¥ 5,292
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ポリファーマシー解決! 虎の巻 (薬局虎の巻シリー... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ポリファーマシー解決! 虎の巻 (薬局虎の巻シリーズ) 単行本 – 2016/9/29

5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,292
¥ 5,292 ¥ 4,800

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ポリファーマシー解決! 虎の巻 (薬局虎の巻シリーズ)
  • +
  • 解消! ポリファーマシー 上手なくすりの減らし方
総額: ¥8,532
ポイントの合計: 257pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「多剤併用」への対応をケーススタディで学ぶ
薬物療法の最適化手順を、5つのステップでわかりやすく解説


ポリファーマシー(多剤併用)に関する、基礎知識から具体的な患者対応までを網羅
しました。

薬局でありがちなケースを基に、多剤併用の事例を紹介します。その症例の薬物治療
において、[気になるポイント]を抽出し、その問題点に対して[押さえておきたいエビデ
ンス]をいくつか詳説。患者にどうアプローチしていくかを、[服薬指導のポイント]とし
て例示します。そして、医師にどうアクションを起こしていくかを、[医師への処方提案]
として示し、よりリアルな現場を再現します。

患者を不安にさせないような説明の仕方や、医師に納得してもらう処方提案の書き方を
盛り込み、明日から現場で使える、実践的な内容です。

DI Onlineの好評連載『青島周一の「これで解決! ポリファーマシー」』に大幅加筆した
一冊です。


【主な内容】

<ケース1> 降圧薬3剤を服用中の健康意識の高い82歳女性
  ふらつき、便秘の症状、骨粗鬆症の既往にも注目
<ケース2> NSAIDs使用中に高血圧とむくみを発症した60歳女性
  “処方カスケード"が疑われる場合の対処は?
<ケース3> 心筋梗塞の二次予防でスタチン服用中の86歳の寝たきり男性
  処方薬の多さに疑問を抱く家族への説明
<ケース4> 「EPAが飲みにくい」と訴える60歳女性
  継続服用せずとも「案外大丈夫」だと伝える
ほか

内容(「BOOK」データベースより)

降圧薬、NSAIDs、骨粗鬆症治療薬、催眠鎮静薬…「多剤併用」に薬剤師としてどう向き合う?薬局でありがちなケースを基に、薬物療法の最適化を考える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2016/9/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822200981
  • ISBN-13: 978-4822200985
  • 発売日: 2016/9/29
  • 商品パッケージの寸法: 26 x 18.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 355,652位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
最近、ポリファーマシーの医学書は複数出版されていて、日本もようやくその解決に舵を切った印象です。
この本は薬剤師目線でポリファーマシーの解決を図るものですが、丁寧なエビデンス集とも言え、医者が読んでも勉強になります。
医者への処方提言があるのがこの本の特徴であるものの、そこにも前面に出るエビデンスが、かえって少しネックに感じました。
多くの医者にとっては問題なくありがたいのですが、一部の医者にはこの処方提言が地雷になる可能性があります。
僕の知っている薬剤師の先生は勉強家で、まさにこの本と同様に文献を示して処方提言をしてくれるのですが、それを悪いようにとらえる医者がおり、関係が悪くなってしまったことが何度かあります。
著者の青島先生は実力もあるかたで、彼の周囲の医者もそれを認め関係も良好だからこそ、文献を重視した処方提言が有効だと感じました。
ただし、ポリファーマシーの問題は「薬剤師が正義で医者が悪」とついつい勢い余って感じる薬剤師の先生がいます。
処方提言にはそれが透けて見えることがあり、問題ごとに文献を提示する方法は医者に対するそのような攻撃に感じられやすいのを身近で見てきました。
もちろん、薬剤師が正義と考えずに純粋に文献を示しながら提案していても、受け取る医者によっては変に解釈してしまいます。<
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
同著者は、10月号の日経DIにもインタビュー記事があり、ポリファーマシー≠減薬 ということを念頭に
患者に寄り添う形でのポリファーマシー解決の最適化計画を大事にされているのだと思います。
本書についてはあまりそこの思想からは離れてはいないものの
リアルな現場再現というよりは、EBMを重要視している著者と、
インパクトあるケースを打ち出したい編集者(出版社)の意図に沿ったケースがメインかなと思いました。
日頃保険医療・添付文書中心の疑義照会しかしたことがなく、
政策に則って地域包括ケアシステムに参画し、処方提案をこれから再度薬局としても
取り組むレベルの薬剤師ではあまり役に立たないケースや処方提案でした。
医師に納得してもらう書き方はそれこそリアルに再現できません。
他コメントにもありましたが、
同じことをすると怒られてしまうと容易に想像できます。
本書のように、理想は語るのは易いですが、あまり現実的ではないので、
理想論としは受け入れられても実践には役立ちません。一方で、
医師とのコミュニケーションを大事にするなど、人間力として養うべきところが
まだまだ現場薬剤師には課題としてあるのだと改めて思います。
エビデンスの入手など、重要かと
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「大幅加筆」の謳い文句もあるものの、ほぼ日経DIオンラインの内容。加筆を期待して買ったけど損しました。
内容は踏み込みが浅く、この本で本当の解決は難しいかも。
ただ、エビデンスで解決しようとする事は評価する。
しかし、エビデンスばかりで肝心の患者を見ていない箇所が多く見受けられる。
筆者はおそらく臨床に出ていないか、明らかな臨床経験不足。
もう少し臨床に出よう
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告