¥ 2,438 + ¥ 340 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: メディア堂 ☆ コンビニ決済・ネットバンキング・Edy払いもご利用できます☆

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,778
+ 関東への配送料無料
発売元: おもちゃ&ホビーSHOP あまのや ≪年中無休≫
カートに入れる
¥ 2,438
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: にゃんこ堂本舗←クリックして頂ければ商品多数ございます!!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ウルティマ(聖者への道)

プラットフォーム : FAMILY COMPUTER
5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,372
価格: ¥ 2,438
OFF: ¥ 3,934 (62%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、メディア堂 ☆ コンビニ決済・ネットバンキング・Edy払いもご利用できます☆ が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
  • FAMILY COMPUTER
  • ファミリーコンピュータ用カセット
  • ポニーキャニオン
  • RPG ロールプレイング
  • Ultima 聖者への道
新品の出品:6¥ 2,438より 中古品の出品:56¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ウルティマ(聖者への道)
  • +
  • ウルティマ6 偽りの予言者
総額: ¥5,038
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B000068HST
  • 発売日: 1989/9/20
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 7,034位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

1989年にポニーキャニオンから発売されたファミコンRPGソフト。前作「ウルティマ・恐怖のエクソダス」の不満点を解消し、プレイ感覚はドラクエやFFにかなり近くなっている。家庭用ゲームの遊びやすさと、パソコンゲームの奥深さがうまくマッチした良作だ。


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

このゲーム、世界観がすばらしいです。
道徳についての勉強になります。
はっきりいって難易度は高めです。
ただ、100%逃げる魔法があるので有効に使えばたいていの人が感じる苦痛はなくなります。レベルを5以上上げなければ雑魚も弱いままですし。
ラストのダンジョンであるアビイスにいくためには8つのルーンを集め8つの徳をMAXまで極め、8つの徳に関わる石を手に入れ、さらに3つの洞窟を出すためのアイテムがいります。
アビイスはさらに極悪で、階を降りるごとに道徳についてのなぞなぞが出され、間違えると外に出されます(その時徳に関係する石も置かなければなりませんが、これも間違うと外にだされます)。
ラスボスはいないと説明書に書かれていますが、実質ラスボスは最後の階に出てくるそれぞれの徳を持つあの8人でしょう。
それを倒し階段を下りると、オープニングの曲をさらにアップテンポにしたような曲がながれます。やっとここまできたのかー 
と言う達成感でいっぱいになります。
そして先に進めばこのゲームの目的であり、世界の真理が書かれていると言う本があります。
この本の中身は、すばらしい言葉が書かれています。
その文面は、私の日々考えている悩みや疑問の答えそのものでした。
そしてエンディング。音
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
20年以上前に購入し少しプレイしたまま保管していたが、攻略できずにいたのが心残りだった。そこで今回時間ができたので再挑戦!
説明書の世界地図を拡大コピーしたり、用意した専用ノートの見開きごとに各町での会話を記入するなどしてプレイし、無事エンディングまでたどり着いた。
久々にプレイしてみると購入当時はよくわからなかった内容も理解でき、自分の成長とこのゲームの対象年齢の高さを感じた。
さすがに古いゲームなのでやりにくさはあったものの、謎の一つひとつには必ずヒントがあり、自分でそれらを参考に考えてプレイするところが多く、いわゆる盲導犬型RPGとは異なるゲーム。苦労した点もあったので非常に達成感があり、面白かった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 星火燎原 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/11/22
このファミコン版ウルティマ4は確かに凡庸なRPGとは違って人生そのものを問うような奥の深さがあります。
久しぶりに押し入れからPC-98をひっぱりだしてパソコン版のウルティマ4をここ二週間あまり不眠不休でプレイしてやっとの思いでクリアしたが、すべてが幻想だとしても唯一残る「真実」
死をも恐れぬ絶対の「勇気」
海より広く、空よりも高く慈しむ「愛」
この、真実、勇気、愛の三原理だけでも実際の人生の生きる指針とするならば、確かに人は己の人生において何事かを悟るだろう。
愛、勇気、真実。これだけでもたいした事だ。
この三つのうち、最も重要なものは
「愛」だと思います。
さあ、きみもニュータイプヒーロー、アバタールを目指そう!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告