ポストマン [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,000
通常配送無料 詳細
発売元: みたらしキャンディー
カートに入れる
¥ 2,000
40pt  (2%)
通常配送無料 詳細
発売元: ☆丁寧梱包堂☆ 年中無休-迅速発送店
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ポストマン [DVD]

5つ星のうち 3.4 35件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,160
価格: ¥ 1,960 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 200 (9%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、サザンフィールドが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,679より 中古品の出品:26¥ 1より

この商品には新しいモデルがあります:

ポストマン [DVD]
¥ 1,543
(35)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でポストマン (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ポストマン [DVD]
  • +
  • ウォーターワールド [DVD]
総額: ¥2,887
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ケビン・コスナー, ウィル・パットン, ラレンツ・テイト, オリビア・ウィリアムズ
  • 監督: ケビン・コスナー
  • 製作者: ケビン・コスナー, ジム・ウィルソン, スティーブ・ティシュ
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2000/08/25
  • 時間: 188 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 35件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HKXN
  • JAN: 4988135528292
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 107,562位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

一通の手紙で、世界は甦る。 崩壊した未来を救う一人の男。 人は彼をPOSTMANと呼んだ。

西暦2013年。大規模な戦争によって、世界は崩壊。アメリカも無政府状態のまま、近隣の町との連絡すら取れない。人々の心も絶望に満たされていたある日、一人の男が手紙を持って町に現れる。その一通の手紙は、人々に生きる希望と団結心を取り戻させ、やがて命をかけた独裁者への反乱が始まる…。
ケビン・コスナー監督・主演。彼が、その才能と情熱のすべてをかけた、近未来アクション超大作。SFXを解説したメイキング映像を特別収録。
映像特典(約10分)…1.メイキング(10分)、2.オリジナル劇場予告編

Amazonレビュー

 『ダンス・ウィズ・ウルブス』で監督賞を獲得したケビン・コスナーの監督作第2弾であり、本作で彼は主演もこなす。

   舞台は西暦2013年。近未来の姿は、まるで西部劇のような荒野。大規模な世界戦争後、無政府状態となっていたアメリカでは、殺し合いが日常茶飯事。そんな中、絶望のふちにいる人々の心に希望と勇気をもたらしたのは、どこからともなく現れたひとりの男、ポストマンだった。そんな郵便配達人が、はたしてどんな活躍を見せてくれるのか? 見どころとしてはここなのだが、やや中だるみした感もある。上映時間の長さ、内容ともに、もう少しコンパクトさが欲しかったかもしれない。(ますだなおこ)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
このDVDはレンタルで一回みてすぐにDVDを購入した、ケチな私に似合わない行動に走らせたすごいDVDです。
これまでのレビューはあまり評価がよくないようですが、確かにクサイ演出が多いとも感じられますし、ここはこうした方がといった点も多々ありますが、そんなことは忘れさせてくれるほどのものだと思います。
ストーリーも良いのですが、背景の大自然の美しさもすばらしい。
また、アメリカのナショナリズムはへきえきするものが多いのですが、この作品に限ってはいやみがありませんでした。
原作は読んだことがないので、それにたいして比較することは出来ませんが、心のあらわれるようないいSF作品だと思います。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
2013年、大規模な世界戦争後、文明が停止して政府すらいないアメリカでは、戦い、殺し合いが頻繁に行われていた。そんなある日、軍から脱出した旅芸人の男が、集落にやって来る。自警が厳しくて集落に入ることは困難と考えた男は、一計として偶然見つけた郵便配達人の制服と古い郵便物を利用して、政府の役人の「ポストマン」と名乗ることに。ポストマンはもうすぐ新政府が誕生して生活が良くなる、と人々に作り話をするが、通信網が分断されて情報に飢えていた人々はポストマンの話を信じて、希望が湧く。こうしてポストマンの作り話は、やがて人々の心に希望と勇気を植え付けていく。・・・
荒れ果てた世界で夢も希望も失った人々が、一人の郵便配達人によって希望を取り戻していく過程が、なかなか面白かったです。文明が停止してしまった世界では、人々とのつながりが何よりも大切だと感じられる、というメッセージには説得力があります。でもやはり、物語のあちこちにご都合主義を感じてしまいました。
結果オーライではあるものの、希望を与えることでヒーローになっていく主人公も、元は少々ずるいところもある普通の人。『パーフェクトワールド』でもそうだったように、ケビン・コスナーは元々ヒーローではなかった主人公がなかなか似合うように感じました。
それにしても、ケビン・コスナーの映画は長い・・・。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
他のレヴュアーの方々によると
やれ長過ぎて焦点がぼけているだの
ケビン・コスナーの演出が臭いだの
ストーリーが有り得ねえだの
アメリカのナショナリズムがうざいだの
惨々な評価ですが、
私は全く正反対な印象を受け、恥ずかしながら感動してぼろぼろに泣きました。
つまり映画が長いというのは細かいエピソードを積み重ねて行くしか構成出来ないストーリーである、ということであり無駄なシーンや冗長なシーンは有りません。三時間みっちり内容が詰まっています。
ケビン・コスナーは決して上手い監督ではありませんが、実に丁寧にシーンを繋げています。「演出が臭い」と言うのは映画全体のテーマから来る必然性なのでとやかく言える問題ではありません。
アメリカのナショナリズム云々はアメリカ人によるアメリカについて描いた映画なのだから当たり前で、アメリカが嫌いな人は観なければよろしい。

ここから私個人の感想を述べさせていただきます。
まず俳優としてのケビン・コスナーですが、間抜けなお人好しっぽい所が良いのです。
次にオリビア・ウィリアムズが実に良い。美しさ可憐さ、そして強さ。ブルース・ウィリスの「シックス・センス」でも素晴らしい演技を見せていますが、この作品での彼女の美しさは例えようがあり
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/9/29
形式: DVD
ケビン・コスナーのチャレンジングな作品だと思いました。
コスナーは、地球の近未来や少数民族など社会問題を作品にする試みを続けているように思えるのですが、これは彼の心情に由来していると思います。
こういった作品は、監督であり、主役を担うケビン・コスナー自身の思い入れが強すぎて時として押し付けめいた内容になってしまいます。
ポストマンも同じことが言える作品で、コスナーの思い入れが、リアリズムに反する(こんなことあるはずない!)ように感じられますが、それはそれで映画の持ち味ではないかと思います。
この作品は、突然の破滅的な戦争が起きた後、人類が地域毎に集落として暮らしているという設定です。コスナーは、ひょんなことから、郵便配達人(=ポストマン)の死体と出くわし、服や荷物を頂戴してしまいます。集落同士の情報手段が途絶えていたので、郵便物を届けると英雄のように扱われました。一言一言が神の啓示のように扱われていきます。そして、ポストマンが人々に影響を与えてゆく様子を描いていきます。
 こういった空想の世界を舞台にして物語を描く作品は非常に難しいように思います。見る側にいろんな約束事を強いることになりますから。
そういったことを差引きすると、ケビン・コスナーの頑張りが感じられました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す