーブーマー世代を狙った発想でユニークでした。<
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す