ボーン・スプレマシー [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,470
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: earth.マーケット【安心の返金保証/365日毎日スピード配送/年中無休で営業しております】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ボーン・スプレマシー [DVD]

5つ星のうち 4.2 155件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,470 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、falo-mediaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオボーン・スプレマシー (吹替版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ボーン・スプレマシー [DVD]
  • +
  • ボーン・アイデンティティー [DVD]
  • +
  • ボーン・アルティメイタム [DVD]
総額: ¥3,324
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マット・デイモン, フランカ・ポテンテ, ジョアン・アレン, ブライアン・コックス
  • 監督: ポール・グリーングラス
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語, 韓国語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日 2005/12/23
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 155件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BIX87I
  • JAN: 4580120516118
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 7,455位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

ボーン・スプレマシー [DVD] [DVD] [2005]

内容(「Oricon」データベースより)

記憶を失くした元CIA諜報員が真実を追うサスペンス・アクション「ボーン・アイデンティティー」の続編。マット・デイモン、フランカ・ポテンテほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
これを書いた時点最新作ジェイソンボーンまで見た上で、改めてスプレマシーを評価いたします。
わたしはポール グリーングラス監督とマットが手を組んだこのシリーズからが大好きです。
初めて映画館で見たとき、ボーン=マット・デイモンのあまりのカッコよさに本当に感動しました。
前作のヒロインを守り抜いたボーン、ボーンの人生的にはあのままがよかったのかもしれないけど、今回は悲しいことですが、そのボーンの孤高の闘い、悲しみを抱いた強さ、その姿にしびれた。そんなヒーロー像を呈してくれた今回の作品がわたしの心を強く捕らえました。
そして作品全体が硬派ですね。冗漫さがないですよ。
ボーンはありえないくらい強いにも関わらず、その強さがリアル。いわゆる超人アクションは一切なく、かれの闘い方や戦略が本格的で、ギリギリ人間ができる範囲をとどめているし、嘘くさくない。
ヒールで片手拳銃のお姉ちゃんみたいなもんは登場しません。この硬質で漢な感じが、わたしは好きです。
敵役としてのパメラも魅力的。できる女としてカッコ良い。(比較してしまうのですが、作品内で若いとか未熟とかは一応言い訳されているとはいえ、新作の女性は美人だがちょっと小娘がここまで感デキるが少々嘘くさいなあとおもったので)あと、追跡者も怖くてかっこよいです。
ボーンは無駄な
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
もちろん、マット・デイモン主演のボーン・アイデンティティーの続編です。ただし、ロバート・ラドラムの原作とは違うストーリーのようですが、最初から息もつかせぬ展開で、スクリーンに釘付けです。
今回は、罠にはめられたボーンが、犯人を追い詰めていくうちに失われていた記憶が明らかになるという触れ込みでしたが、まだまだ謎がいっぱいですね。
前作のマリーに代わり、CIAエージェントのパメラ・ランディが登場しますが、年齢がやや高いので、ヒロインを期待している向きには残念かも。若い娘といえば、前作にも出ていたニッキーが登場します。
ゴア(インド)、ナポリ、ベルリン、モスクワと豪華なロケです。(本当のロケ地は知りませんが。)前作同様、ヨーロッパの雰囲気がこの映画にはあっていると思います。最後のモスクワでのカーチェイスも秀逸です。
ただ、スピーディな展開のため、カメラワークが速すぎて、ちょっと疲れるかも。
エンディングから察するに、続編がありそうですね。今から楽しみです。とっても、お勧めの映画です。 
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
最新作から観て、シリーズを遡っている途中での感想です。
『ボーン・スプレマシー』はデイモンの演技が素晴らしく、息苦しさも何もかもそのまま伝わって来ます。
多くのレビュアが、これ以上続けない方が良かったと最新作『ジェイソン・ボーン』にレビューを寄せている理由も理解できました。
確かにこちらのストーリーやアクション、細やかな心情を表現している役者陣の旬な姿は、シリーズの頂天かと思います。
中でもアクションシーンには、このシリーズの哲学が詰め込まれていて、暴力に悲哀を感じます。

それと、DVDだけで買えたのもありがたかったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
出だしから、かわいそすぎます。
記憶喪失に悩まされつつ、異国の地で新しい生活を目指していた主人公が突然現れた悲劇に巻き込まれてしまいます。
最初から最後まで形を変えて、あまりにもかわいそすぎますね。
混沌からトリガーがかけられ、事件の真相解明と自分探しをはじめることになるのです。
壮絶なアクションとスリルで展開していきますが、絶対的な知的戦闘能力を持つ主人公ですから、何故か安心して楽しめます。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「ありえない映画」がバッコするなか、リアリティにこだわりまくった、相当に魅力的な「ありえる映画」。

インド、イタリア、ベルリン、モスクワと、めまぐるしく移り変わる舞台。容疑者として拘留された部屋からの目にも止まらぬ脱出劇。至近距離でのカメラワークを多用した臨場感とスピード感がハンパじゃないカーチェイス(あそこまでボコボコになりながら走らせるのは脱帽)。ホテルのフロントや空港の検閲などでの緊張感。冷酷で執拗な刺客と隠された正体を持つ上司。そして盗聴器などの小道具。まったく、スパイ映画の条件を過不足なく満たした一作だと思う。

ハードボイルドに寄ったロマンチック・サスペンスのムードが色濃く漂うところなんかは『ジャッカルの日』。それに加えて主人公が記憶喪失という特殊な設定は『フレンチ・コネクション2』の趣さえある。

この映画でいちばん気に入っていることは、観終わって、自分が主人公になったつもりになる、その「なりきり度」が、めっぽう高いこと。マット・デイモンは地味だ。地味な彼が鍛え抜かれたプロフェッショナルなスパイを演じるから、なおのこと、共感を覚えるのだろう。その他の俳優も地味。そんな中で、ジョアン・アレンの存在感は大きく、入り組んだストーリーを束ねる柱を担っている。

これから製作に着手するスパイ映画は
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー