通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ボーイズ・オン・ザ・ラン 2 (ビッグコミックス) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品となりますので多少のスレ・傷・日焼け・汚れ・年経による傷み等はございます。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。特典は原則付属していません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ボーイズ・オン・ザ・ラン 2 (ビッグコミックス) コミックス – 2006/3/30

5つ星のうち 3.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 545
¥ 545 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ボーイズ・オン・ザ・ラン 2 (ビッグコミックス)
  • +
  • ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (ビッグコミックス)
  • +
  • ボーイズ・オン・ザ・ラン 3 (ビッグコミックス)
総額: ¥1,635
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

痛みを知る、すべての男たちへ。あるいは、すべての痛い男たちへ。三十路目前、そろそろ選択しようじゃないか、我が人生! 超等身大ダメ男・田西敏行の遅咲き青春ブルース!!


登録情報

  • コミック: 206ページ
  • 出版社: 小学館 (2006/3/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409180215X
  • ISBN-13: 978-4091802156
  • 発売日: 2006/3/30
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
そう思うことってあるよね。

この作品はとにかく少しだけ浮上したと思ったらさらにどん底に突き落としてくれる。

駄作だなんて思わないけど読んでいてめちゃくちゃ消耗する漫画だと思う。

多分今から読む人は、大体どんな話かを分かって読み始める人が多いんだろうけど、兎に角精神的に落ちてる時には読まない方が良い。

カタルシスとかそういうのを感じたいなら他の作品をおすすめしますよ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 期待の2巻、発売日に早速購入して読みました。

がしかし、物語はまだ導入部分を終えていないようです。

赤ジャージの女性が再登場しますが、まだそのキャラクターは

謎につつまれたまま。そして後半では、相思相愛までいった

タニシとちはるですが、ある誤解から二人の距離は離れてしまいます。

そしてちはるは・・・。・・・。痛い、痛すぎます。

自分自身の体験を思い出して、相当ブルーになってしまいました。

辛すぎる展開に、ギャグも笑えません。

 このまま物語は、マゾヒスティックでリアルな痛みを追求していって

しまうのか心配です。

 作画は、相変わらず魅力的です。

池袋PARCOのガード下>西口>ビックリガード>鬼子母神のルートは

まるで本当に二人が通っていったようです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
鬱屈して,しすぎる自分が嫌になって,プライドが埃まみれになる寸前で発奮して,躁になって,張り切りすぎて,途中でエネルギーを使い果たして,はっと我に返って,ハリキリボーイな自分を俯瞰して,また,鬱になる.

 こんなサイクルを延々と繰り返しながらきっと大人になるんだろうなぁ.っていい年こいていってる.

 僕も27歳,幸せと不幸せの間でブランコを漕ぐように毎日を過ごしているのですが,「おしっ!まだ27歳!頑張ろう!」と思わせてくれる作品です.
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告