通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ボーイズ・オン・ザ・ラン 10 (ビッグコミックス... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 目立った傷もなく美品です。気持ちよく読んでいただけると思います。中が見えない封筒で、主にゆうメールで発送予定です。迅速対応を心掛けています。万一不備がございましたら対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ボーイズ・オン・ザ・ラン 10 (ビッグコミックス) コミックス – 2008/6/30

5つ星のうち 4.4 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ボーイズ・オン・ザ・ラン 10 (ビッグコミックス)
  • +
  • ボーイズ・オン・ザ・ラン 9 (ビッグコミックス)
  • +
  • ボーイズ・オン・ザ・ラン 7 (ビッグコミックス)
総額: ¥1,676
ポイントの合計: 36pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

痛みを知る、すべての男たちへ。あるいは、すべての痛い男たちへ。三十路目前、そろそろ選択しようじゃないか、我が人生! 超等身大ダメ男・田西敏行の遅咲き青春ブルース!!

 シリーズ完結巻!


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 小学館 (2008/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091820492
  • ISBN-13: 978-4091820495
  • 発売日: 2008/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
連載中、毎回続きを楽しみにしていた作品でした。
あまり単行本も買わなくなった私でも久々に単行本を購入した位です。
登場するキャラクターも良かったし、今後の展開がとても楽しみだったのですが…

何故か最終回間際は急ぎ足で辻褄を合わせるかの如く、バタバタっと伏線が収束してしまったかの様な印象が強く…まぁ連載をこれ以上続けられなくなった大人の事情もあるのでしょうが、個人的にはもっとじっくりとラストに向けて描ききってもらいたかったですね。
特に不良共とつるんでいた元チャンプっぽいボクサーが居ましたが、彼についてのフォローが何も無いまま終わってしまったのは残念でなりません。

単行本の方では、そんな消化不良的な終わり方をした週刊連載を補足する様な意味合いを込めてか、その後の展開を描いた追記があります。
それでも自分のこの作品に対する想いは満たされませんでしたけれどもね…。
これまでの展開が良かっただけに非常に惜しまれるエンディングでした。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
何をやらせてもダメなヘタレ男、田西。
救いようのない弱者たちのストーリー。
しかし最後にある救い…僕は泣いてしまいました。

作者は、主人公に次々と試練を与える。その度に逃げたり迷ったり、
やっと意を決して立ち向かったら立ち向かったで、ボロ負けしたりする。
その惨めさは、時に直視できないほど痛々しい。

作者は女嫌いだと言うが、実は女を、そして愛を信じている人だと思う。
薄っぺらな愛では、ダメな主人公は覚醒しない。次々と試練を与え、
最果ての地でついに愛を手に入れる主人公。作者は、強靭な愛を完成させるため、
たくさんの挫折や絶望を用意したのだと思う。

「愛さえあれば何でも出来る」、作者はこう言いたかったのではないか。

酷いエピソードの連続だが、投げ出さずに最後まで読んで欲しい。
きっと、ほんのりと暖かい気分になれるはず。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ここまで読者の心を揺さぶる作品もそうそう無いと思う。
テレビや雑誌なんかでは華やかな、作られた世界しか見せない中、
今そこにあるとんでもない現実に焦点を当てている気がする。
メディアはいつも華やかな所しか映さなくて、
少数派である暗い闇の部分は映そうとしない。でもそこには確かにそういった
現実が存在していて。苦しみもがいている人が存在していて。
そこを隠しもせず、読者に見ろと言わんばかりに訴えかけてくる。

花沢さん、この作者さんは本当に天才だと思う。
恐らく一番最初の時点で多少の途中からの付け足しや変更はありながらも、
大筋のラインは頭の中で作り上げている。全て計算し尽くしている。
そんな箇所がそこら中に散りばめられてる。
本当にこの人はすごい。

ラストも納得のいくラストだった。
エロが強いから決して万人に受け入れられるわけではないかもしれないけど、
間違いなく自分の中では名作。
読んでてこれ程までに落ち込んだりニヤニヤしたりする作品は初めて。
読んでた時に隣にいた某人に「だ、大丈夫?」と心配された位だ。

田西に色々教えられた。田西最高。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 topvalu 投稿日 2010/1/21
形式: コミック
ラストは感動の嵐でした。
全巻読み返すとつらい部分が多すぎる漫画ですが、とにかくパワーがあり
まだ一巻も読んでない方には特にお奨めです。

前に踏み出す、まずはリングに立つ

そんな勇気が分けてもらえる漫画だったんではないでしょうか。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
最終刊まで一気に読み終えました。とにかく主人公田西に七難八苦などという言葉ではぬるいほどの試練が訪れます。例え格好悪くても好きな人の為に闘う姿は やはり感動します。最期の終わり方はいささか性急な気もしましたがそれでも名作だと思います!しかし、ちはるちゃんって複雑な性格だな…。嫌いにはなれないけど判断に迷う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
10巻で最後です。1〜10巻通してのレビューです。
終わり方はすっきりして読後感は混ざらない白色100%黒色100%の感情
とか・・・良かった!!けどすごいモヤモヤする!!です。
キャラクターが漫画なのに残酷なほど濃すぎるから感情の揺さぶられ方が尋常じゃないです。
地獄から天国だと思ったらまた地獄で天国にいくかと思ったらやっぱり地獄で。
リアルな人間の心情描写と主人公田西への感情移入が相乗効果でほんときつくなります。
植村ちはるのビッチ具合が全編で1度もひっくり返ることがないのがちょっと救いようがなかったです。
(たった一度だけ田西を好きになりかけてただけに、別れたあとのビッチ加減がハンパない)
(弁当の下りも結局中絶するまでの布石だったのかが気になる所です)
現実にも別れたあとにそいつのあることないこと悪口を言いまくる人いますからね。歪んでるけどあえて良く言えば愛情の裏返し。
人は簡単に付き合い方次第でどうとでもなるなと改めて思いました。
シューマイ先輩の話でいじめる方が一方的に悪いとは思わないけどいじめられた奴が精神壊された
腹いせに人を殺してもいじめられた奴だけが一方的悪者で片付いてしまう悪循環を一寸考えさせらました。
花沢さんのTHE人間描写は萌
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー