中古品
¥750
+ ¥330 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。また帯や商品内のクーポン券などをお付けできる保証はございません。なお、絵本などの一部書籍は表紙カバーがない状態でも販売している場合があります。シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ポスト・テクノ(ロジー)ミュージック―拡散する「音楽」、解体する「人間」 (日本語) 単行本 – 2001/12


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥730
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   近年、コンピュータやネットワーク分野における技術革新は驚くべきスピードで進んでいるが、その影響は当然のように音楽の世界にも波及している。今では、わずかな知識があれば誰でもノートパソコンの画面上で音楽を作ることができる。ステージに置かれた1台のパソコンの前に寝転び、数時間におよぶライブをこなすプロのミュージシャンもいる。飛行機のコックピットのような巨大な装置だった初期の電子楽器は、数十年を経て我々の片腕にすっぽり納まるまでになった。これはひとえにテクノロジーの進歩の産物といっていいだろう。

   しかし、テクノロジーの進化は私たちに自由ばかりを与えるわけではない。イギリスでは1994年に「クリミナル・ジャスティス・アクト」が制定され、テクノやハウスなど「反復するビート」を含む音楽は違法とされ、100人を超えるパーティーやレイヴも同じく違法となった。テクノロジーの進化は、狭隘(きょうあい)な精神を生みだすことにもつながるのだ。だがもちろん、あらゆる文化はこういった偏狭さを乗り越えて育つものであり、ポスト「テクノ」の担い手たちにもそのような動きが見られることは頼もしい限りである。

   テクノミュージックの未来を見つめることは、テクノロジーと文化のかかわりはもちろん、さらにはテクノロジーと人間、テクノロジーと社会との関係について考えることにもつながるのだということを明解に示した1冊。(深澤晴彦)

メディア掲載レビューほか

ポスト・テクノ(ロジー)ミュージック 拡散する〈音楽〉、解体する〈人間〉
 物理学的に、音楽は音――つまり空気の振動を組み合わせたものだ。このため、開発当初は「計算する機械」だったコンピューターは、すぐに音楽に使われるようになる。創生期のさまざまな実験を経て、1980年代に登場したテクノミュージックで、コンピューターは音楽にとって重要な要素として一般に認知されたといえるだろう。

 それでは、そのようなコンピューター利用は、音楽をどのように変えていくのだろうか。さらには、音楽を楽しむ「耳」をどのように変えていくのだろうか。この問題をさまざまな関係者が論じたのが本書だ。途中には1998年から2000年にかけてに行われたシンポジウムの議事録が挟み込まれ、現場の生の声を読むことができる。

 身近な例でも、大抵のパソコンにはMIDIを使った音楽再生機能が付いているし、最近ではMP3ファイルによって録音した音楽そのものをパソコンで再生することもできるようになった。しかし本書を読むと、もっと本質的な部分でコンピューターが音楽の本質に影響を与えつつあることが理解できる。

 音楽を聴くということは耳を訓練するということでもある。だから音楽が変質するということは、音楽を受容する私達の「耳」が変化するということにほかならない。本書の末尾近くでは、鼓膜を経ずに骨伝導で音情報を聴覚神経に流し込む技術が、音楽をどのように変えるかが議論されている。「魂の叫び」というようなナイーブな音楽観をはるかに超えて、技術と音楽は相互作用をしているのだ。

 音楽に興味を持つ日経パソコン読者なら読む価値のある一冊である。

(ノンフィクションライター 松浦 晋也)
(日経パソコン 2002/02/18 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容(「BOOK」データベースより)

“音楽”“テクノロジー”“人間”、相互作用するクリティカルな関係性の探求。

内容(「MARC」データベースより)

「音楽」「テクノロジー」「人間」、相互作用するクリティカルな関係性の探求。「デジタル表現の4つの特徴」「表現メディアとしてのコンピュータとネットワーク」など様々な観点から、音楽とテクノロジーの関係に迫る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

久保田/晃弘
数値流体力学、設計科学(人工物工学)に関する研究を経て、現在はアルゴリズム、インターフェイス、音響の3つをテーマに、デジタル表現に関する思索と制作を行う。多摩美術大学情報デザイン学科「数と知覚のインターフェイス」研究室助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 355ページ
  • 出版社: 大村書店 (2001/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4756320260
  • ISBN-13: 978-4756320261
  • 発売日: 2001/12
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 3 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 869,463位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう