通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ボッコちゃん (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ボッコちゃん (新潮文庫) 文庫 – 1971/5/25

5つ星のうち 4.6 78件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 196

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ボッコちゃん (新潮文庫)
  • +
  • きまぐれロボット (角川文庫)
  • +
  • ようこそ地球さん (新潮文庫)
総額: ¥1,771
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

スマートなユーモア、ユニークな着想、シャープな諷刺にあふれ、光り輝く小宇宙群! 日本SFのパイオニア星新一のショートショート集。表題作品をはじめ「おーい でてこーい」「殺し屋ですのよ」「月の光」「暑さ」「不眠症」「ねらわれた星」「冬の蝶」「鏡」「親善キッス」「マネー・エイジ」「ゆきとどいた生活」「よごれている本」など、とても楽しく、ちょっぴりスリリングな自選50編。

・2015年8月31日まで限定カバーでの出庫になります。
・ご注文時の在庫状況によって、表示と異なるカバーの商品が届くことがあります。予めご了承下さい。


登録情報

  • 文庫: 315ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1971/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101098018
  • ISBN-13: 978-4101098012
  • 発売日: 1971/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 78件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,515位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/5/6
形式: 文庫
中学生になって初めて手に取る文庫本が星新一だそうです。
ショート・ショートという形式は、星新一と同義語のように思ってしまっているのですが、短くて、読みやすくて、面白くて、音楽を聞くように次々と読めます。
これほど多くの人が読んでいる文庫本は滅多にないと思うのですが、星氏の作品に対する文壇の評価は低かったようです。
以前、宝塚にある手塚治虫記念館で「星新一」展が開催されたのですが、その時の展示に、星氏はジュニア文学の作家である、と言われ続けたことに不満を抱いていたことがありました。
これは手塚治虫氏が同じように子供向きの漫画作家という評価を受け続けたことに共通していて、そのせいかとても仲が良かったのだそうです。
因みに、手塚治虫氏の『W3』の主人公は、星真一少年でした。

さて、『ボッコちゃん』は星氏が最も思い出深い作品として振り返っていたのを記憶しています。
この作品が、ショート・ショートを決定づけた作品なのだそうです。
そういう意味では、数ある作品集の中でもこの『ボッコちゃん』は欠かせないものだと思っています。

星新一氏の作品を例えて言えば、現代の千夜一夜物語と呼べるでしょうか。
星新一さんの作品をどれほど賛美しても過ぎるということはないように思えます。
読める時代、原語で読める国に生まれて幸福であるとも思っています。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
子供の時から読んでいる星新一のショートショート。大学生になったいまでも相変わらず読んでいる。ショートショートというものの性質がそうなのかもしれないが、テンポよく次へ次へと進むあたり、CDやLPの一曲一曲を聴いているようである。
舞台が、ありそうでない日常であったり、まったくの空想世界であったり、その舞台設定だけでも十分わくわくさせられた。固有名詞のほぼ出てこない点、極めて客観的に徹した記述、無機質な中に想像力を掻き立てるものがある。努めて難しい小説を読むのも悪くは無いが、こういうシニカルな笑いを抜群のポップセンスによって短く凝縮した本も侮ってはならない。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/5/1
形式: 文庫
 この中に含まれる多くのショートショートを読めば、星氏の作品が、決して一様のものではないことがわかるでしょう。
 軽いタッチの作品、背筋が寒くなるようなホラー的な作品、淡々としたSF調の作品と、星氏の多様な作品を存分に楽しむことができます。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ガラクタ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/2/6
形式: 文庫
氏の作品は全部所有しているのだが、このボッコちゃん(おーいでてこーいのアイデアは何かからヒントを得たらしいですよ)とようこそ地球さんが自身の最高傑作ではなかろうか。
きまぐれロボットもある意味おもしろいのだが・・・(晩年の作品は随分とシュールなイメージを意識したような。そしてそれはある意味彼のあこがれでもあったのだ。シュールなものは、私には書けない,氏の口癖であった)
向こうのショートショートもかなり読んできたが、このようなきわめて特殊な文体は、彼以外には書けないだろう。

つまり初めから終わりまで完全に計算しつくされているのだ。
プロットが明晰で、まさに日本人好みにセッティングされているのだ。
万人受けする文体なのである。
そして作者の単純そうに見えるこの構成は、実は彼の哲学的な思弁を構築するための手段でもあるのだ。
羽を伸ばせる長い作品も結構だが、ポイントを凝縮したショートショートは、ある意味極限なのだ。(手抜きが許されないということ)

平凡で味気ない日常から離れて、楽しい何分間を是非これで過ごしてください。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/12/5
形式: 文庫
SFショートショートでは他の追随を許さない、巨匠星新一の初期の代表作です。シンプルで淡白な文体でつづる短い物語の中には驚くほど深い洞察が含まれています。通勤通学のお供にもお勧めです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「ボッコちゃん」もすばらしいが、
「殺し屋ですのよ」もすばらしい。

読み進めていくと、話の「おち」がなんとなくわかってくるのだが、
面白い。

短編なので、少しの空き時間を、飽き時間にしないで過ごせる。
仕事の合間の気分転換にもなる。

繰り返し読むと、新しい発見がある。
何度も読みたい本である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック