ボビー・フィッシャーを探して [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ボビー・フィッシャーを探して [DVD]

5つ星のうち 4.4 45件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,298
価格: ¥ 1,289 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,009 (70%)
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,289より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でボビー・フィッシャーを探して (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ボビー・フィッシャーを探して [DVD]
  • +
  • 新装版 ボビー・フィッシャーのチェス入門
総額: ¥3,233
ポイントの合計: 59pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョー・モントーニャ, ローレンス・フィッシュバーン
  • 監督: スティーブン・ザイリアン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2006/04/03
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 45件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000F903MQ
  • JAN: 4988113819145
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 50,892位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

★実話を基に、親子の真実の愛を描いた感動のリトル・アメリカン・ドリーム

ジョシュは7歳にして天才的なチェスの才能を持つ。それに気がついた父親は往年のチャンピオン、ブルースを息子のコーチとして雇う。第二のボビーフィッシャーを目指してレッスンを続け、やがてジョシュはその実力を全米のトーナメントで発揮し始める…。

内容(「Oricon」データベースより)

天才的なチェスの才能を持つ7歳の男の子と、才能を伸ばすために心血を注ぐ父親のドラマを描いた感動作。ジョー・モントーニャほか出演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 G太郎 トップ500レビュアー 投稿日 2015/11/7
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
アメリカ映画にはスポーツなどのコーチものは一ジャンルと言って良いほどありますが
本作は原作がスポーツライターをしていたお父さんです。
職業柄もあり、プレーヤーが生活をともにする実の息子でもあり、それらより一歩踏み込んだ内容と思います。
主演の男の子の細かな表情を丁寧に拾う演出
また、相手の自尊心がへし折れる音が大好きだと言ったボビー・フィッシャーとは対極のやさしい子である点も
ジョシュ君をどんどん応援したくさせます。
才能を伸ばせるだけ伸ばしてやりたいという思い、無残な敗者にしたくないという思いから
英才教育がエスカレートするのもわからなくはない、というかそういう親心を追体験させてくれる貴重な映画です。
子供に教えたいことは山程あるのに結局彼らは自分の力で戦う
―ライバルコーチの言にハラハラして見守るしかない周囲の葛藤が良く現れています。

原作の翻訳が詰将棋やチェスへの造詣でしられる若島正さんで
若島さんが後書き等でその後を少し記しており、読んで驚きましたがその後のジョシュ君は意外な転身をした模様
老子の思想に触れ太極拳推手の世界チャンピオンになった後、アブダビコンバットを3度制したマルセロ・ガッシアのもとで柔術の黒帯を取得
今では自分の才能
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
自分の子供が非凡な才能に恵まれていたとしたら、
ひたすらその才能を伸ばすために親はあらゆる努力をするだろう。
しかし子供にも「あらゆる努力」を強要するかどうか?
その考え方の違いを、映画では登場人物全員が見事に見せてくれる。
キラキラのスターは出ていないけれど、説得力を持った重みのある
名優揃いで丁寧に描かれている。主役の少年の目の持つ美しさが
控えめで理知的なジョシュという役柄そのままでとても可愛い。
チェスの世界、トーナメントの過酷さと、少年の日常の時間の
テンポが対比され、物語が進むにつれその割合が逆転し、少年と
その家族の行く末を見逃すまい、と引き込まれる。
予備知識なく偶然出会った映画ですが、
「あー、良い映画見たな」とひと言呟きたくなりました。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
プライム無料放送期間に視聴。
感動的なラスト、という触れ込みを見ていた気がする。
私はてっきりあの子と友達になれるのかと思っていた。
対戦相手があのような終わりで、モヤッとする……。
引き分けを申し出ることが素晴らしいことのような話にもちょっと理解が追いつかなかった。
勝負に負けたら負け、それはそれでいいじゃないか、と思うからです。
なぜアメリカ勧善懲悪モノみたいな敗北のさり方をあの子がしなければならないのか…
そのシーンを見ていた時に、ネバーエンディングストーリーで
ファルコンに乗った主人公が子どもたちを追いかけ回す映像が頭に浮かびました。
アメリカ映画の悪いところすぎるような……。
あのラストがそうでなければ、もっと星をあげたかった。

男の子はとても美しく愛らしく素晴らしいです。
コーチ、父親の、大人として、男としての期待や過剰な押し付け、
嫉妬や屈折社会に根付く偏見や差別も織り込んであって、様々に味わいがあって
チェスのことなんて何も知らなくても楽しめます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
まず、題名中のボビー・フィッシャーとは伝説のチェスの元世界チャンピオンで、その天才振りと共に、数々の奇行でも有名であり、本作にある通り、チャンピオン奪取(冷戦時代に当時のソ連の世界チャンピオンを破った)後に突然失踪した。ボビーに関する伝記については「完全なるチェス(解説:羽生善治)」に詳しい。本作はそのボビー・フィッシャーの再来と謳われた少年時代(7歳)のジョシュ・ウェイツキンがチェスに打ち込む姿を通して主に"家族愛"を中心として丹念に描いた作品。随所に昔のボビーの映像が挟まれるのも特徴で、ボビーとジョシュの重ね合わせを強調している事が良く分かる。特に、ボビーの昔のインタビュー映像で、「何時から真剣にチェスに取り組んだのか ?」という質問に対して、「7歳」と答える事からもこの事が良く窺える。

さて、上で「ジョシュがチェスに打ち込む姿」と書いたが、本作を観ると、最初は父親のゴキゲン取りだった事が分かる。その後、チェス界で才能を見せて活躍する(賞金も稼ぐ)ジョシュに対して、「父親=ステージ・パパ」、「母親=優しい見守り役」という構図が明瞭に示される。ここで、母親が父親の"浮かれ振り"を咎めて、父親が改心し、正常な家族の姿を取り戻すというのが一応の主題である。だが、描いている内容は相当深く、多岐に渡ると感じた。才能とは何か、チェスは単
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す