この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ポケモン・ストーリー 単行本 – 2000/12/8

5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,990
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

1996年の誕生から始まるポケモンの驚異的なブームは、依然として衰えを見せず、日本、北米、アジアを中心に世界的規模で広がり続けている。このままポケモンはディズニーを凌駕し、「ピカチュウ」はミッキーマウスに取って代わるのか…。こんな推測が飛び出すほどのブームである。
本書は、任天堂の携帯用ゲーム機ゲームボーイのソフトから生まれたポケットモンスター(通称ポケモン)が、コミック、カードゲーム、テレビアニメ、映画、キャラクター商品の各分野で大ブレイクしていくストーリーと、わずか数年で全世界を市場とした「キャラクタービジネス」を確立する背景を、デザイナーやプロデューサーなど当事者への取材によって明らかにしたものである。
そのビジネスの成功ぶりはすさまじい。2000年6月末時点の国内外を合わせた累計販売本数は、ゲームソフトが6435万本、カードが42億枚。映画は、国内での配給収入が77億円(第1、2作の合計)、海外での興行収入が1億7600万ドル。テレビアニメは51の国や地域に販売、放送され、キャラクター商品の市場規模も国内だけで数千億円に上る。この商業的成功とキャラクターの世界的な伝播について、著者は「宗教や言語や人種や価値観や文化的背景などの違いを超越」した、「人類にとって未曾有の体験だった」と言う。
その魅力については、次の2つのキーワードが印象深い。友達同士でキャラクターを交換できる「価値あるデータの交換」、プレイし終わった後でも楽しさを足していける「閉じられていないこと」。ポケモン成功の秘密は、制作初期のこうした着想や指向性を、どんなにビジネスが拡大しても貫いたところにある。そして、21世紀のポケモン・ビジネスが明快に語られている。「ドラえもんは、テレビ朝日のアニメ番組の中で生きている。ミッキーは、ディズニーランドにいくと、一緒に写真が撮れる。(中略)じゃあ、ポケモンはどこにいるんだ?その問いに答えられる世界を築き上げることが、僕たちの仕事だと思っています」。こうしたビッグビジネスの奥義が随所に読み取れるのも、本書の特徴である。(棚上 勉)

内容(「BOOK」データベースより)

「ポケットモンスター」はどうやって生まれたのか?どうして、ゲームに、漫画に、アニメに、映画に進化できたのか?なぜ、世界中の子供たちのハートをつかみ、成功したのか?プロデューサー自ら筆を執り、当事者の肉声でつづる初めてのビジネス・ストーリー・ブック。独占!クリエーター・田尻智オリジナルインタビュー付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 544ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2000/12/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822241998
  • ISBN-13: 978-4822241995
  • 発売日: 2000/12/8
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 184,946位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2001/2/4
形式: 単行本
 ポケモンに夢中になっている子どもが持つ親にぜひともお勧めしたい本です。その人たちはもしかしたら、子どもたちのあまりの熱狂ぶりに否定的な感情を持っているかも知れませんが、そうであればこそ強く一読を勧めます。
 この本に登場する人たちは、例外なくポケモンに愛情を注いでいます。それはゲーム作者の芸術家に近い純粋さから発するものであったり、ビジネスマンとしての情熱であったりするのですけれども、この本にはポケモンの成功の裏にはそれぞれの立場から注がれた強い愛情があったことがよく描かれています。
 このことを子どもたちに伝えて欲しいと思います。サンタクロースのネタばらしみたいに、もしかすると彼らは一時的に裏切られらような気持ちを持つかも知れません。しかしその先に、自分たちの好きなポケモンワールドは、こんなに多くの大人たちの愛情に支えられているのだと気づくことでしょう。上手くすると、愛情を持って何かに注力することの素晴らしさを理解してくれるかも知れません。そして子どもたちがゲームの世界から顔を上げて、人間が人間と力を合わせて事に当たるリアルな世界の営為の輪に加わってくれることを期待したいのです。欲張り過ぎかも知れませんが。
 大頁数の本ですが、ポケモンの作り手たちの努力や苦労がドラマのように面白くて、一気に読んでしまいました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本「ポケモン・ストーリー」は、ポケモンは何が始まりで、どこから来たのか?誰が考えたのか?そしてビジネスとしてどのような仕掛けをして、今日の世界的な大ヒットになったのか?その全ての答えを一種ドラマ風に明らかにしてくれます。
全編を通して描かれているのは関係者全員のポケモンに対する深く純粋な愛情と、それを反映させる徹底した仕事へのこだわりでした。
たとえば、構想から完成まで6年の歳月を費やしたこと、ゲーム完成後、モニターから出てきた多くの意見を全て取り入れようと不眠不休の日々を過ごしたこと。版権会議の運営方法とその様子。これら多くのエピソードは全て、どんな分野の仕事にも通じることだと思います。つまり仕事に愛情を注ぎ、その仕事を一切手を抜かずあらゆる方面で努力・実行し、それらを徹底してやればポケモンまではいかなくても全ての仕事が上手くいくのだと、この本は教えてくれます。そして、これら関係者を全面的にバックアップし、肝心な時に適切な判断をした任天堂と小学館の懐の深さも、企業の姿勢として注目に値します。
また、雑誌専用の通信販売で予想を大幅に越える申し込みがありオペレーションがパンクした際の様子やテレビの事故後、放映再開にいたるまでの経緯には思わず心が揺さぶられます。
ポケモンに興味ある人も、そうでない人も一度は読んでもらいたい感動のビジネス書です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/1/21
形式: 単行本
ポケモンで以前から疑問に思っていたこと。それは、原作者が誰なのかというこ とでした。真っ先に、任天堂が頭に浮かびます。しかし、商品についてくるコピー ライトをみると、任天堂だけではなく6社も企業名が出てきます。その中には漫 画家名はありません。
子供に聞くと、まずゲームボーイソフトとして出てきて、その後に漫画が出てき
たらしいということはわかりました。でも、原作者の名前はわかりません。
その謎を解いてくれたのが、このポケモンストーリーです。ポケモンの構想から 数年の時間を経てゲームとしての誕生、TVアニメとして命を吹き込まれる経緯、 漫画化、ポケモンカード化、アメリカ進出にあたっての平坦ならぬ道のり。これ
らが、ゲーム業界、TVアニメ業界、広告業界、のビビッドな内実を加え描かれ ています。
プロジェクトチームによるクリエイティブの発揮とそこでのマネジャーの役割、 キャラクタービジネスを成功させるつぼを考える上でも参考になります。
本の帯には、「日本初、親子で読めるビジネス書!」と大書きされています。実
際、作者が文体を変えてまで平易にした文章には、ルビも振ってあります。 ビジネス書としては、さすがに小学生には難しいかもしれません。しかし、読み 終わった後には、きっと子供のゲーム機を借りてプレーしていることでしょう。
ポケモンストーリーをぜひご一読されることをお勧めします。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ポケモンの誕生から成功に至るまでの舞台裏を中心に、キャラクタービジネスの展開について触れた内容となっているのが本書の特徴。
田尻智の着想からスタートして瞬く間に世界を席巻した「ポケモン」の歴史は、常に順調に発展したわけではない。逆に、全てのステップにおいて何かしらの躓きがあり、それを乗り越えるためのエピソードがまるで小説のように展開していく。販売数などの詳しい数字が記されているが、その桁違いの大きさに、キャラクター(コンテンツ)の強大さを目の当たりにできる。
ゲームやキャラクタービジネスやなどについて全く知らなくても、豊富な注釈のサポートによって問題なく読み進められる。これらは一部人物録になっているが、本書の冒頭で「大人、キャラクタービジネスに興味のある人へ」と断りがあるように、注釈に収まるボリュームを超えており、傍らに置いておくには勿体無いくらいである。キャラクタービジネスに興味があるなら、注釈をおろそかにしないように読みたい。
このような面白い内容なだけに、細かな点が気になってしまう。
「子供と一緒に読むため」に全文にルビがあり、多少平易な文体となっている点が売りの1つらしいが、無理に子供を意識しすぎて成功していない感じがする。かつてファンだった子供が大人になったときに読むことを期待して、普通にまとめても良かったのではないだろうか。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー