ボヴァリー夫人とパン屋 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,182
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ボヴァリー夫人とパン屋 [DVD]

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Ace libros 【年中無休で発送中!!土日祝日も発送しています】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,175より 中古品の出品:4¥ 1,800より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ボヴァリー夫人とパン屋 [DVD]
  • +
  • 彼は秘密の女ともだち [DVD]
  • +
  • サンドラの週末 [DVD]
総額: ¥9,751
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ファブリス・ルキーニ, ジェマ・アータートン, ニールス・シュナイダー, ジェイソン・フレミング
  • 監督: アンヌ・フォンテーヌ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: フランス語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2015/12/02
  • 時間: 99 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B015FLSLWM
  • EAN: 4547462099730
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 62,113位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

妄想と愛が香り立つ大人のファンタジー!
『ココ・アヴァン・シャネル』監督最新作


フランス西部ノルマンディー地方、美しい田園風景が広がる小さな村。
パリで12年間出版社に勤務した後、平穏で静かな生活を求めて故郷に戻り、稼業のパン屋を継いだマルタン。
毎日の単調な生活の中で文学だけが想像の友、とりわけボロボロになるまで読みふけっているのは、ここノルマンディーを舞台にしたフローベールの『ボヴァリー夫人』だった。
そんなある日、向かいにイギリス人夫妻、その名もジェマとチャーリー・ボヴァリーが越してくる! マルタンはこの思わぬ偶然に驚き、小説さながらに行動する奔放なジェマから目が離せなくなってしまう。
一方ジェマもマルタンの作る、やさしくて芳醇な香りのパンに魅せられていく。
ボヴァリー夫妻と親交を深めるうちにマルタンの好奇心は、単なる文学好きの域を超え、ジェマを想いながらパンをこね、小説と現実が入り交じった妄想が膨らんでいく。
しかし、『ボヴァリー夫人』を読んだこともないジェマは勝手に自分の人生を生きようとする。
そこへ若きアポロンのごとき美青年が出現し、ジェマは夫の目を盗み情事を重ねるようになる。
このままでは彼女が“ボヴァリー夫人と同じ悲劇の結末を迎えるのでは?" 心配したマルタンは思わぬ行動に出る。


※映像特典
日本版劇場予告


<キャスト>
マルタン・ジュベール ・・・ファブリス・ルキーニ
ジェマ・ボヴァリー・・・ジェマ・アータートン
エルヴェ・・・ニールス・シュナイダー
チャーリー・ボヴァリー・・・ジェイソン・フレミング


<作品の魅力>
★フランス4週連続興行成績第1位! 『ココ・アヴァン・シャネル』のアンヌ・フォンテーヌ監督最新作!
『ドライ・クリーニング』で第54回ヴェネチア国際映画祭 最優秀脚本賞を受賞。

『ココ・アヴァン・シャネル』で第82回アカデミー賞®衣装デザイン賞にノミネートされ
世界的評価を得たアンヌ・フォンテーヌ。

女性の官能性を秀逸に描くことでも知られるアンヌ・フォンテーヌが仏文学の傑作
『ボヴァリー夫人』をモチーフにしたグラフィックノベルを映画化!

★官能的でユーモラスなファンタジー
小説の世界と現実の世界を混同したパン屋が巻きおこす、 “妄想"と、青年との不倫に溺れる人妻の“現実"。

二人の交錯とスレ違いを通し、思わず笑いがこみあげてしまう予測不能の展開と、
その先にある“全く予想できない衝撃の結末"には誰もが驚愕!! 悲劇であり喜劇、フランス映画らしいエスプリと、大人のユーモア満載!

★フランス・ノルマンディー地方の美しい風景&香り立つ本場フランスパンは必見!
本作の撮影は、原作「ボヴァリー夫人」の作者フローベールの出身地でもある フランス西部ノルマンディ地方のルーアン近郊で行われ、世界感が見事に 再現されている。
素朴で美しい四季折々の風景だけでなく、マルタンの作る 本場フランスパンの数々。
(パン・ド・カンパーニュ、バケット、エピ、 ブリオッシュ、クロワッサン)「愛」と「食」が官能的に絡み、そこに笑いのスパイスが加わり、美しい人妻ジェマの躰だけでなく、パンを嗅ぐシーンも、何ともエロティック!

★演技派キャストが世界観を体現! グラマラスな英国美女ジェマ・アータートンx円熟男優ファブリス・ルキーニの共演
それぞれが愛に目覚めていく心理を嫌味なく体現化。
エルヴェ役の美形男優ニールス・シュナイダーにも要注目!


※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

小説と現実を混同する男による、ユーモア溢れる官能ファンタジー。マルタンの営むパン屋の向かいに、愛読書の「ボヴァリー夫人」さながらのイギリス人夫妻が越してくる。マルタンは奔放な夫人から目が離せなくなり…。

商品の説明をすべて表示する

メーカーより

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

撮影開始直前に、アンヌ・フォンテーヌ監督は膝を負傷し、やむを得ず車椅子から指示を出し、演技指導を行ったとのこと。余分な力が抜けたからか、軽妙洒脱な仕上がりになっている。
この映画の原題はGemma Bovery(ジェマ・ボヴァリー)。イギリスの絵本作家Posy Simmonds(ポージー・シモンズ)の同名のグラフィックノヴェルを映画化したものである。
ノルマンディー地方の、時代から置き去りにされたような美しい村で起きた不倫劇。そのてん末を当事者ジェマの日記と、マルタン・ジュベールの回想から描き出している。
パリで学術書の出版に携わっていたマルタンは、7年前、ストレスだらけの都会生活に別れを告げ、故郷に戻り、父親のパン屋を継いだ。世話好きで、愛読書はフローベールのMadame Bovary(ボヴァリー夫人)。
向かいの古びた空き家にイギリス人の若夫婦が引っ越してくる。ジェマ・ボヴァリーと夫のチャールズ(チャーリー)だ。ジェマの何気ない仕草、うっとりした表情でパンのにおいをかいだりするのを見て、マルタンの10年間眠っていた性欲中枢は刺激をうける。
ジェマ役のジェマ・アータートンはそばかすだらけだが、フェロモンが匂い立つような、肉感的なボディ―を持ったイギリスの女優。不倫に走る若妻役は彼女にぴったり、持ち味が生きている。
ジェマ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 イギリスの絵本作家ポージー・シモンズの原作を、フランスのアンヌ・フォンテーヌが監督した作品。

 フローベールの小説『ボヴァリー夫人』を愛読書とするマルタンは、12年間、パリで誰も読まない学術書出版に関わったストレスから、7年前、平穏に暮らしたいと故郷へ戻り、父が営んでいたパン屋を継いだ。
 しかし、ある日、向かいの家に、イギリスからボヴァリー夫妻が引っ越して来て・・・・・・。

 小説の一節に、美味そうなパンの製造行程が被り、諦めに似た中年男のモノローグと表情、如何にもフランスの洒落た大人の映画といった雰囲気で始まる。
 パトリス・ルコント監督『仕立て屋の恋』のような、凝縮し、かつ突き放すような秘めた凶暴性を期待したが、マルタンはほぼ全篇に登場するも進行役に過ぎず、飽くまでもボヴァリー夫人を中心に廻る展開。

 パン、チーズ、ワイン、ヴェジタリアン、部屋の改装、トレーニング器具、家具、ダイエット、退屈な夫、若い男への関心など、如何にも、さして美しくもないのに気取った女性の興味を引くアイテムがズラリと並ぶが、「ケッ」と舌打ちしたくなる同性も相当多いのではないだろうか。
 例えば、シェイクスピアの原作を大胆に映画化した『タイタス』のジュリー・テイモア監督、知的猛女・故スーザン・ソンタグ、ポスト
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2.3作官能作品見たがどれもストーリーが
入り組んでて不倫のセクシーさと
女性と男性のいきさつが無いです。
ストーリー自体も面白さが無い。
ストーリー自体、上品で悲しすぎるストーリー
です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック