Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥1,200

(税込)

獲得ポイント:
12pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
[千慶烏子]のポエデコ

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ポエデコ Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥1,200

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

色を分けてあげようかと少女は言った。僕の横に腰を下ろしてエリだと言った。人よりも色が見えすぎて困るのだと彼女は言った。そして僕のスケッチブックを横から取り上げると、鉛筆で手荒に描いたスケッチの部分を指差してここは何色と訊くのだった。僕が返答に窮していると、この瓦屋根のここは遠いマジャルの大地に沈む太陽の色だと言うのだった。また別の部分を指差して、この草むらのこの色は春まだ浅い木洩れ日に揺れるためらいがちな水面の色だと彼女は言うのだった…(本文より)

* * *

脱現代性の詩的方法論――。本書は『ポエジー・デコンタンポレヌ』の表題で2015年 P.P. Content Corp. より出版された。デコンタンポランという聞き慣れないフランス語は、現代性の危機に対抗するべくして千慶烏子の作り出した新しい文学上の方法論である。デコンタンポランは英語に置き直すならばディコンテンポラリー、脱構築の脱が加えられた現代性、すなわち脱現代性の方法論である。

一見すると、少年小説や空想科学読本、大人向けの残酷な童話を思わせるこれらの奇妙な物語群は、詳細に見るならば、時制・人称・性など話法の構造に意図的な混乱が持ち込まれ、その物語内容はフォトモンタージュで鋏を入れられた写真のように貼り合わされ、ニスを塗られ、異化され、デコンストリュクト(脱構築)されていることに気づかれるにちがいない。物語に鋏が入れられたぎざぎざの切れ線や合成された物語の痕跡などが意図的に残されていることにも注意を促したい。

これらの物語は物語を楽しむための物語ではなく、物語に逸脱を持ち込み、読者に意図的な混乱をもたらし、われわれの「いま・ここ」に攪乱を持ち込もうとする詩的方法論に貫通された物語である。

ある物語の祖型を現代化(コンテンポライズ)する方法に関しては、百戦錬磨の読者の皆さんならば容易に想像が付くにちがいない。しかし、これを脱現代化(ディコンテンポライズ)する方法に関してはどうだろうか。千慶烏子が本書で行なっているのは、このあたかも隻手の音声を聞くかのような、ディコンテンポライズする方法論の試みである。物語の時空に時代錯誤なガジェットが登場したり、語り手の性別や人称に逸脱が発生したり、話法の空間がねじれて、物語の外から語り手が読者に直接語りかけたり、本書では、さまざまな逸脱的方法論が駆使されている。

二十世紀の文学・芸術思潮の中で行われてきた「異化」の新しいバージョンと断じるのもいいだろう。しかし、これを現代性に対する異化と置き直して「脱現代性(デコンタンポラン)」としたところが決定的に新しい。本書の執筆された2010年代の時代背景を考えるならば、この逸脱的な方法論は遊戯性を帯びたものではなく、時代の必然性に即して真剣に検討されたものであると考えられていい。国土の崩壊を目の当たりにし、長きに渡る経済と文化の停滞に立ち上がる力を失い、猥褻な復古的政治思想が台頭する「われわれの現代性」を前にして、千慶烏子はこれを脱現代化(ディコンテンポライズ)するのである。脱現代化と言っても、現代という時代からワープするわけではない。同時代性のテンポをずらし、われわれの現代性に切れ目を入れ、われわれが当たり前だと思って疑わない「いま・ここ」的なあり方に問いを投げかけるのである。言葉を変えて言うならば、それは、われわれの現代性に対する批評的観点の持ち方、われわれの「いま・ここ」に埋没してしまわないあり方の模索が提案されているのだと考えられていいだろう。

このとき、ノスタルジックな異次元の空間や模造画の質感で合成された空間、過剰なクリシェを多用した時代錯誤な物語空間は、これを楽しむためだけでなく、われわれの現代性がいかなるものであるにせよ、決してわれわれはそれに屈することをしないという強い決意の表明であることに気づかされるにちがいない。切って貼り付けた物語の切れ目こそがわれわれの想像力の抵抗の証しであり、合成された物語の不自然な合わせ目こそがわれわれの想像力の自由の証しなのである。この想像力は楽しむための想像力ではなく、われわれの「いま・ここ」に対抗するための想像力である。ぜひ読者の皆さんは敢然と時代を疾走し、本書を跳躍板にして、われわれの現代性を脱現代化する企てに挑戦していただきたい。(P.P.Content Corp. 編集部)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1936 KB
  • 推定ページ数: 71 ページ
  • 出版社: P.P.Content Corp. (2017/7/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B073VWC5P7
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 381,170位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover