通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ボーイズ・オン・ザ・ラン 6 (ビッグコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ボーイズ・オン・ザ・ラン 6 (ビッグコミックス) コミックス – 2007/5/30

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 545
¥ 545 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ボーイズ・オン・ザ・ラン 6 (ビッグコミックス)
  • +
  • ボーイズ・オン・ザ・ラン 5 (ビッグコミックス)
  • +
  • ボーイズ・オン・ザ・ラン 7 (ビッグコミックス)
総額: ¥1,635
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

登録情報

  • コミック
  • 出版社: 小学館 (2007/5/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091811957
  • ISBN-13: 978-4091811950
  • 発売日: 2007/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ぜんたろー 投稿日 2007/6/11
形式: コミック
 再び田西の前に現れた青山のセリフ「なんだそりゃ。」は、前巻のちはるのセリフ「なにそれ。」と対応したものでしょう。その意味するところは、おそらく物語からの離脱。

 田西のボクシングへの動機付けの一部には、「青山への復讐」「ちはるを取り戻す」といった部分が少なからずあったと思いますが、その情熱は、ちはると青山の「なにそれ」、「なんだそりゃ。」によってかわされ、永遠にかなわぬものになったのだと思います。

 しかし田西は、目標を失って迷うことはなく、ほかに目標を見つけて、ボクシングを続けます。田西の行動は浅はか、スジが通らない、行き当たりバッタリ、そういう見方もあるかも知れませんが、そんな中に人間のしぶとさ、根底の生命力のようなものを感じました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
最近スピリッツを毎週買うようになったのは「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の女ボクサー、ハナが出ているからだ。

金髪で女ボクサーというと、ごついヤンキーボクサー?というイメージだが、ハナは飾り気の無い美少女トレーナーだ。

しなやかな身体で繰り出すパンチ、最高にかっこいい!

また耳が聞こえないせいか、田西との間が絶妙にハズレるのが楽しい。

今までムカつく青山や、無神経なちはるの社会人編もイタイ面白さがあったが、

個人的にはボクシングジム編の方に夢中だ。

ハナ目的でジムに入った恋愛にまどう田西だが、ここで鍛錬して男になってほしいものだ。

6巻ではまだだが現在連載中の作品ではハナが悪い奴等にたちまわり、田西は相変わらずでハラハラさせられる。

7巻目は8月30日に発売らしいが次号も期待している。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
リアルな人物描写がいいです。カッコ良すぎない、収まりが悪い、そんな展開が現実ですから。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
恵まれた容姿も、頭脳も、何かに秀でた才能も持っていない、僕達普通の人々の日常は、

やっぱりどこか冴えなくて、

そんな冴えない日常を抜け出す道も実はほとんどない。(田西はやっぱり青山に完敗する)

でも、うだつがあがらなくても、

僕達はとてつもなくエモーショナルに毎日を送っているんだ、

ということを、丁寧に丁寧に描いていっているのが、

この漫画が多くの人たちを共感させる理由だと思っています。

そんな中、ボクシング篇が始まって、

田西の日常がどんどん「ドラマチック」になっていっています。

そうすると、

なんでもない日常の積み上げでこそ成り立つこの作品が、

ありふれた普通の漫画になってしまうのではないか、

とちょっとだけ心配したりします。

まだ全然面白いですけど。

「普通の生活」は実は煉獄のようだ、ということを

いまだに粛々と描き続けているという意味では、

「ハクバの王子様」のほうが、ちょっと上かも。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告