通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ボックス! 単行本 – 2008/6/19

5つ星のうち 4.2 81件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,922
¥ 1,922 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ボックス!
  • +
  • 風の中のマリア
  • +
  • 夢を売る男
総額: ¥5,054
ポイントの合計: 95pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

高校ボクシング部を舞台に、天才的ボクシングセンスの鏑矢、進学コースの秀才・木樽という二人の少年を軸に交錯する友情、闘い、挫折、そして栄光。二人を見守る英語教師・耀子、立ちはだかるライバルたち......。様々な経験を経て二人が掴み取ったものは!?

『永遠の0』で全国の読者を感涙の渦に巻き込んだ百田尚樹が、移ろいやすい少年たちの心の成長を感動的に描き出す傑作青春小説!

ボクシング小説の最高傑作がいま誕生した!

内容(「BOOK」データベースより)

高校ボクシング部を舞台に、天才的ボクシングセンスの鏑矢、進学コースの秀才・木樽という二人の少年を軸に交錯する友情、闘い、挫折、そして栄光。二人を見守る英語教師・耀子、立ちはだかるライバルたち…様々な経験を経て二人が掴み取ったものは!?『永遠の0』で全国の読者を感涙の渦に巻き込んだ百田尚樹が移ろいやすい少年たちの心の成長を感動的に描き出す傑作青春小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 592ページ
  • 出版社: 太田出版; 1版 (2008/6/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778311345
  • ISBN-13: 978-4778311346
  • 発売日: 2008/6/19
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 81件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 311,893位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
王様のブランチ「マッチョイ」で推薦されていたこの本。「ボクシング」「高校生」といった、私にとってあまり魅かれないテーマだな〜、と思い、中々手が付かなかったのだが、年末年始の休みで、手に取り、いくつものレビューにある通り、止まらず読了。

導入がいい。厚めの本は、導入の数ページで挫折したくなるものが多いが、導入の2ページで既に吸い込まれる。放送作家という、飽きっぽい観客を対象にしたTV映像の世界で生きてきた作者ならではなのか。

この本の読者の真の対象はいわゆる「青春まっさなか」世代ではないような気がする。
いくつもの挫折を繰り返し、才や努力の狭間の中で、負けることへの恐怖心が生存本能で染み付き、動けなくなった大人たちへの示唆が溢れているからだ。

中心となる高校生達を、多くの大人たちがそれぞれ過ごしてきた人生と価値観を元に囲み、
それぞれの思いで、彼らに対して行く。
「努力は才を超えるか?」「才とは何か?」「情熱の源泉は?」そうした、様々な問いに対しての様々な答えをストーリーの中で見せていくこの本。

リミットを超える瞬間を求め、情熱を取り戻す喜びを、是非体感して欲しい。
1 コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「高校生スポーツドラマの高校生編。」と思って読み出したら、後半(全体の2/3)ぐらいで、異様に緊迫感が高まる。
前半はキャラクターやボクシングの説明が多く、このまま流れたら「ダイブ」と似たパターンか、と思っていたのですが、主人公の一人の木樽の初勝利前後で、非常に緊迫感がたかまり、以降は一気に読んでしまいました。

欲を言えば、好敵手役の稲村も、いろんな背景を描いてほしいかったです。

買って損はありません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒュー VINE メンバー 投稿日 2008/12/25
形式: 単行本
 とにかく面白い!特にボクシングのテクニックや練習についての描写が事細かく、丁寧に書かれている様子は圧巻である。ここまでキッチリ描き切っている小説を私は知らない。
 
 主人公の優等生が、運動神経抜群の幼馴染に誘われて、そしてラストまで駆け抜けていく様も見事である。
 オープニングの出足も綺麗に仕上がっている。隙のない作品であり、感動した。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
永遠の0とモンスターを読み終え、百田氏3冊目でした。

快活で後味スッキリです。
以前かじったボクシングをまた始めようかとも思いました。

興味あるジャンルなので専門知識の記述もたくさんあり
嬉しい小説ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「ボクシングはよく知らないし…」と思い、読み始めるのに時間がかかりましたが、本を開いたらどんどん先が読みたくなり、あっという間でした。わくわくはらはらし、涙した場面もあり、すごく心が動かされました。面白かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
百田尚樹作品の共通点は、読むとその世界のことをよく理解出来るということ。
分厚くとも読みやすいのでスラスラ読めてしまうこと。読みやすいけれども
決して薄っぺらな内容ではないということ。

今回は高校アマチュアボクシングが舞台。
天才の「鏑矢」と努力型の「木樽」という仲の良い同級生二人を軸に展開する。
ややありがちな設定ながら、丹念に描きこんでいることと、展開に関しては、
完全なありきたりではなく、ちょっとだけ(あくまでもちょっとだけ)読者の
読みをはずすタイミングが絶妙なので、次を続けて読みたいという欲求に駆ら
れる。

ラストも絶妙で、読後感は爽やか。

ただ苦言を呈するならば、主人公を取り巻く人達が“良い人”ばかり過ぎかな。
『あしたのジョー』世代にはもうちょっとドロドロしたものが欲しい(笑)。
高校生が主人公なのだから、ちょっと過剰な要求かな(笑)。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ユウとカブ、ふたりの少年の成長を描いたボクシング巨編。

 元いじめられっ子だったが、ボクシングに出会い少しづつ強くなっていくユウ。
ピカイチの才能を持ちながら、肝腎なところで優勝できないカブ。
ふたりの前に立ちふさがる怪物・稲村。

 ユウもカブもあえて稲村のいる階級ライト級にエントリーし、まっこうから
挑んで行く。

 ユウとカブだけでなく恵美須高校ボクシング部全員の成長が、心を温かくする。
そして、ユウを育てる沢木監督、カブを育てる曽我部トレーナーの熱い思い。

 ユウvsカブ、ユウvs稲村、カブvs稲村、この三戦は圧巻だった。
全585ページの長編ながら、ここまで緊張感をもって一気に描き上げている。

 しかし、ラストで失速した。
戦いを乗り越えたユウとカブが、この後どう生きていくのか。
さらなる感動でカタルシスを味わえるものと期待していただけに、ラストで肩透かし
をくらった。ここまで盛り上げておいて、このラストは無いでしょう(怒)。
どうせなら、最後まで緊張感をもって描き上げて欲しかった。

 とても残念だったが、それでもこの作品の評価を大きく損なうものではない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー