Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500

¥ 169の割引 (25%)

(税込)
ポイント : 52pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[高橋ゆたか]のボンボン坂高校演劇部 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
Kindle App Ad

ボンボン坂高校演劇部 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ボンボン坂高校演劇部(ジャンプコミックスDIGITAL)の8の第1巻

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 500
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669 ¥ 1

紙の本の長さ: 288ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

【ページ数が多いビッグボリューム版!】時計坂高校一年の順菜正太郎は、入学式当日すれ違った美少女・日比野真琴に一目惚れ! しかし彼女の後ろ姿を追い、演劇部の部室へたどり着いた正太郎を待っていたのはなんと体は男で心は女、そして三頭身の部長・徳大寺ヒロミだった! 部長ヒロミに気に入られてしまった正太郎の高校生活は…波乱の予感!? 描き下ろしショート漫画/著者一問一答収録!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 72925 KB
  • 出版社: 集英社 (2015/12/18)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B018LJZB64
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
小学生のころ大好きだったマンガなので購入しました。

正直、大人になった今読んでも楽しめるかどうか不安だったのですが、すごく面白い!
子供の頃このマンガから感じたパワーは本物だったようですw
笑いたい人はぜひ、このマンガを手にとって下さい。
 

ただ文庫化にあたって、高橋ゆたか先生が書き下ろした部分の絵柄が当時の絵柄と全然違っていることがショックで仕方ありません・・・。
これだけ絵柄が変わってると万に一つも続編の可能性が無くなってしまったような気がします・・・。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
例えば「ドラゴンボール」や「スラムダンク」といったジャンプ黄金期の漫画は、色褪せる間もなく、漫画界に君臨し続けてきた。しかしその影に隠れ、しっかりと色褪せて帰ってきた「ボンボン坂高校演劇部」は、「正しくあの頃の漫画」だと言えよう。

本作はオカマの部長とその部長に振り回される主人公・順菜正太郎、そしてヒロイン日比野真琴、その他大勢との賑やかな恋愛関係を描いた演劇部ラブコメ。繊細なペンタッチ、個性的なキャラクターたち、部長の変幻自在のコスプレギャグ、そして少しエッチな要素もあるという少年誌らしい王道ギャグ漫画である。

だが、連載していたのはもう15年以上も前。今回文庫化され、久々に読めることとなって嬉しい限りではあるが、不安がなかったわけではない。確かにおもしろかった記憶はあれど読んでいたのは小学生の自分、そして楽しい思い出ほど往々にして美化されてしまうもの。
要するに、つまらなかったらどうしようという不安。実際、最近読み切りとして復活した話もイマイチ楽しみ切れなかった。ギャグ漫画というジャンルは特に風化も激しい。そこだけが気がかりだった。

しかし、笑った。声に出して笑ったものもあった。もちろん不安が的中していた部分はあるが、思った以上に今の感性でを楽しめたし、何気にオマケ漫画もおもしろい。
そして期
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
全く別の理由でBOOKOFFに行ったとき
この本が文庫版なっていることをはじめて知って思わず大人買いしてしまいました(笑)
「ドラゴンボール」や「スラムダンク」といったジャンプ黄金期の漫画は、色褪せる間もなく、漫画界に君臨し続けてきましたし
新規のファンも増えてきているんでしょうけど、その影に隠れている漫画もあるのです
自分にとっては「ボンボン坂高校演劇部」は、間違いなく「あの頃の漫画」だと言えます。

名ばかりのイラストクラブに在籍していた90年代前半 この漫画を何回も書いていました(笑)
本当に懐かしいです まだ10代だったからなのかナンセンスなギャグばかりなのに
なんだか笑ってしまうんですよね   
だが、連載していたのはもう17年以上も前。この漫画をリアルタイムで追いかけ
ジャンプを読み漁っていたのも随分昔…93年は週刊少年ジャンプを全集集めて本棚で写真を撮ったの思い出します
もちろんこの漫画が好きで集めたというのもあります 
今回文庫化され、久々に読めることとなって嬉しい限りではあるが、久々に読むことで不安がなかったわけではない。確かにおもしろかった記憶はあったけど
要するに、あれは幼心であって大人になるとつまらなかったらどうしようという不安。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
内容は当然昔ながらのボンボン坂でそれを懐かしむのもアリですが、
表紙や新たに描かれたおまけ漫画を見て愕然とした人もいるんじゃないでしょうか。
現在(この文庫が出されたのは2010年)この作者がこの漫画を描くと、
とにかく絵がくどい。
あらかじめくどく描かれているキャラはむしろ似合うのですが
真琴ちゃんみたいな透き通ったキャラは上からバターをかけたようなくどさ。
それが表紙とおまけ漫画だけでもわかると思います。
本編には影響はないですが、当時のきれいだった表紙もどこかに収録されることを望みます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover