Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 600

¥ 48の割引 (7%)

(税込)
ポイント : 3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[望月充っ, 中原]のボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)
Kindle App Ad

ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。 (ダッシュエックス文庫DIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 600
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ


商品の説明

内容紹介

天下に並ぶ者がいないほど、破滅的に、神憑って、運が悪い高校生・向希純(むかいきすみ)はある日の下校途中、暗殺者ファントムの犯行現場を目撃し、次のターゲットとされてしまう。 すぐさま助けを求めに警察に駆け込むが、相手にされない希純。それでも食い下がる彼に刑事・室田万寿夫が紹介したのは、警備会社『SMG』(スクール・メイツ・ガーディアン)と呼ばれる謎の事務所だった。そこを訪れた希純を待っていたのは――なんと美人女子高生!? お金もない、頼るあてもない希純は設立されたばかりのSMGのモニターとして、沙耶香とボディガードの契約を結ぶことに。これで一安心と思った矢先…… 「あれ……? 俺、前より危ない目に遭ってない……!?」 希純に敢えて危険な橋を渡らせ、苦しむ姿をうっとりと眺める沙耶香。 実は彼女は真性のドSだった! 「護るべきか、虐めるべきか。それが問題ね」 不運な少年の強制ドMスクールライフ、危険に開幕!!

内容(「BOOK」データベースより)

破滅的にとことん運が悪い高校生の向希純は、下校途中に暗殺者『ファントム』が人を殺す現場を目撃してしまい、次のターゲットにされてしまう。助けを求めた警察に紹介されたのは、未成年者の警護を専門に請け負う警備会社『SMG』。希純はそこの代表者である、来栖沙耶香という美少女をボディガードに雇うのだが―「…あれぇ?俺、前より危ない目に遭ってない!?」希純に敢えて危険な橋を渡らせ、苦しむ様子にうっとりとする沙耶香の本当の姿。実は彼女は真性のドSだった―!?「あなた、いい声で鳴くわね」腕に自信があるからこそ、死なせない程度にお楽しみ。ドS青春スクールライフ、ここに開幕!ダッシュエックス文庫第2回集英社ライトノベル新人賞特別賞&ジャンプ小説新人賞’14 Winter小説フリー部門“特別賞”も受賞

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7656 KB
  • 紙の本の長さ: 209 ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/2/25)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BM7K35G
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 100,571位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
第2回集英社ライトノベル新人賞「特別賞」受賞作

物語は主人公にして天下に並ぶ物が無いほどツキの無い少年・向希純が家路を急いでいる場面から始まる。風邪で休んだ日に何とは無しにテレビで見た
時代劇「流しの用心棒」に、特に主人公の進さんにすっかりハマってしまった希純は火曜日になると全力で帰宅するのが常になっていたが、その日家に向かう
途中で希純がでくわしたのは「工事中」で「通行禁止」の表示。迂回なんかしていたら放映開始に間に合わないとイラつく希純だったが、すぐ傍の廃工場を
抜けて行けば間に合うと判断し敷地を突っ切る事に。静まり返った廃工場に潜り込んだ希純だったが、そこで目にしたのは背中にアーミーナイフを突き立てられ
突っ伏す老人と、その傍らに立つケープを纏い、仮面を被った怪人の姿だった。ボイスチェンジャーを通したと思しい不気味な声で「余計ナ仕事ガ増エタ」と
呟いて近付いて来た怪人から脱兎のごとく逃げ出した希純はギリギリの所で敷地の外に脱出。通報を受けてやってきた刑事二人に事情を説明する希純
だったが、死体も血痕も消え失せていた事で本気にして貰えない。いつまた例の怪人に襲われるかもしれないから警護を付けてくれと懇願するものの、
今の所事件性が薄いから無理とあしらわれる。それでも食い下がる希純に刑事二
...続きを読む ›
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover