ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~ ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【国内正規品】当日お急ぎ便対応!『 "封入特典" ・収納BOX・デジパック×3・リーフレット・ディスク5枚(本編1枚+特典3枚)』 全体的に綺麗な商品で動作も確認済みです。クリスタルパックで保護しAmazon倉庫で管理しています。Amazon倉庫から迅速に発送いたしますので安心してお買い求めください。 ◆コンビニ受取可能。 ◆Amazon発送センターにて専門の女性スタッフが段ボール梱包します。 ◆発送事故保障! 追跡番号有! 完全防水発送! ◆商品管理ラベルはキレイにはがせます。 ◆当店へのお問い合わせは、24時間年中無休でメールにて受け付けております。電話の場合は、Amazonカスタマーサポートにてご対応いたします。 鈴屋品川本店カスタマーセンター担当 佐々木
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 6,523
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 8,070
通常配送無料 詳細
発売元: ディー&エム 本店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~ [DVD]

5つ星のうち 3.6 50件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 9,504
価格: ¥ 6,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,004 (32%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、JSGKTが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~ [DVD]
  • +
  • 「もののけ姫」はこうして生まれた。 [DVD]
  • +
  • 夢と狂気の王国 [DVD]
総額: ¥14,352
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 宮崎駿
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日 2009/12/08
  • 時間: 752 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 50件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002MWR7O6
  • JAN: 4959241981448
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 47,674位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~』

本編約12時間30分!“ポニョ”誕生の秘密に迫った完全ドキュメンタリー

2008年の夏、日本を席巻したと言っても過言ではない“さかなの子・ポニョ”。その生みの親である宮崎駿監督は、どうやってポニョというキャラクターを思いついたのでしょうか。
作品の準備期間から絵コンテが出来上がるまでの約2年半もの間、1台のカメラが宮崎駿監督に密着。
NHK・荒川格ディレクターと宮崎駿監督の対話を通じて、創作の秘密と知られざる素顔に徹底的に迫っています。
収録し続けたテープは合計200時間以上。
その膨大な映像を、本編約12時間30分もの大作としてまとめ誕生した本邦初の完全ドキュメンタリーが『ポニョはこうして生まれた。~宮崎駿の思考過程~』です。

<同時発売>
『ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~ (ブルーレイ)』
『崖の上のポニョ (ブルーレイ)』
『「崖の上のポニョ」特別保存版 (初回限定) (DVD)』
『「崖の上のポニョ」ブルーレイディスク 特別保存版 (初回限定) (ブルーレイ)』

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

宮崎駿監督作『崖の上のポニョ』の制作過程を収めたドキュメンタリー。NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」の取材班が、約2年間宮崎監督に密着し、創作の秘密と素顔に迫った膨大な取材映像を新たに編集した5枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
この記録は、「宮崎駿監督の映画制作を捉えたドキュメンタリー」というよりは、
「宮崎監督を追い続けた荒川格氏のドキュメンタリー」といった方が、言葉の表現としては的確です。
密着取材に臨んだ荒川氏(カメラ&ディレクター)が、
主観的印象の強くなる手持ちカメラで撮影した映像に、彼本人による一人称のナレーションを乗せた結果、
「荒川氏の思い出を綴った日記」という色合いが非常に濃くなりました。

この、荒川氏主体の視点と語りは、
荒川氏の立場における臨場感を味わうには良いのでしょうが、
宮崎監督の"思考・思索の過程"に踏み込んでみたいと思って鑑賞する視聴者にとって、少なからず障害となります。
視聴者の視点や感情が、宮崎監督に行き着く前に、荒川氏の立ち位置に引き戻されてしまう為です。
おまけに荒川氏は、宮崎監督に全面的に受け入れられてはいないのです。
その為、「宮崎さん、仕事の邪魔してゴメンなさい」という、妙な気まずさを終始感じ続けることになります。

当取材は、ともすれば創作活動に影響を及ぼしかねない個的空間へ介入して行われています。
時間的制約との闘いでもある制作現場に、深刻な打撃を与えてしまうかも知れません。
このような、他人に観察されなが
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しかばねさん VINE メンバー 投稿日 2012/3/13
形式: DVD
ディレクターの人があまりに薄っぺらいので
せっかくの密着取材も
全然深く入ってこない
残念なドキュメントでした。

期間を重ねても
宮崎駿との距離が近くならないのが残念。
子供じみた質問攻めにウンザリ
映画の進捗状況をいちいち急かすかのような構成も。
なにより
このディレクターがまるっきり成長していないのが
残念でならない。

追いかけている被写体が奥深いだけにもったいなすぎる。

時間をかけて残した映像としては価値があるけれど
ただ時間をかけりゃいいものでも無かろう。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
他のレビューでも書かれていますが、正直言って、どう好意的に見てもこのインタビュアーの方は「物語を作る」ということがどんなことか分かっているとは思えません。そもそもドキュメントの制作に向いている方とも思えません。

宮崎監督が『ポニョ』という作品に、悩み、苦しみ、喘いでいる姿は見ていて心を打たれます。文字通り監督が作品に囚われ、翻弄されている姿です。ところがそこに「今のシーンにはどんな意味があるんですか?」「なんでああいう演出になったんですか?」というインタビュアーの質問が入ってくるので、その度に創作の世界から連れ戻されてしまいます。それが全編に渡って続きます。「簡単に言葉で言い表せるなら作品を作る意味がない」ということが最後まで理解できないようでした。監督が次第に不機嫌になっていくのは当然だと思います。見てる方も同じような苛立ちを感じますから。

12時間30分という長時間のドキュメントで、ほとんど宮崎監督のみに焦点を絞っていることは、とても面白いと思います。貴重です。にもかかわらず「作品を作る」ということについて深く掘り下げられたようには感じられません。監督の狂気に触れることはなく(見てる方はそこに触れたいのに)、かわりに「どうして宮崎さんはここまで苦労するんだろう?」というインタビュアーの疑問が全体を覆っています。たぶんご本人がそこに一番
...続きを読む ›
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
もののけ姫の制作過程と同様に
それ自体は素晴らしいと思った。

でも荒川格の「ぼくは・・」っていうナレーションが、邪魔で仕方なかった。
時々撮りながら話しかけているのも何て言ってるか聞こえないし、
ぼくは、こう思った 宮崎さんは、ぼくに・・ってw 
知らんってw

棒読みのぼくぼくナレーションが入るたびに宮崎さんに集中できなくなる
気になる人は、イライラすること請け合いなのでオススメしません。

このDVDを買う人は、宮崎さんを見たいのであって
「僕」はどうでも良い。
せめてテロップにすれば良かったのに。
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す