通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ポジショニング戦略[新版] がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ユニオンSHOP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 若干の使用感がありますが、ページに書き込み等無く概ね良好な商品です。 商品はAmazon.co.jpより迅速に発送されます。▼Amazon専用在庫のため、品切れはございません ▼万が一、不都合がございましたら返品対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ポジショニング戦略[新版] 単行本(ソフトカバー) – 2008/4/14

5つ星のうち 4.5 22件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,197

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ポジショニング戦略[新版]
  • +
  • フォーカス! 利益を出しつづける会社にする究極の方法
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 124pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界中で30年間読み継がれる、マーケターのバイブル、新版にて登場!
情報社会で「売れる商品」を生み出すための「基本戦略」そして「実践方法」を解き明かす。

●モノと情報があふれかえる現代社会で、マーケティングの成否の鍵を握っているのは「ポジショニング」、すなわち消費者の頭の中に商品の的確なイメージを築き上げることができるか否かである。
●ポジショニング理論を世界で初めて提唱し、その理論と実践方法を解き明かした本書は、マーケティング業界に一大革命をもたらした。
●以来約30年にわたって世界のマーケティングのプロたちの間で「必読書」として読み継がれている。
●世界の有名企業の事例も多数。
●新版では、フィリップ・コトラーが序文を執筆。

[本書への賛辞の一例]
フィリップ・コトラー
ポジショニング理論は、マーケティング界に革命を起こし、活気にあふれた魅力あるものにしてくれた。
それだけではない。本書を読めば、この理論が今もなお、「企業やブランドが市場で真の独自性を確立し、その地位を維持するための強力なツール」として威力を発揮していることがわかるだろう。

スペンサー・ジョンソン(『チーズはどこへ消えた?』著者)
これまでに読んだコミュニケーション理論で最も重要な一冊。こころから本書を推薦する!

内容(「BOOK」データベースより)

消費者の「頭の中」を制する者が、ビジネスを制する。情報社会の中で「売れる商品」になる、発想と秘訣あり!豊富な実例をもとに、戦略の立て方と実践法を説いた名著。世界中で30年間読み継がれる、マーケターのバイブル。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: 海と月社; 新版 (2008/4/14)
  • ISBN-10: 4903212076
  • ISBN-13: 978-4903212074
  • 発売日: 2008/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,990位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
アマゾンで初めて本を買いました。内容はとても良いです。色々勉強になりました。ありがとうございます!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ライン数や製品を増加させる時に潜む罠を、飛び越える
ためには、絶対にしてはいけないネーミングがある。

70年代に発表されたコンセプトをまとめたものなので、
登場する企業名やサービス名が古く感じるかもしれません。

いや待て、そもそも大企業病がこの月日の間に
少しでも変化したのか? その納得先は本書にアリ。

商品や新規立ち上げブランド、開発チーム名に、
自社の冠をつけてはいけないワケ

No1企業を引きずり降ろす極意から、自分自身の立ち位置まで、
手広くやるなんてとんでもない!事例が山盛り

「馬なし馬車」がやったように。
「マーガリン」も「ソイバター」と名付けておけば
立場は変わっていたかもしれない、という身近な例

消費者の側から発想することを忘れ、
ネーミングによってチャンスを逃がしてしまったり、社長の首を吹っ飛ばしてみたり。
成功している企業の、実は成功していないサービスも存在し暴露される。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は、マーケティングのフレームワークを学問的に説明
している本ではなく、筆者の考えを実例に基づき説明してい
る本であった。

追う立場の会社が取るべきポジショニング、追われる立場の
会社が取るべきポジショニングといった感じで、様々な立場
別に取るべき施策が書かれている。

更に、有名企業の実例を元に、成功例や失敗例が生々しく書
かれているため、読んでいて納得感を感じた。

非常に学ぶことの多い本であった。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
なんとなく、こうなんだろうなということを明確にした名著。
ベストセラーなのはうなづけます。

いろいろと考えているうちに、段々と方向性がずれてしまい
なんでもかんでも「良い物」を取り入れポジショニングを
考えず、まったく個性が無くなる商品を作ってしまうことは
良くあること。

何年かに一度は読んで、自分のポジショニングはドコなのか
考えてみるのもよいと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本自体はかなり古いものではある。しかし、色々なマーケティング本、研修等で実際の現場で考えれば考えるほどポジショニングの大事さを痛切に感じさせられる。最後に考え方の総集編がついており、殆どが事例であることは嬉しいですが、やはり古いことが致命傷でぴんと来ないものもあった
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ポジショニングとは消費者の頭の中に伝えたいメッセージを認知してもらうことである。情報化社会でベストなコミュニケーション方法はメッセージを単純にして、情報を受信する側がどう受け取るのかに集中。それを踏まえ、企業が行うべきポジショニングは、ライバル企業のより先んじて消費者の頭の中に“一番乗り”して、消費者の心変わりのきっかけを与えないことが重要。既に競合が確固たるポジションを築いている場合は、ブルーオーシャンを見つけるか、自社の優位性を強調して競合のポジショニング崩しを行うことで自社のポジションを確立。
また、ポジショニングには会社・商品のネーミング(名前)の重要さを強調しており、消費者の頭の中にある商品のはしごにブランドの看板をひっかけるフックと定義。強力で、一般的で、説明的な名前が付けられたら、ライバル商品が自社のテレトリーに踏み込んでくるのを阻止でき、良いネーミングとは、長期的な成功のための最善の保険と説明。以上が主論である。後半には、ネーミングの良い・悪い事例、企業が商品の多角化を行う時に、どうポジショニングを活かすか具体的に記述。ビジネス以外にも自分の人生に対してどう扱うかなど、色々な事例をもとに説明しており、読んでいて飽きなかった。世界中で30年間読み継がれ、マーケティングにまつわる書籍の原点であることに納得。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
忙しい人のために、『ポジショニング戦略』を三行でまとめると、

 ・とにかく大声で一番に名乗ること
 ・ただし、奇抜なネーミングはNG
 ・買う側の気持ちになってみる

そんなところでしょうか。消費者の心理をよく研究した本だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー