この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アタックアニマル学園

プラットフォーム : FAMILY COMPUTER
5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • ASIN: B000068HSO
  • 発売日: 1987/12/26
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 23,898位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.6

トップカスタマーレビュー

ほのぼのとしたBGMは良いが、敵の動きが早く攻撃を避けにくくコンティニューもないのは酷すぎると感じた。
また、ステージがやたら長く効果音も悪く爽快感がないのはつまらないと思った。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/4/21
ステージを進む毎に、ちっこい後姿の女主人公の衣装が変化する(セーラー服・ブルマー等)のがメインの擬似3Dシューティングゲーム。
システムはもろスペースハリアー。ストーリーはあってないようなもので、女の子の衣装変化のみが楽しい(?)だけ。でも笑えるので「変なゲーム」コレクターの人は是非。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 麗しのタカリナ トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/5/31
他の方達の評価は低いですが、私個人的には完全にツボでした!、1987年発売ファミコン版シューティングゲーム、空飛ぶ女子高生が(笑)バズーカ砲を手に奥からやって来る敵を倒してゆくという斬新な仕上がり、遠近法を利用して奥から敵が飛んで来る所などは、あたかもアーケードゲームの様な迫力があり、感動をしてしまいました!、ファミコンでこれだけの高クオリティCGゲームが作れる何て日本人って素晴らしいデス!!。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
女の子が向かってくる敵を倒していくシューティングゲーム。結構むずかしめ。
横シューティングじゃないので難しさ倍増。クリアできんのーこれ!?
友達にやらせて楽しもう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
一応、某名作3Dシューティングを意識しているようですが、はっきり言って全然違います。但し、某名作3Dシューティングのファミコン移植版はこのゲームにそっくりですが。

スピード感はそれなりにあるのですが、なにしろ処理落ちがひどいのと、自弾に角度がついて当たりにくいのと、敵弾の当たり判定が広いのと、ノーマル状態では一度に撃てる弾数が少なくてすぐ弾切れを起こすので、ものすごくストレスの溜まるゲームになっています。

パワーアップで弾数が増えて楽になったと思っていても、やられたらまた二連弾に逆戻り。パワーアップ状態でたくさん出せるのなら最初から出せるようにしておいてほしかった。

一応「萌え」(当時そんな言葉はありませんでしたが)要素を取り入れているのですが、ゲーム中マイキャラは奥を向いているので顔は見えません。

いったい何がやりたいのか意図がまったく不明で、どの視点から見ても褒めるところがありません。

某社の似たような画面の飛び出すゲームは、シューティングではなくジャンプアクションですが、スピード感があって動きがなめらかで、なかなかの佳作に仕上がっています。

画面こそ似ているのですが、両者の技術差は歴然としています。

これからユーズドで買うな
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告