通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ボードレール 他五篇 (岩波文庫―ベンヤミンの仕事... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 1994.3 第1刷。カバーにくすみ・スレ・ヨレ等使用感あり。本文・天・地・小口に弱い焼けあり。本文は概ね良好です。読む分には問題ありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ボードレール 他五篇 (岩波文庫―ベンヤミンの仕事) 文庫 – 1994/3/16

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ボードレール 他五篇 (岩波文庫―ベンヤミンの仕事)
  • +
  • 暴力批判論 他十篇 (岩波文庫―ベンヤミンの仕事)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 34pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

時代の強風にあおられて、その生の中断を余儀なくされたベンヤミンだが、彼の遺した仕事はこの危機の時代においてますます清新な輝きを放っている。パリ亡命後に書かれた文章のうち、大衆化時代の芸術を考える上で欠かせない「複製技術の時代における芸術作品」など、生涯の思考の結晶ともいうべき「歴史の概念について」に至る6篇。


登録情報

  • 文庫: 357ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1994/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003246322
  • ISBN-13: 978-4003246320
  • 発売日: 1994/3/16
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 326,256位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
昨日朝のラジオで、中島岳志さんがでていて
維新から1945年敗戦までの75年は、敗戦から
現在までの75年と類似していて、さらに、発展の
25年、成熟の25年、そして、停滞の25年に3分割
されるという話をされていた、

ベンヤミンンのこの本には、ボードレールについての1編
があって、ややネガティブに論じているようなのだが、
実は、その稿の初めの方に、19世紀フランスの大統
領であり、皇帝だった、ナポレオン3世の相貌の描写が
あって、それがいかにも、21世紀のわれわれになじ
みの政治家に似ていたので、本筋ではないものの、引
用しておくことにした、

「大統領時代、かれの道具の一つは、12月10日団だっ
たが、その中核はフランス人がラ・ボエームと呼んでいる
曖昧なバラバラな浮き草のような大衆ばかりだった。
皇帝になったあとも、ナポレオンは陰謀者の習慣を、なお
育てていた、不意打ちの布告、秘密主義、突然の攻撃、
底意地の悪い薄笑い、これらは第2帝政の基底をなしてい
る、
かれは、自分の見解を結論的に持ち出している、議論は
かれの知ったことではない、テーゼとテーゼの矛
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 YA/DA 投稿日 2009/11/25
形式: 文庫
野村修個人訳によるベンヤミン。晶文社版著作集のいまいちな翻訳に苛ついていた世代の人間としては待望の個人訳だったことをよく覚えてます。21世紀の今日、ちくま学芸文庫版とどっちの訳が良いかと言われたら、全然ちくまの方がいいです。なぜかって言って、ちくま版は、当然野村訳を参照した上で翻訳がなされたからでしょう。いろいろ誤訳っぽいところもあり、恣意的な意訳っぽいところもあり・・。でもどっちか選べと言われたら、こっちを推薦します。ラインナップがいいからです。「複製技術時代の芸術」と「ボードレールに於ける第二帝政期のパリ」と「歴史の概念について」が一冊にまとまっているこっちを推薦します。ちくまの「ベンヤミン・コレクション」から浮かび上がってくるベンヤミン像より、野村修訳編の「ベンヤミンの仕事」二冊から浮かび上がって来るベンヤミン像の方が魅力的です。どちらか迷ったら岩波文庫版がいいです、断然。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 「ベンヤミンの仕事1」の方は難解な感じがしてあまりよく読めなかったが、こっちはかなり平易に書かれているように思える。なかなか面白く読めた。
 まだ無名に近かったカフカを取り上げた章もあるが、一番面白かったのは「ボードレールにおける第二帝政期のパリ」だった。ボードレールの作品やその特徴を時代背景を通じ、都市論やユゴー、ポーなどの先達と絡み合わせて具体的に書いていて面白い。
 「歴史の概念について」も面白かった。歴史が生きてくるのは現時点との光を放つ接点が生まれる時。ベンヤミンは左翼思想の傾向があり、その点から反感もあるが、「いつの時代でも支配者は、かつての勝利者たち全体の遺産相続人である。したがって勝利者への感情移入は、いつの時代の支配者にも、しごくつごうがよい。(中略)支配者たちはしかし、歴史的唯物論者という、距離を保った観察者がひかえていることを覚悟しておくがよい。」という言葉は、日本においても歴史と現在を照らし合わせてみるとき何らかの役に立つだろう。勝者の視点ばかりで見ないということ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ベンヤミンの仕事を初めて目にしたのは、岩波文庫版「ボードレール」だった。新しいボードレール論集の一つかとページを繰り始めた瞬間。
 ぼくは瞠目した。
「フランツ・カフカ」論の冒頭、「ポチョムキン」の章。
 宰相官邸の薄暗い控えの間、奥の寝室に閉じこもったままの周期的鬱病の宰相ポチョムキン、彼から決裁を貰えず右往左往する高官達。
 この膠着的場面に現れた下っぱ役人のシュブァルキン。彼の横断的行動は、固く閉ざされた扉を抜け、奥の間から決裁を持ち帰ることに成功するが、その書類には、すべてシュバァルキンと記されていたのだ。
 幻か、嘘か、真実か。この眩暈のような物語は、ベンヤミンが言うように、カフカの作品より200年先立って駆けていくのだろう。
 ぼく!は瞬時に、歴史的寓話のように汲み上げられたカフカの世界に連れ去られてしまったのだ。
 これが「新しい天使」との最初の出逢いだった。
 
 
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告