通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ボーイズ・オン・ザ・ラン 5 (ビッグコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 目立った傷もなく美品です。気持ちよく読んでいただけると思います。中が見えない封筒で、主にゆうメールで発送予定です。迅速対応を心掛けています。万一不備がございましたら対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ボーイズ・オン・ザ・ラン 5 (ビッグコミックス) コミックス – 2007/1/30

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 545
¥ 545 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ボーイズ・オン・ザ・ラン 5 (ビッグコミックス)
  • +
  • ボーイズ・オン・ザ・ラン 4 (ビッグコミックス)
  • +
  • ボーイズ・オン・ザ・ラン 6 (ビッグコミックス)
総額: ¥1,635
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

登録情報

  • コミック
  • 出版社: 小学館 (2007/1/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409181056X
  • ISBN-13: 978-4091810564
  • 発売日: 2007/1/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 しんのすけ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/2/17
形式: コミック Amazonで購入
今までにこれほど悲しい気持ちで「バキュームフェラ」という言葉を使った漫画があっただろうか。

青山とのケンカはあくまで自分のためにやったこと。だから田西は最後まで笑って見送ろうとしたのに、青山を気遣う無神経なちはる。

張り詰めた糸が切れたように青山から聞いた話を口にしてしまう田西。

お互いに言ってはいけないことを言ってしまった後の「さわんじゃねえ!」と「何それ。」のやりとりは読んでいてただただ悲しい。

きっともう二度と会うことのない二人が、お互いあの言葉さえ言わなければ少しは綺麗な思い出になったかもしれないのに。

普通の漫画ならここは感動の別れになるはずだが、作者はそんな救いをけっして読者に与えてはくれない。

あれだけひどい目に遭わされた青山に「薄っぺら」だと言われて何も言い返せない田西。

その田西の裏切りから始まったこととはいえ、最後まで無自覚に田西を傷つけたちはる。

どうしようもなくバカな若者たちの、どうしようもなくバカな恋愛が、ついに全て終わった。

徹底的に田西の視点だけから描かれているため、読んだ後まるで自分が田西になったような喪失感に襲われた。

ここまででこれだけの大きなドラマを見せて、果たしてこれからのボクシング編は大丈夫なんだろうかと心配になるほどの出来。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
漫画だから主人公だから正しい行動だからハッピーではない、この作品は自分も含めた冴えない人間の気持ちや行動を上手に描いている。ちはるのようにどうしてこんな男に惹かれるんだろう、そんな男より自分の方が優しく大事にしてあげれると思っていてもでは自分は何が他人より優れているのかと問われれば見つかるわけも無くそこはただ漠然とですが。正義がもてはやされたり女の人を惹きつける決定打ではないって本当の現実を書いているのが共感できます。ボクシング編が始まりましたが人が何かを始めたい気持ちってそんな簡単なきっかけや不順な気持ちって事が実際はほどんどなのではないかと思います。面白い中にも本当の現実世界をを上手く取り入れていていてとても好きな漫画です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 白猫ごろう VINE メンバー 投稿日 2007/2/5
形式: コミック
きれいごとではすまさず、無様で残酷で不条理で、なかなかカッコがつかない現実を描きながらも、その中で、その中だからこそ輝く一瞬の熱さ。

名作「最強伝説黒沢」のせりふを借りれば、「人生に血が通った」。

田西が青山との戦い、ちはるとの決別で得たものは大きい。

だからといって、その後、トントン拍子で何かがうまく行くことがないのが

この作品のリアルなところ。

だが、韓国!?での出会いと、あるものとの出会いが田西の運命を変えるのか?

名作になるかどうかはわからんが今、一番目が離せない作品であることは確か。

それにしても、いつも気になるところで終わってくれる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ついに青山との最終決戦。公園の砂場(金網で囲まれてる)で田西は為す術なくボコボコにされます。
満身創痍の田西に青山はこう言います。
「何もして来なかった奴が、勝てる訳ないんだよ。」
「うすっぺらなんだよ、アンタ」

うーん、全くその通り!
悔しいがそうなんだよね。何も努力しない奴が何かを成し遂げようとしてもそりゃ失敗しますよ。
もう本当に努力せずには居られないなと思った一言でした………

その直後田舎に帰ろうと新幹線に乗り込まんとするちはるのもとに傷だらけの田西。そこで田西は…

うーん、奥深い。ちはるが新幹線に連れ込もうと田西の手を引っ張るそのちはるの手を振りほどく田西の気持ちはよくわかります。

この後はなんだかボクシングの世界にのめり込む気配…
青山との決着はちゃんと着けて欲しいけどボクシングの世界に入ったらそれは難しくなりそうな気がします。

またいいタイミングでこの巻の表紙にもなってる金髪赤ジャージ娘(?)が出て来ます。
なるほど、ここで出して来るか。って感じです。

構成力高いな〜…

ちはるとの関係はどうなるのか。また赤ジャージの女の人との関係もどうなるのか。<
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告