日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ポケットモンスター(2019年)

シーズン1
 (316)
7.520217+
ポケットモンスター、縮めてポケモン。この星の不思議な不思議な生き物。空に、海に、森に、街に、世界中の至る所でその姿を見ることができる。これは、ポケモンバトルで最強を目指す少年 “サトシ” と、すべてのポケモンをゲットするという夢をもつ少年 “ゴウ” の物語である。サトシのパートナー“ピカチュウ”、ゴウのパートナー“ヒバニー”をはじめとするたくさんのポケモンたちとともに、今、無限に広がるポケモン世界への冒険がはじまる。さぁ…夢と冒険と!ポケットモンスターの世界へ!レッツゴー!

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『バチェラー・ジャパン』シーズン4、11月25日22:00独占配信開始

あの『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1に参加した黄皓(こうこう)が、4代目バチェラーとして戻ってきた。シーズン4の波乱だらけ、予測不可能な旅を通して、バチェラー黄晧は真実の愛を見つけることができるのか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. ピカチュウ誕生!
    2019/11/17
    25分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    カントー地方にあるどこかの森に、ひとりぼっちのピチューがいた。まだ幼いそのピチューは、ある出会いと別れを経験する。サトシと相棒のピカチュウが旅に出る、その少し前。アニメ「ポケットモンスター」すべてのはじまりの物語。
  2. 2. サトシとゴウ、ルギアでゴー!
    2019/11/24
    25分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    オーキド博士とともに、カントー地方のクチバシティに新しくオープンしたサクラギ研究所に向かうサトシとピカチュウ。その研究所で、クチバの港に伝説のポケモンが現れるとの情報を耳にする。バトルをするため、港へ走るサトシたち。同じ頃、クチバシティ出身の少年・ゴウも伝説のポケモンの正体を確信し、港へ向かっていた…!
  3. 3. フシギソウってフシギだね?
    2019/12/01
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    カントー地方のクチバシティにあるサクラギ研究所のリサーチフェロー(特別研究員)となったサトシとゴウ。最初の仕事は、街で謎の大行進をしているフシギソウについて調査すること。早速、街に出てみると、フシギソウたちはとある場所に向かっていた。サトシとゴウがフシギダネ、フシギソウ、フシギバナの秘密に迫る!!
  4. 4. 行くぜガラル地方!ヒバニーとの出会い!!
    2019/12/08
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    ガラル地方でポケモンが巨大化する現象があると聞いたサトシとゴウ。この不思議な現象を調査するため、二人はすぐさま、ガラル地方へ出発した。たどり着いたガラル地方・シュートシティの美しい街並みと名物のスコーンに夢中になる二人だったが、街でいたずらをする見慣れないポケモンたちと出会って…!?
  5. 5. カビゴン巨大化!?ダイマックスの謎!!
    2019/12/15
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    ポケモンの巨大化現象を調査するため、ガラル地方へと来ているサトシとゴウ。のどかな草原が続くワイルドエリアで、ひときわ大きなカビゴンと出会う。一方、シュートシティで出会ったポケモン・ヒバニーも、ゴウを追ってワイルドエリアへやって来ていた…。
  6. 6. ポケモン大量ゲットだぜ!ミュウへの道!!
    2019/12/22
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    初めてのポケモン、ヒバニーをゲットしたゴウ。ポケモンゲットに目覚めたゴウは、さらなるゲットを目指し、サトシたちとクチバの森に向かう。はじめは苦戦したものの、キャタピーのゲットを皮切りに、次々とクチバの森のむしポケモンをゲットしていくゴウ。カントー地方のむしポケモンを全種類ゲット出来るのか!?
  7. 7. 激闘のホウエン地方!挑戦バトルフロンティア!!
    2019/12/29
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    ホウエン地方で行われるバトル大会『バトルフロンティア・ビードロカップ』にエントリーしたサトシとゴウ。ポケモンバトル初挑戦のゴウの対戦相手はフエンタウンのホウジ。グラエナを繰り出してきたホウジに対し、ゴウは、タイプの相性が良いストライクで勝負を挑む!一方、連戦連勝の快進撃を見せるサトシ!大一番で繰り出したのは、まさかのあのポケモン!?
  8. 8. 負けるなポッチャマ!シンオウ地方の流氷レース!!
    2020/01/12
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    クチバシティの港で、げっそりとやつれたポッチャマに出会ったサトシとゴウ。研究所に連れ帰ると、ポッチャマのトレーナーのミサキから、行方を探しているという連絡を受ける。なんとポッチャマはシンオウ地方から泳いできたのだと言う。ポッチャマをミサキの元に返すため、サトシとゴウは、シンオウ地方へ向かう!
  9. 9. あの日の誓い!ジョウト地方のホウオウ伝説!!
    2020/01/19
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    ジョウト地方のエンジュシティで伝説のポケモン・ホウオウの目撃情報が報告された。サトシとゴウがエンジュシティへ向かうと、早速ホウオウらしきポケモンを発見!しかし、それは少年クリオが仕立てた偽物のホウオウだった。クリオは祖父のジエイにどうしてもホウオウ見せてあげたいのだと言う。果たして本物のホウオウは現れるのか…!?
  10. 10. カイリューの楽園、ハクリューの試練!
    2020/01/26
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    サクラギ博士から「カイリューたちが暮らす島があるらしい」という噂を聞いたサトシとゴウは、その島を探しに出かけることに。道中でゴウが捕まえたジュゴンに乗り、海に出たものの、突然の嵐に遭い、波にさらわれてしまった二人を救う影。とある島の海岸で目を覚ましたサトシたちの前に現れたのは、たくさんのカイリューたちだった!
  11. 11. コハルとワンパチと、時々、ゲンガー
    2020/02/02
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    サクラギ博士を父に持ちながら、ポケモンに対してクールなコハル。家にいるワンパチはコハルによくなついているものの、「ポケモン博士の娘だから、ポケモン好きで当然だろう」と決めつける周りの声が気になっていた。そんな中、サクラギ研究所に、みんなを困らせる謎のゲンガーが現れて…。
  12. 12. ダイマックスバトル! 最強王者ダンデ!!
    2020/02/09
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    サクラギ博士から、世界最強のポケモントレーナーを決める大会『ポケモンワールドチャンピオンシップス』決勝戦のチケットをもらったサトシとゴウ。この一戦を見届けるため、スタジアムのあるガラル地方に向かった!注目の決勝戦のカードはカントー地方の四天王杯を制したワタルと、ガラル地方で無敗記録を伸ばし続けるスーパースター・ダンデ。無敗の男・ダンデの実力とは!?
  13. 13. サトシ対ダンデ!最強への道!!
    2020/02/16
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    世界最強のトレーナーを決める大会『ポケモンワールドチャンピオンシップス』を観戦するためにガラル地方に来ているサトシとゴウ。ワタルとダンデによる決勝戦の興奮が冷めやらないスタジアムで、突如、カジリガメがダイマックスしてしまった!巨大なカジリガメに立ち向かうサトシとゴウ。そんな時、サトシのピカチュウを赤い光が包み込み…!?
  14. 14. 初イッシュ地方!遺跡でレイドバトル!!
    2020/02/23
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    イッシュ地方リゾートデザートで発見された「巨神の遺跡」。その謎を解き明かすため、サトシとゴウは調査に乗り出した!砂漠を越え、なんとかたどり着いた遺跡。その中で待ち受けていたのはトラップの数々!これは「巨神に近づくな」というメッセージなのか!?果たして2人は、無事に遺跡の謎を解き明かすことが出来るのか!?
  15. 15. 雪の日、カラカラのホネはどこ?
    2020/03/01
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    サクラギ研究所のシステムトラブルで、久々に両親と祖母の待つ家に帰ることになったゴウ。久々に再会出来ると喜んだのもつかの間、両親は急な仕事で帰りが遅くなってしまうという。いつものことだからと諦め顔のゴウだが・・・。そして、家の近所の公園でマンキーに襲われているカラカラを見かけ、ヒバニーといっしょに助けに入ったものの、カラカラが大切にしているホネを持っていかれてしまった。ゴウとポケモンたちは協力してホネを探してあげることに!
  16. 16. 呪われたサトシ…!
    2020/03/08
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    最近、サクラギ研究所では物が壊れたり、部屋が荒らされたりと不思議な現象が起こっていた。その犯人は、なんと以前研究所に現れたゲンガー。サトシとゴウは今度こそとゲットに燃えていた。そんな中、階段から落ちそうになったり、間違えて花瓶の水を飲みそうになったり、サトシの様子が突然おかしくなってしまった!もしかして・・・ゲンガーの呪い、なのか・・・!?
  17. 17. ヒバニー、炎のキック!明日に向かって!!
    2020/03/15
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    サクラギパークでバトルの練習をしているサトシとゴウ。そこへヒヒダルマがやってきて、ヒバニーに、ほのおタイプのわざを出してみろと挑発する。ヒバニーは『ひのこ』をくり出すが、うまくできず、ヒヒダルマに馬鹿にされてしまう。悔しくて何度も練習するヒバニー。一方『ひのこ』が出せなくても今できるわざでバトルすればいいと考えるゴウ。二人の想いはすれ違い、いつしかケンカになってしまう。
  18. 18. サトシ参戦!ポケモンワールドチャンピオンシップス!!
    2020/03/22
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    ダンデとのバトルを目指して『ポケモンワールドチャンピオンシップス』への挑戦を決めたサトシ。記念すべき初戦の相手はクチバジムのジムリーダー・マチスから留守を預かる、でんきタイプの使い手ジムリーダー代理のビスケス。2対2のポケモンバトル。まずはビスケスのライチュウVSサトシのピカチュウ。果たして勝負の行方は!?
  19. 19. ワタシはメタモン!
    2020/03/29
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    女優・ムサシを売り込むため、映画の撮影所にやってきたロケット団。そこにはうまく変身出来ず監督に怒られスランプに陥っているメタモンがいた。撮影所から逃げ出したメタモンはいつの間にかムサシのバックに紛れ込み、ロケット団のアジトへ。女優としてメタモンを鍛えなおすと宣言するムサシ。その頃、サトシとゴウはいなくなったメタモンを探していた!
  20. 20. 夢へ向かってゴー!サトシとゴウ!!
    2020/04/05
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    サクラギ研究所で開催される『ポケモンオリエンテーリング』でリーダー役をつとめることになったサトシとゴウ。参加者の子どもたちと一緒に、ポケモンバトルや、ポケモンゲットの楽しさに触れた二人は、改めてそれぞれの見果てぬ『夢』を再確認する。そこにまさかのルギアが現れて・・・!?
  21. 21. とどけ波導!サトシと不思議なタマゴ!!
    2020/04/12
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    まだまだ謎が多いと言われるポケモンのタマゴ。サトシとゴウは、実際にタマゴを見るために探しに行くが、そう簡単には見つからない。そんな中、立ち寄ったポケモンセンターで、長い間かえらない不思議なタマゴと出会う。ジョーイさんからタマゴを預かり、お世話することになったサトシ。タマゴは無事にかえるのか?
  22. 22. さよなら、ラビフット!
    2020/04/19
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    ホウエン地方のミシロタウンに、1年の中でも限られた期間にしか見られないという『アゲハントの渡り』を調査しにやって来たサトシとゴウ。調査の途中、ゴウはケムッソをゲットしようとラビフットに声をかけるが、ラビフットは無関心。そんなラビフットにショックを受けるゴウ。その晩、宿泊先のポケモンセンターを抜け出すラビフット。一体どこへ…?
  23. 23. 大パニック!サクラギパーク!!
    2020/06/07
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    何やら騒がしいサクラギパーク。あげたはずの食べ物がいつの間にかなくなり、お腹を空かせたポケモンたちがケンカを始める!サトシとゴウはその犯人を突き止めるため、サクラギパークに泊まり込むことに!一層激しくなるポケモンたちのケンカ。そんな中、マユルドたちに進化の兆しが・・・?騒動からマユルドたちを守ろうとするゴルーグの胸の刻印が外れ、暴走、パークは大パニック状態になってしまう!!
  24. 24. 休め!ロケット団!
    2020/06/14
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    ボスであるサカキから、休暇を取るように命令されたロケット団。シンオウ地方のリゾートエリアでのんびりしていると、偶然サトシとゴウが調査にやってきた!ピカチュウゲットのチャンス!と盛り上がるが、ここで仕事をしたら命令違反。もどかしい思いを抱えながら、休暇に徹することに。そんな時、サカキの秘書・マトリ率いるロケット団精鋭部隊が現れ、エリア内のポケモンを根こそぎ奪っていく。ロケット団は身分を隠し、サトシたちに協力することに!
  25. 25. 命爆発バトルフェス!VSメガルカリオ!!
    2020/06/21
    24分
    7+
    オーディオ言語
    日本語
    カロス地方で行われるバトル大会「バトルフェス」に参加することにしたサトシ。この大会は、ポケモンワールドチャンピオンシップスの参加者が多数集まり、順位を上げる絶好の機会だ!順調に勝ち進んだサトシがスーパークラスへのランクアップを賭けて対戦するのは、かつてカロス地方で戦ったジムリーダー・コルニ。コルニのメガルカリオにサトシはどう立ち向かうのか!?
88件のエピソードをすべて表示

詳細

シーズンイヤー
2021
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち2.9

316件のグローバルレーティング

  1. 32%のレビュー結果:星5つ
  2. 6%のレビュー結果:星4つ
  3. 15%のレビュー結果:星3つ
  4. 10%のレビュー結果:星2つ
  5. 37%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

テラコリ2019/12/24に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
乱獲からの乱獲
・ゴウを持ち上げサトシを下げる
・サトシがただのバカで無知な子供だと思って制作してるみたいだけど、過去色んな地方を旅して仲間もポケモンもゴウに比べものにならないくらい出会ってきたはずなのに空気と化して特に助言もしない。初期アニポケ1話から全話見直してから作れ
話薄すぎ&ストーリー性が足りない
一個の話題を集中してやればこんなことにはならないのになぁ・・・ということでゴウ降板してほしい
無印アニポケは話の流れ、展開、オチまでちゃんとついてて、限られた時間内で話の筋もこの回で視聴者に伝えたい想いもわかる。制作陣の現代化につれて話を考えられる人が居なくなってるんだろうなぁと
とにかくゴウの乱獲が不快すぎてゴウでるとこだけ抜かしてみてる
ゲームだとお前らも乱獲してるじゃんとかいう人いるけど、アニポケじゃ今まで乱獲とかしてなかったじゃん
アニポケずっと見てた人として違和感があるって話
ゴウは毎話でゲットする理由もストーリーもなく乱獲してるからイラつくんですよ
ポケモン全部集めたい?そんなことして研究所無くなったら育てられないじゃん
389人のお客様がこれが役に立ったと考えています
sin2019/12/02に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
冷酷
今までのさとし、ピカチュウ、その他のポケモンをなかったことにし、全く別のストーリーになっています。
これなら新キャラで物語を始めたほうが良かったと思います。
20年以上に渡って作り上げてきたものをこうも簡単に破棄できてしまう冷酷さを感じました。
303人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Takahiro2019/11/19に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
その時小学生だった私達は、オトナになった。
初代ポケモンアニメ第1話は1997年かららしい。

もう20年前くらいになるのか・・・。

その時小学生だった自分は30歳を超えた。

ポケモンのゲームは赤、緑、金、銀、ポケモンスタジアムくらい。
あとはスマブラとかでピカチュウを操作するくらいだ。

小学生の時、
アニメ第1話をみたときのことはよく覚えている。
「ゲームでやっていたあの世界がアニメで見られる!」
その興奮はポケモンが初めてだったのではないだろうか?

そこからアニメは毎週欠かさずみていたし、ビデオテープに録画をしていた。
放送日の次の日はポケモンの話題でもちきりだ。
ポリゴンショックも生で見ていた。

ただ少しずつ変化が現れた・・。
中学生になり、徐々にポケモンの話をすることは無くなってきた。

それに伴い
アニメはエンテイの映画を最後に、なにげに見なくなった。

オトナになってから夏休みの特集で
姪や甥たちとテレビで流れるポケモンの映画を見ることはあったが、
興味無く見ていた覚えがある。

そう、私にとってポケモンは遠い存在になってしまったのだ。

そんな人達に、第1話だけ見てみることをおすすめする。
子供と一緒でも、一緒でなくてもいい。

アニメポケモンに対して昔のような感動はすでにない。
ただ、第1話を見ると、昔の気分を少しだけ思い出すことができる。

今のポケモンの名前を私達は知らない。
しかしこの第1話だけは、かつて小学生だった私が覚えたポケモンたちで溢れている。

20年の時を経て、小学生だった私達は、いつの間にかオトナになっていた。
241人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ゲスト2020/01/06に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
・・・??
わくわくとリアルタイムで待機して一話から見てきましたが…なんというかもう筆舌に尽くしがたい残念具合で悲しいです。
一話からもう本当に酷い物です。
私たちが見たかったピカチュウの過去は「なぜあんなに人間不信だったか」「どうしてオーキド博士の元へ来たか」とかそういう部分だったんです。それなのに、ミュウが活躍するためだけにつくられたようなガルーラ親子とのどうでもいい話…。
このガルーラ親子がのちに人間に森を追われる等の場面を見て、ピカチュウが人間不信になる描写があるのならまだよかったのですが、なんにもない…肩透かしも良いところでした。
私はXY時代の、人もポケモンも大事にする、不屈の心でどんな場面でも前を向こうと努力する、かっこいいサトシに心を揺さぶられました。サンムーンでも多少幼稚にはなっていたが主人公らしい一面のあるサトシだったのに、今作はモブキャラ程度の扱いの悪さです。頭も悪い、特に役に立つ行動ができない等、これまでのサトシの雄姿を考えると涙が出てきます。
どちらかの主人公を持ち上げるために、もう一人を下げないでください。子供が見る番組で一番してはならない事だと思います。
とはいっても、ゴウの方がお気に入りなんでしょうね。
今作は今出ている話数でもう切ろうと思います。次作こそは、どうかXY時のかっこいいサトシに戻りますように…。
230人のお客様がこれが役に立ったと考えています
謎の女 不二子峰2019/12/29に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
まるでB級映画そのもの
もう多くの人が感じてると思います。
今作は一体何がしたいのかわからない。とにかくつまらない。
視聴者は戸惑っているはずだ。

●今シリーズで著しく低落した要素
・ロケット団
アローラ見ていた人だと、低落ぶりは歴然です。
キテルグマとロケット団…すごく面白かったですよね。
今回はぺリッパーなんだけど…笑
そのぺリッパーはロケット団製造のガチャポン配達人です。
んでそのガチャポンからモンスターボール出してサトシと戦う。
すぐぶっ飛んでフレームアウト。
ただそれだけ。笑

・ストーリー性
これが最も致命的。
一体何がしたいのかわからないのです。
今回の話が次にどうつながるのかが意味不明。
207人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2019/12/26に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
かなり残念
監督はただのショタコンじゃないかと思うほど、ゴウに自分の性的欲求をぶつけているかのような展開で見るのがしんどい

あとゴウのポケモン図鑑の声のキャスティングをされた方の正気を疑う。
187人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazonカスタマー2020/09/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
過去作の要素が散りばめられている
新しくポケモンを見始めた子供や、『ポケモンGO』でポケモンを好きになった人のために新人トレーナーのゴウがいて、初期からずっとポケモンを見てきた大人達のためにベテラントレーナーのサトシがいる…そういう構成のシリーズなんだと思います。
ダブル主人公じゃないと、剣と盾は使えませんし…。

ゴウはサトシが過去作で経験したことをオマージュしていることが多いです。
仲間思いのヒバニーはニャビー、進化したラビフットの反抗期はリザードを彷彿とさせます。
ラビフットを勝手に置いていこうとしたシーンなんかも、サトシもピカチュウにやっていたなぁと。それがあったからサトシはあのセリフが言えたんだなと、古参ファンなら懐かしさとサトシの成長に感動できるのでは。
サトシが過去作のことを無かったことにされてるなんて言ってる方がいますが、むしろ真逆です。
過去作のキャラが再登場したり、回想シーンもあったり、長くポケモンを見てきたファンが楽しめるシリーズだと思います。
16話のヒトカゲTシャツなど、作画担当の方も過去作に思いを馳せて遊びを加えていらしたり、愛を込めて制作しているのが感じられます。

ゴウの乱獲(笑)には最初はびっくりしますが、あれはポケモンの人気を盛り返させた『ポケモンGO』のスタイルですね。
慣れてくると段々投球シーンの作画の美しさを楽しめるようになってきますし、捕まえたポケモンも全て大切にお世話してる様子も描かれていますのでご安心を。因みにサトシもケンタロスを乱獲してたことありますから…。
また、「サトシ下げ」とかいうレビュー書いてる方に困惑するくらい、最初はサトシの経験値が高すぎてゴウのトレーナーとしての未熟さが目立つのですが、ゴウもしっかり成長して良いところを見せてくれるようになります。
特に36話はサトシの相棒としてすごく立派に活躍してくれて、尚且つゴウが知らないであろうサトシの過去作での戦法をオマージュしてくれるので、ゴウに苦手意識を感じている方にぜひ見てほしい回です。
サトシの性格は初代の頃なんて、対戦相手が大人でも敬語を使わないような子だったんですよ? それを思えば今作は先輩風なんか吹かしてて、大人になったな~とすら思います。

ネットをザワつかせたゴウの容姿ですが、あれはハッキリものを言う性格のせいで視聴者に嫌われることを危惧して、わざと美少年に描いてるそうです。実際は性格もとてもいい子なんですが…。
私の友人達は、確かに彼は可愛いけど女の子には見えないと言っているので、デザインは監督の狙いどうりですね!

第1話のピカチュウの過去回で、「結局ピカチュウが人間嫌いになった理由が描かれていない」と怒ってらっしゃる方のために書くと、ピカチュウはガルーラと別れた後、人間に捕まりかけてケガしてるところをオーキド博士に保護されたそうですよ。
第1話でいきなりそんなところだけ描いても新規ファンは怖がっちゃいますし、殆どの古参ファンはちゃんと感動してますからね!
個人的にはなつき度進化の謎が解明されたのと、ピカチュウの経歴を掘り下げてくれたことでいろいろ考察できて、描いてくれて嬉しいストーリーでした。

低評価してる人の殆どがほんの数話でレビュー書いてて笑ってしまいました。
私としては完結してからレビュー書きたいくらいでしたが、あんまりにも酷いので思わず書いてしまいました。
毎週Twitterでトレンド入りするアニメが、面白くない訳がないのに…
低評価レビューなんて、見ない方がいいです。私はゲームのサンムーンを購入する際に低評価レビューでヒロインの子がdisられてるのを見てしまい、素晴らしい作品のはずなのにその子のことが気になって楽しくプレイ出来ませんでした。
他人の感想で作品の面白さを決めちゃうなんて勿体ないですよ。

[追記]
ただのキャラクターや制作スタッフに対する暴言だと感じるレビューが散見され、不愉快だったのでそれらは通報しました。私一人の報告で消されることは無いでしょうけども。
あんなのが参考になると感じる方々がいるのもなんだかなぁと思います…
前作のアローラ編は人情味溢れるとても暖かいシリーズだったのに、彼らはポケモンから何を学んだんでしょうね。あなた達の方こそ過去作100回くらい見直してこいと言いたいです。
134人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon Customer2020/01/26に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
今迄見てきたポケモンはなんだったのか
兎に角、ゴウによるポケモン乱獲は見ていて決して気持ちいいものではない。
ポケモンとはいえ、生物に対しての冒涜のように思えてしまう。
今迄のサトシの苦労はなんだったのか?ロケット団のやり口にケチつけて
自分たちは無差別乱獲するのか?

また、全地方が舞台と触れ込みだったのに、地方事の特色を出しているでもなく
サトシの歩みを振り返るでもなく、ただ名前とポケモンを出しているだけなのも
がっかり。

オープニングと図鑑の声も、プロの発声には思えないぐらいの人を使ってるし
子供の頃から見てきたシリーズだったけど、もういいかな…って思ってしまった。
170人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示