ポテチ [Blu-ray] がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,330
通常配送無料 詳細
発売元: M&K
カートに入れる
¥ 2,400
通常配送無料 詳細
発売元: メディアロフト
カートに入れる
¥ 3,561
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ポテチ [Blu-ray]

5つ星のうち 4.7 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 2,320 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,756 (54%)
残り15点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、インフィールドが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 2,210より 中古品の出品:3¥ 1,950より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でポテチを今すぐ観る ¥ 324 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ポテチ [Blu-ray]
  • +
  • 重力ピエロ Blu-ray スペシャル・エディション
  • +
  • アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
総額: ¥7,862
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 濱田岳, 木村文乃, 大森南朋, 石田えり
  • 監督: 中村義洋
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2012/10/26
  • 時間: 68 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B008OFWOCU
  • EAN: 4527427810570
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,584位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』のチームが再び仙台から贈る、珠玉の68分!

・パリッとカリッと。映画の“旨さ"を68分の中にギュッと詰め込みました。仙台の街から、新しい家族の物語を届けます・・・
・宮城・仙台を舞台とした映画を次々と世に送り出してきた、伊坂幸太郎(原作)と中村義洋(監督)の強力タッグ!
そして、シンガーソングライターの斉藤和義(音楽)!
・主人公の今村を演じるのは、伊坂映画化作品に欠かせない濱田岳。その他、豪華スタッフ&キャストが集結し、強くあたたかい家族の物語が誕生

★初回生産限定仕様★
名シーン&名台詞台本ブックレット&アウターケース

※初回生産版が終了次第、ブックレット、アウターケースの付かない通常版に切り替わります。

【特典映像】
◆メイキング「おいしいポテチができました。メイド・イン・仙台」
◆初日舞台挨拶
◆マル秘スペシャル映像
◆予告編/TVSPOT

【ストーリー】
同じ生年月日でありながら、対照的な人生を歩む2人の青年―
原作は、伊坂13冊目の中短編集『フィッシュストーリー』(新潮文庫刊)のなかの中編『ポテチ』。
仙台の街で生まれ育った2人の青年の奇妙な運命を独特の切り口で描いた感動の人間ドラマです。
プロ野球のスター選手・尾崎と、空き巣を生業とする凡人・今村、別々の人生を歩んでいるかのように思えた2人は、目に見えない強い力で引き寄せられていった・・・。
そんな運命に翻弄される主人公を通して、家族や恋人、友人、大切な人を想うあたたかな気持ち、
運命に負けない強い心を独特のユーモアで描いていきます。

【キャスト】
濱田岳 木村文乃 大森南朋 石田えり
中林大樹 松岡茉優 阿部亮平 中村義洋 桜金造

【スタッフ】
監督・脚本:中村義洋
原作:伊坂幸太郎『ポテチ』(新潮文庫刊『フィッシュストーリー』所収)
音楽:斉藤和義
主題歌:「今夜、リンゴの木の下で」斉藤和義(SPEEDSTAR RECORDS)
中林大樹 松岡茉優 阿部亮平 中村義洋 桜金造

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ゴールデンスランバー』の中村義洋監督が伊坂幸太郎の中編小説を映画化。プロ野球のスター選手・尾崎と、空き巣を生業とする凡人・今村。別々の人生を歩んでいるかのように思えたふたりは、目に見えない強い力で引き寄せられ…。主演は濱田岳。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
濱田岳が映画と周りを引き立て、他キャストみな、とりわけ木村文乃と大森南朋が濱田岳を引き立てる。
こんな、実にいい料理になった映画で、空気感の良さに引きつけられたまんまあっという間にエンドロールまで駆け抜けてしまう。

濱田岳が、木村文乃が(ぶっ飛ばすぞ!)、大森南朋が放つ感情の爆発に素直に身を委ねて楽しめるドラマ。
最後は彼らみんなと一緒に、手に汗握って尾崎の打席を見守ってしまった。
こんなに楽しく1打席を見守ったのは久しぶりだ。
この時の映し方、カメラアングルもスゴく良くて野球選手を魅力的に見せている。

1時間を彼らと一緒に過ごせたことを楽しく思えるドラマ。好きだ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 AD 投稿日 2016/4/18
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
原作の著者である伊坂幸太郎さんのファンです。
小説などの活字が好きで、今までは原作が映画化されても見ませんでした。
理由は、本を読んで自分自身が想像していたキャラクターの雰囲気が違ったり
自分の中での重要なシーンがカットされていたりすることがあるからです。

今回はなんとなく気が向いたので、観てみましたが、
正直に言って、すべて私の杞憂だったようです。

天然で憎めない優しい心を持った空き巣の今村、
「ぶっ飛ばすよ」が口癖で今村に命を救われたことのあるガールフレンドの若葉、
独特の雰囲気があり、人の気持ちがわからないと言いつつも、
裏で今村達をアシストしてくれるプロフェッショナルな泥棒黒澤。

私の思い描いたキャラクラーを俳優さん女優さんが素晴らしく演じていらっしゃいました。
つまり原作に近い作品だと思います。
これを観てからまた原作が見たくなりました。
みなさんもぜひ映画を観てから原作を読んでみてください。
原作はフィッシュストーリーという小説の短編の一作品として出版されています。
そして原作を読んでいただいた後は、
フィッシュストーリーの映画を観てみるのもいいかもしれません。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 スマイラー VINE メンバー 投稿日 2012/8/10
形式: Blu-ray Amazonで購入
地味で目立たない、そして短時間で終了してしまう!そんな映画だが、かなり心に響くものがある。
奇想天外な展開に最初は戸惑うかもしれない、意味のわからないシーンもあるだろう、しかしながら最後は巧く
まとめてありその構成に感心させられてしまう。
伊坂氏の小説は内容は言えないのが原則なので見てのお楽しみ。
どんでん返し的なラストは胸に響き実に心地よいのだ!
鑑賞している私も思わず「尾崎がんばれー」と叫びたくなってくる。
久々の邦画の佳作であった。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
伊坂幸太郎原作・中村義洋監督作品「アヒルと鴨とコインロッカー」が公開されたのが2006年、ポテチの原作が発表された(書き下ろしとして単行本『フィッシュストーリー』所蔵)のが2007年だから、この映画の原作から出てくる中村親分(専務)は、中村義洋監督をイメージしたアテ書きである可能性は非常に高い。伊坂による「丸顔で人のよさそうなつぶらな目」とか、「口元の髭」という親分の外形描写からしてそうだろう。

それらしいシーンがないので気がつかなかったかたも多いだろうが、忠司が尾崎の部屋に忍び込んだのは大西に仕事している姿を見せるためでもあろうがそれと同時に尾崎のDNA鑑定に必要な髪の毛とかを採集するためだろう。

黒澤のいう知り合いの業者とは「重力ピエロ」に出てくるイズミ(兄)のこと。映画で加瀬亮が演じたイズミは学生だったが原作では遺伝子研究関係の会社の会社員。

コンパクトによく出来た映画だと思った。
ただひとつ残念なのが、クライマックスの野球場のシーンか。
観客が少ないガラガラの外野席は原作がそうだからいいのだけれども、こうなんていうのだろうか。プロ野球開催球場の賑やかさ、猥雑さ、禍々しさのようなものがまったくない。

忠司のように内野席から外野に飛び込もうとしたら、すぐに球場係員がすっと
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作は読んでいません。
伊坂さんの原作だから、きっと伏線がいっぱいあるんだろうなあ、
って期待して観てました。
確かに、伏線はあり、しっかり拾ってる。
でも、最後に何かもっとあるに違いない、って思ってたら、エンドロール。
え、もう終わり?って思ってたら・・・。
しっかりエンドロールの終わりにもありましたね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック