通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ポケットにライ麦を (ハヤカワ文庫―クリスティー文... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ポケットにライ麦を (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 文庫 – 2003/11/11

5つ星のうち 4.1 21件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 886 ¥ 63
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ポケットにライ麦を (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
  • +
  • パディントン発4時50分 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
  • +
  • 予告殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
総額: ¥2,809
ポイントの合計: 88pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

投資信託会社社長の毒殺事件を皮切りにフォテスキュー家で起こった三つの殺人事件。その中に、ミス・マープルが仕込んだ若いメイドが、洗濯バサミで鼻を挟まれた絞殺死体として発見された事件があった。義憤に駆られたマープルは、犯人に鉄槌を下すべく屋敷に乗りこんだ。マザー・グースに材を取った中期の傑作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

クリスティー,アガサ
1890年、保養地として有名なイギリスのデヴォン州トーキーに生まれる。1914年に24歳でイギリス航空隊のアーチボルド・クリスティーと結婚し、1920年には長篇『スタイルズ荘の怪事件』で作家デビュー。1926年には謎の失踪を遂げる。様々な臆測が飛び交うが、10日後に発見された。1928年にアーチボルドと離婚し、1930年に考古学者のマックス・マローワンに出会い、嵐のようなロマンスののち結婚した。1976年に亡くなるまで、長篇、短篇、戯曲など、その作品群は100以上にのぼる。現在も全世界の読者に愛読されており、その功績をたたえて大英帝国勲章が授与されている

宇野/利泰
1909年生、1932年東京大学独文科卒、1997年没、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 393ページ
  • 出版社: 早川書房 (2003/11/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4151300406
  • ISBN-13: 978-4151300400
  • 発売日: 2003/11/11
  • 梱包サイズ: 15.6 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,068位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
軽く読めました!
そのうちヘレン•ミレンがマープルを演じる日が来るかも〰。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「本格ミステリーとは言えない」のコメントに大納得。本作はメロドラマの域を出ておらず、ミステリーとしては評価できない。

首を傾げる記述(論理的にありえない描写)が少なくとも2箇所ある。クイーンの作品では考えられないような記述ミス。。。
マープルが入手した「証拠らしきもの」も、法廷では一蹴されそうな代物にすぎない。もっとも、真犯人は別人であることが論理的に説明できてしまうので(ただしこちらも立証困難なのだが)、マープルが「説明」している犯罪を立証不可能なのは当然である。
マープル(クリスティ)の「思い込み」が、きわめて悪い形で出ている作品と思える。プロットは良く、楽しめないことはないので、やっと星2つ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
題名が面白いのでちょっと期待したのですが、マザーグースの歌とともに本編の謎にはあまり関わりがないのが残念です。また、犯人もたいした捜査をしてないようなのに、確信をもって推定されて少し唐突な感じがしました。そして最後の手紙、小説としてはいい味なのかもしれませんが、犯人を確定するための強引な手法という感じがしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
社会でよく見受けられるタイプの人物をうまく取り込んで人間関係を構築し、連続殺人事件を発生させるクリスティ女史の手腕は、この作品でも冴えわたっており、物語としては、楽しめる内容であった。
しかしながら、ミステリー作品として見ると、この作品には決定的なキズがある。
1つの殺人事件に関して、犯人のアリバイ、犯人がその時にどうしていたかに関する取り調べの内容に全く触れられていない。こんな重要な事項を内緒にしたままでは、本格ミステリーとは言えない。
また、マープルの推理には必然性、論理性が全くなく、単なる憶測にすぎない。それを自信満々に、「仮説ではありません。事実なのです」と言うのには、あきれてしまった。
犯人の計画も、ある人物の性格に依存したものであり、それがうまくいかなければ露見してしまう、極めて危険なものだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
マザーグースの童謡見立て殺人。 よく評論家や作家に言われるような、人物が描けていないという言葉は、本作には当て嵌まらないと思います。 (もっとも大衆作家でプロットの職人であるクリスティを文学的とか人物描写云々の俎上に乗せる事自体がそもそもおかしく、同時期のライバルのセイヤーズや後進の作家とは目指しているものが違う気がします) クリスティの数多くある作品の中でも、とりわけ最後に訪れる悲劇は、深い余韻を残します。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
読み始めると、すぐに事件が起きる。
そしてこの本の結末は、とても優れた演出で深い悲しみと余韻を与えている。
罪を犯す者とそれに利用される者、その犠牲者、周りの人々、
それぞれの個性がとても興味深い。
己の利得を優先させる者への当然の結末と報いがもたらされ、
人のあまりにも悲しい一面を感じさせる作品になっている。
マダム・クリスティーは「殺人事件」を題材に、
人のもがきと、人のあるべき姿、世間のありようを描き出す。
登場人物が語る一言、一言が作者からのメッセージとして心に届く。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ミス・マープルもので題名は「マザーグース」から採っており、事件も「マザーグース」をなぞる。自分が仕込んだメイドの仇討ちのため、殺人事件が起きた屋敷にマープル自身が乗り込むというのが新趣向。

メイン・トリックは「**殺人」と一口で言える程、他愛のないもの。他の作家が書いたら読者が怒る所だが、クリスティの場合、トリックを物語の中に自然に溶け込ませる技巧が卓越しているので、無理なく楽しめる。ただ、クリスティが屋敷物を書く場合、犯人像が画一化しているのが唯一の瑕疵か。

屋敷の中での「マザーグース」に乗った連続殺人という古き良き牧歌的な舞台の中で、マープル御大自ら事件解決に出馬するというサービス精神に溢れた中期の傑作。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
マザーグースを題材にした作品の中では傑作だと思っています。マープルの犯人への怒りがストレートに伝わってきます。そして何よりラストのせつなさに胸がつまります。ぜひ読んでもらいたい一冊です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー